スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶妙なバランスの「ケンコウ」と走って訴える「フソ」=兆民「続一年有半」④

 中江兆民の「続一年有半」シリーズの4回目です。本日はやや長めの一節です。道の先はまだまだ遠いですが、辛抱強く付いて来て下さい。

 

 

 (四)未来の裁判

 

 宗旨家及び宗旨に魅せられたる哲学家、往々言ふ、この世界は㋐に不完不粋のもので、善を為すも必しも賞せられず、悪を為すも必ずしも罰せられず、甚きは悪人①エイヨウ栄華に飽いて、善人はあるいは②カンガ死を免れない、これだけでも吾人の良心は如何にも満足することが出来ぬ、これ必ず未来の世界の存する証拠である、故に未来の世界において、完粋整備なる裁判のあるありて、善の大小、悪の軽重に従ふて、それぞれ賞罰して寸分も③ケンコウを㋑まらず、而してこの世界の不公平を償ふて、以て不平なる良心を満足させるのである、しかるに人もし身死して精魂即ち滅するにおいては、この最後の裁判を受くることが出来ない、万能なる神の所為はかくの如き不完全なるものではない、善人必ず賞を得て、悪人必ず罰を蒙むりて、幸に㋒るることを得ないことになつて居る云々それには精魂の不朽不滅が必要である云々。

 

 ㋐〔まこと・に〕→音読みは〔じゅん・しゅん

 ㋑〔あや・まらず〕(表外訓み)→正確には〔あやま・らず〕・「錯」はほかに〔・じる〕との表外訓みもある。

 ㋒〔のが・るる〕→「」は配当外で「逃げて避ける」・「書経」に「自ら作せるるべからず」がある。

 ①〔 栄 耀 〕→四字熟語「栄耀栄華」は〔富や権勢を背景にして贅沢を極めること。人や家などが大いに栄えること。おごりたかぶること〕の意

 ②〔 寒 餓 〕→意味〔寒さと餓え

 ③〔 権 衡 〕→意味〔はかりのおもりとさお、即ち、つりあい、平均、バランス

 

 ああこの言や非道理非哲理の極、意義ますます糾紛し錯雑し、あたかも古昔の迷室の中に足を容れたる如くに成り了はるほかはない。意義なき語句を聯結して、いささかの意義を発せんと欲する故に、いよいよますます④コウランを致すのである。

 

 ④〔 淆 乱 〕→意味〔まじる、いりみだれる〕・「攪乱」でも正解

 

 

 それこの世界の裁判が不完全であるとは、正に五尺軀に局しての言ひ事である、人類の中に局しての議論である、善人あるいは賞に漏れ悪人多く罰を免るるは、果て誰れの所為ぞ、吾人人類の自業自得ではないか。誰れに⑤フソしても「これ汝自ら作せる㋓なり、汝ら自ら改むるほか他に道なし」と一言に㋔ね付られべきものである。十八里の雰囲気外には不通の訴訟である、否な十八里の雰囲気中でも、特に⑥オウモクジュウビの動物にのみ通用する議論である。盗蹠が栄へて顔回が窮したとて、鮒や鯉には少も関係はない、一時の風雲に乗じて⑦ギョウコウに⑧ケンタツの地を得てる不義の徒が、天下の⑨タイヘイを弄したとて、㋕や牛のためには利害倶に頓着なしである。

 

 ㋓〔わざわい〕(訓)→「」の異体字・音読みなら〔げつ〕・「作」(さくげつ)、「造」(ぞうげつ)という熟語もあり。

 ㋔〔・ね〕→故事成語に「刎頸〔ふんけい〕の交わり」=意味〔極めて親密な交際のたとえ〕=他に類語として「カンポウ〔管鮑〕の交わり」「キンラン〔金蘭〕の契り」「ダンキン〔断金〕の交わり」「コウシツ〔膠漆〕の交わり」「ジジョ〔爾汝〕の交わり」「ショキュウ〔杵臼〕の交わり」「シラン〔芝蘭〕の契り」「スイギョ〔水魚〕の交わり」「ダンキン〔断琴〕の交わり」「バクギャク〔莫逆〕の友」「ボウネン〔忘年〕の交わり」

 ㋕〔ぶた〕→兆民はこう訓ませる例が多いが、ほかに〔いのこ〕とも訓む。音読みは〔

 ⑤〔 赴 愬 〕→意味〔はせつけてうったえる〕・「父祖」「腐鼠」「麩素」ではない。

 ⑥〔 横目縦鼻 〕→意味〔人間のこと。目が横に鼻が縦についている

 ⑦〔 僥 倖 〕→意味〔思わぬさいわい

 ⑧〔 顕 達 〕→意味〔出世すること。身分や地位が高くなること

 ⑨〔 大 柄 〕→意味〔権力

 

 それ無始無終無辺無限の世界に立ちて、芥子粒にも比すべからざる人類間の出来事を把りて、この世の裁判の、神の、霊魂の、善人の、悪人のと喋々して、而して人類中の事は人類中で遺て除け、不正は追々と避け、正義は追々近寄ることを㋖めて、乃ち自己⑩キャクコン下の事は自己の力で料理するやう做し㋗ち去らずして、世界あるべからざる神を⑪エイセンし、事理容るすべからざる霊魂の不滅を想像して、辛うじて自己社会の不始末を片付けんとするのは、むしろ生地なしといわねばならぬ。

 

