スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「矢」に秘された意外な臭いとは…=兆民「続一年有半」⑤

 中江兆民の「続一年有半」シリーズの5回目です。本日は短めで…。

 

 (五)多数神の説

 

 神に至ては、その唯一たると多数とに論なく、その非哲学的なる尤も甚しといはねばならぬ。

 

 先づ多神から点検しやう。即ち太陽、太陰、その他山川、雲物等を神としてこれを崇拝しこれを祭祀する等の如きは、㋐にも㋑ひせぬ、論破する価値はないのである。もしそれ古昔豪傑、及び国家に功あつた人物、または一宗派の開山たる祖師の如きも、これを祭り、自己①ケイケンの意を致すことは別に不便なことはないが、②トウシして霊験を求むるが如きは尤も謂れないのである。これらの人物も、身死すると同時にその神は滅したもので、これをトウシしてもいささかの応験のあるべきはずがない、いはゆる③インシたるを免れない。三家村里の④オウオウが、これら雲物または古人既滅の泡沫を⑤ハイトウするのはなほ恕すべきも、読書し理義を弁ずる五尺軀の大男子にして真面目にこれらの物を拝するに至ては、実に言語に絶するのである。

 

 ㋐〔いっきゃく〕→意味〔一笑に付すと同義〕・「」は配当外で「大口をあけて大袈裟に笑うこと」

 ㋑〔あた・ひ〕(表外訓み)→意味〔その物や仕事に相当するねだん。「値」に当てた用法

 ①〔 敬 虔 〕→「」は訓読みで〔つつ・しむ〕

 ②〔 禱 祠 〕→意味〔神仏に長々といのりまつること〕・「」は〔いの・る〕、「」は〔ほこら〕〔まつ・る〕とも訓む

 ③〔 淫 祠 〕→意味〔邪悪な神をまつったやしろ

 ④〔 翁 媼 〕→意味〔おじいさんとおばあさん

 ⑤〔 拝 禱 〕→意味〔おがみいのること

 

 而してこれ啻に悖理笑ふべきのみならず、人事の実際に害すること甚きものがある。即ち疾病あるに㋒つて、医師に頼り適当の治を施すことはしないで、㋓トウシ祈誓して自ら得たりとし、竟に癒すべからざるに至る者が㋔往々あるのである。また一日一刻を争ふ商工事業に関して、行旅しやうとする者が、これら⑥シンシの告示に由て、俄に逡巡し延期して、期を逸し了はる者も往々あるのである。甚きに至つてはトウシに⑦シャコウして、男女⑧インギンを相通ずるの㋕をして以て利を博し、㋖阿芙蓉莫爾比涅の毒薬を菓餅の中に入れて一時の効験を示し、若くは止痛の功を誇つて信徒を⑨コワクする者も往々あるのである。これらは哲学者にあつてはこれを言ふさへ㋘づべきである、哲学を題目とした書には、これを筆するさへ厭ふべきである。しかも霊魂不滅の囈語の弊は、正に此にまで至るのである、而して㋙牛矢の不滅馬糞の不滅は、科学的真理なるが故に絶てその弊を見ぬのである。

 

 ㋒〔あた・つて〕→〔漢文訓読の用法で「~にあたりて」と訓み、「ちょうどそのとき」と訳す

 ㋓〔みだり・に〕→音読みは〔とう〕・〔むさぼ・る〕とも訓む・「叨窃」は〔とうせつ〕と読み、〔不当に高い地位を得る〕という意味

㋔〔まま〕(宛字)→意味〔よくあること、ときどきにして

 ㋕〔なかだち〕(表外訓み)

 ㋖〔あへん〕→〔阿片・鴉片〕とも書く

 ㋗〔もるひね〕→熟字訓の「莫大小」は〔めりやす〕、「莫臥児」は〔もーる

 ㋘〔・づ〕→音読みは〔ざん〕・「慙愧に耐えない」(ざんき

 ㋙〔ぎゅうし〕→意味〔牛のふん〕・この場合の「矢」は〔直線状で短いくそ〕=〔屎・糞〕・「馬矢」(ばし)もある

 ⑥〔 神 祠 〕→意味〔神をまつるほこら

 ⑦〔 藉 口 〕→意味〔口実を設け言い訳をすること、かこつけること〕・この場合の「」は〔・りる〕〔かこつ・ける〕とも訓む、「せき」と読む場合は「狼藉」があり、この場合は「・む」と訓む

 ⑧〔 慇 懃 〕→意味〔ねんごろなさま。「慇懃を通ずる」で男女が深仲になること

 ⑨〔 蠱 惑 〕→意味〔女性が色香によって男性をだぶらかすこと〕・「」は〔まどわ・す〕〔まじな・い〕とも訓む

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: むむっ…「ラブ・アフェアー」!?