 ㋖〔つと・め〕→音読みは〔きょく〕・「勖」の異体字

 ㋗〔・ち〕→〔漢文訓読用法で「~をもって」「~をもちいて」と訓む〕

 ⑩〔 脚 跟 〕→意味〔足下。脚下照顧。碧巌録「第1則」に「知らず脚跟下に大光明を放つを」との出典がある言葉〕・「」は〔くびす〕と訓む

 ⑪〔 影 撰 〕→意味〔かげを撰ぶ。イメージすること

 

 見よ社会の現状は此輩の囈語に管せず、人類中の事は人類中で料理して、古昔に比すれば悪人は多くは罰を免れず、善人は世の称賛を得て、乃ち社会の制裁は漸次に力を得つつあるのではないか。法律制度漸次改正せられて、蛮野より文明に赴き、大数において進歩しつつあるのではないか。何ぞ必ずしも未来の裁判を想像し、神を想像し、霊魂の不滅を想像するの必要はないのである。宗教及び宗教に魅せられたる哲学の囈語を打破しなければ、真の人道は進められぬのだ。

 

 此輩輒ち言ふ、未来においての至厳至密の裁判を畏るればこそ、吾人人類の過半数否なほとんど全数が幾分か自ら⑫カイシンして善に突き悪を避くるやう勗むるのである。それこの畏れがありてすら、⑬ケイヘキに触れる者があるのに、ましてこの世はこの世限り、栄耀をすればそれだけの利益、刑罰を逭るればそれだけの幸福、公正にして貧窮に陥いるは愚の極と言ふ事になつたならば、道徳風俗は如何に⑭カイランするか測られないのだ。即ち欧米人が無宗旨の人を忌むこと、盗賊も啻ならざる姿であるのは、此処の道理である云々。

 

 ⑫〔 戒 慎 〕→意味〔気を張りつめて用心すること

 ⑬〔 刑 辟 〕→意味〔罪人を処罰すること〕・「」は〔けいばつ・押し置き

 ⑭〔 壊 乱 〕→意味〔秩序など、整っている事柄をこわして乱す。また、こわれて乱れる

 

 ああこれ何たる⑮ヒロウの言ぞ、およそ善のために善を為し、悪のために悪を避け、一切身外の利害を眼底に措かず、即ちいささかの為めにする所ろなくしてこそ、善称すべくして悪罰すべきである。もし他に為めにする所ろあるときは、善も善にあらず、悪も悪にあらず、善悪混乱し、邪正淆雑して⑯テキジュウする所ろを知らなくなる。かつ宗教の道徳におけるのは、その力実に微弱である、その証拠は欧洲にあつて宗教の尤も盛なのは中古の時であつた。しかるにこの時諸国皆封建制度に循つて、君主と諸侯と常に相⑰アツし、刑罰の如き実に苛酷を極めたもので、爾来科学が漸く盛に赴いて、宗教の信仰漸く減退に向つた十七、八世紀が、かへつて人道において㋘に多くの進歩を為し、中古の時の比でなかつたではないか。更に支那日本を観よ、二国倶に宗教には極めて冷澹な〔る〕かかはらず、人民の温和で、人をして⑱サンビせしむる悪事を敢行する者は、古昔欧洲諸国に比して大に㋙であるではないか。故に未来の裁判の畏れが巨悪㋚に対して㋛銜轡の功を奏し居るといふことは、吾人の信ぜざる所ろである。

 

 ㋘〔はるか・に〕→音読みは〔けい

 ㋙〔まれ〕→音読みは〔かん

 ㋚〔だいたい〕→意味は〔悪者〕・「」は配当外で「おろかもの。おろかな悪人」。「巨悪大」は四字熟語で「悪者の親分」

 ㋛〔がんぴ〕→意味〔馬を操るくつわとたづな、転じて法律のこと〕・「銜」は〔くつわ・はみ〕〔ふく・む〕、「轡」は〔くつわ・たづな〕と訓む。

 ⑮〔 卑 陋 〕→意味〔いやしいこと

 ⑯〔 適 従 〕→意味〔ゆきしたがう。行動の指針としてしたがうこと

 ⑰〔    〕→意味〔きしむこと。仲が悪くなること

 ⑱〔 酸 鼻 〕→意味〔鼻に沁みて涙が出るほどはなはだしく痛み、悲しむこと

 

 かつこの世界で善を勧め悪を懲らすために、未来の裁判を想像し、神を想像し、霊魂を想像するのは、これ方便的である、決して哲学的ではない。哲学的はたとひ一世に不利であつても、いやしくも真理ならばこれを発揮することこそ本旨といふべきである。

 

 今や英、仏、独、即ち科学の最も盛なる欧州の第一流国にあつて、その中心学術を信ずるので、⑲ツジツマの合はない宗旨の事条に関しては、㋜に冷澹を極めつつある輩が随分㋝くない。乃ち旧教㋞檀越の尤も多い仏国の如きでも、精進日たる水曜日において、公々然⑳ギュウシを食して憚からざる者極めて㋟いのである、しかも一般道徳は、中古に比してすこぶる進めりといふべきである。宗教の方便的信条が道徳の実際に力のないことは、他にも証拠を挙げやうと思へば沢山ある。

 

 ㋜〔ひそか・に〕

 ㋝〔すくな・く〕

 ㋞〔だんおつ〕→意味〔寺院や僧に金品を贈与する信者〕・類義語は〔檀那・檀家

 ㋟〔おお・い〕

 ⑲〔 辻 褄 〕

 ⑳〔 牛 仔 〕→意味〔こうし〕・漢字一事では〔〕とも書く

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。