コメントどうもありがとうございます。

> このところ、ラブ・アフェアー(笑)でこころが浮ついてしまって、ブログを拝見してはいましたが、ほとんど、心ここにあらず状態で。

ふむ。「ラブ・アフェアー(笑)」…ですか。これ、突っ込んでいいんですかねぇ~(笑)?

「(笑)」が付いているのがやや気になるんですが、彼氏(or彼女=笑=)と「ラブラブ」なんすかね?それとも…片思い?いや、さては危険な情事…ヤバイヤバイ…(冗談)

「こころが浮ついて」「心ここにあらず」…あらあら。。。青春ですなぁ~。羨ますぃ~。学業にバイトにラブ・アフェアーまで重なっているのでは、漢字学習どころじゃないですね。こりゃ、大変だわ。。。若者よ大いに悩みたまえ~。

> 自分が恥ずかしくなります。
> 硬派になりたい。仙人のような心境に到達したいです。

いや、恥ずかしがることはないですよ。大切なことじゃないですか。「硬派」になんかなったら詰まらない、詰まらない…。「仙人のような心境」は前にも言いましたが、このblogで共に勉強して到達しましょうよ。いや、日々、一歩でも近づきましょうよ。迂生も、あるかどうかも分からない「仙界」を夢見て日夜、仕事に、そして漢字学習に励んでいるのですからね。「たまご」さんも数々の「煩悩」と闘いながら、忘れろとは言いませんが、幾つかの「煩悩」とは友だちになっるほどに語り合いながら学習に励みましょうよ。

> くだらない精神論を語ってしまいました。

そうですね、以前迂生のmixi日記で陶淵明の「閑情の賦」を学習しましたよね。「あなたのくつになりたい」「あなたの影になりたい」「あなたの…」と次から次と脳内に浮かんだ「ストーカー」を克服したやつですよ。この賦を思い出しましょう。彼も最後には煩悩を打ち破ったんでした。「くだらない精神論」なんてことはありません。悩んで悩んで、悩んだだけ成長するはずです。

> 私が準一級に受かったのは去年の今頃だったかと思います。あれから一年、経ったのに、とても一級に合格できるレベルではないです。

1年で昇格なんて必要はさらさらないです。「たまご」さんも準1級をお持ちなんですから、自信を持っていいと思います。いや、むしろ、まだお若いのに素晴らしいですよ。迂生なぞは「不惑」を過ぎての目覚めですからね。まぁ、目覚めてからの嵌り度合は半端なマニアックさではありませんが…

「たまご」さんも何故に1級を目指すのか、その初心に立ち返って勉強を続けましょう。ご自身の中で何か極めたい渇望があるのではないですか?此の世に生を稟けた「証」として刻んでみたいもの。。。「義務」じゃ「ノルマ」じゃあ詰まらんでしょう。

人間としてのプライド、意地、生きる力。。。屹度、言葉では言い表せない何かが心の奥底にあるはずです。それを表現できれば、こんなに素晴らしいことはないでしょうね。そのために漢字学習があるのだと意識できれば続けられるのではないですか?

それは若いとか、歳をとったとかは関係ないもの。誰でも公平な、平等な、普遍的にある物ではないでしょうか。これこそ抽象的で詰まらない精神論かもしれませんが、「道を極める」とはこういうことなのでしょう。。。ね、「たまご」さん?でも、「ラブ・アフェアー(笑)」も大事だよねぇ~。。。生きるパワーの源だよねぇ~。

師匠としては、漢字の面倒は見れますが「ラブ・アフェアー(笑)」までは…ね(笑)☆お説教になっちゃうよぉ~。。

師匠、こんにちはi-179

カンケンの受験日、21日だったんですね(汗)

受けてないから、全然しらなかったです。このところ、ラブ・アフェアー(笑)でこころが浮ついてしまって、ブログを拝見してはいましたが、ほとんど、心ここにあらず状態で。

自分が恥ずかしくなります。
硬派になりたい。仙人のような心境に到達したいです。

くだらない精神論を語ってしまいました。

今気付いたことなのですが、師匠の漢検受験履歴が載っていてびっくりしました。
たった一年で準一級から、一級に昇格されていたのですね!

私が準一級に受かったのは去年の今頃だったかと思います。あれから一年、経ったのに、とても一級に合格できるレベルではないです。

やっぱり師匠はすごいなぁ~。i-175
profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。