スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカドン!…日本最後の漢詩人とも呼ばれる土屋竹雨のど迫力の漢詩はいかが?=「原爆行」

日本漢詩シリーズの最後は土屋竹雨(1887~1958)の「原爆行」。竹雨という漢詩人については、明治書院・新書漢文大系シリーズ⑦「日本漢詩」(P235)によると、「山形県鶴岡の人。数多くの詩社に関係し、昭和の前半を代表する漢詩人であった」とありますここ。ネットで検索すると「日本の漢詩は竹雨で終わった」のコメントも見えます。庄内藩士の家に生れ、戦後現在の大東文化大の学長も務めました。

前置きはともかく詩を味わってみてください。日本最後の漢詩人はさすがにど迫力ですよ。

怪光一綫下■■
■■地震天日昏
一刹那間陵谷変
城市台榭帰■■
此日死者三十万
生者被創悲且■
死生■■不可識
妻求其夫児覓親
阿鼻叫喚動天地
■■血流屍横陳
殉難殞命非戦士
被害総是■■民
広陵惨禍未曾有
■■更襲崎陽津
A)二都荒涼雞犬尽
壊牆墜瓦不見人
如是残虐天所怒
■■更過狼虎秦
君不聞■■鬼哭夜達旦
■■雨暗飛青燐

怪光一綫1)ソウビンより下る、
2)コツゼン地震うて天日昏し。
一刹那の間陵谷変じ、
城市台榭3)カイジンに帰す。
此の日死する者三十万、
生ける者は創を被り悲しみ且つ4)ウメく。
死生5)ボウボウとして識るべからず、
妻は其の夫を求め児は親を覓む。
阿鼻叫喚天地を動かす、
6)ハクトウ血流れて屍横陳す。
難に殉じ命を殞とすは戦士に非ず、
害を被るは総て是れ7)ムコの民。
広陵の惨禍未だ曾て有らず、
8)コグン更に襲う崎陽の津。
A)二都荒涼雞犬尽き、
壊牆墜瓦人を見ず。
是の如き残虐は天の怒る所、
9)キョウボウ更に過ぐ狼虎の秦。
君聞かずや10)シュウシュウとして鬼哭し夜旦に達し、
11)ザンカク雨暗くして青燐を飛ばすを。





明治書院(P240)によりますと、「漢詩というスタイルがこのような表現力を持っていることに、まず驚きを禁じ得ない。私たちが目にする漢詩の多くは、一言で言えばあらゆる意味において名場面を描いている。春の花、秋の夕暮れ、山中での悠々たる生活。この詩はそうした漢詩の持つイメージを一変させる。すべて一四三字、たったこれだけの文字で原爆の惨状をかくまで写す詩を他に知らない」と解説されています。続けて、「事は誰もが知っている同時代の出来事であるだけに、読者の胸に圧倒的な力をもって迫ってくる。叙事詩とは本来そういったものなのであろう」とあります。

逐一の細かな解釈は省きますが、冒頭の「怪光一綫」はまさに原爆の異称である「ピカドン」と符合する。週刊少年ジャンプで連載された漫画「はだしのゲン」の世界ですね。「一閃」ではなく「一綫」。「綫」は「線」の異体字。ひとすじの怪しい光。「陵谷変じ」は、詩経・小雅にある「高岸為谷、深谷為陵」が出典で「物事の激しい変化・盛衰をたとえる言葉」。滄桑之変ともいう。「陵」は「みささぎ・おか」の意。「台榭」(タイシャ)は「土を盛り上げた見晴らし台と、屋根のある見晴らし台、高殿」。「横陳」は「横たわり並ぶこと」。死体の数が多いさまを言う。「雞犬」は「にわとりといぬ」ですが、陶淵明の桃花源記のタームで「街が平和である象徴」。「壊牆墜瓦」(カイショウツイガ)は「垣根が壊れ、屋根瓦が崩れたさま」をいう。「狼虎の秦」は、米軍の残虐な行為を中国の秦の暴謔に喩えた言葉。狼や虎のように残虐無比である。最後の「青燐を飛ばすを」は明治書院の読み下しでは「青燐飛ぶを」となっていますが、「飛ぶ」は自動詞でなく他動詞で読むべきでしょう。「君不聞」は唐詩で頻出の表現。楽府体の詩の常用語です。読者に向かって「君」と呼びかけて、同意を強く求める効果があり、読者を臨場感たっぷりに詩の世界に引き込んでいくのです。

明治書院には書かれていませんが、この詩は明らかに杜甫の「兵車行」を本歌取りとして詠まれています。杜甫が四十歳の時、出征兵士との問答形式で玄宗皇帝の領土拡大政策を批判しました。兵車行の表現が随所に鏤められています。今回は省きますが、機会があればこの詩もご紹介したいですね。ただ一点だけ。兵車行は唐代の事なんですが、漢代の武皇と称し、漢代の批判をしているところがミソ。竹雨の「原爆行」も「胡軍」や「狼虎の秦」などの言葉を用いており、どこにも米軍の「べ」の字もありません。いかにも中国風にアレンジしているのです。日本の地名も支那風味で採り入れています。恐らく戦後間もなき頃に詠まれた詩であり、GHQの検閲も厳しかったことから、直接的な表現を控えたものと思われます。むろん、元々が漢詩であって支那風味になっているので原爆投下という怖ろしい風景が三国志か何か遠くの国の出来事のようにしている点がさらに恐ろしさを増している。竹雨は決して米軍批判をしたいがためだけで詠んだのではないでしょう。そうした事態を招いた日本政府の無為無策。歴史の隘路。常に政治の犠牲者は罪のない国民であり、国が変わらなければならないことを訴えたかった。「殉難殞命非戦士 被害総是無辜民」。

明治書院の最後には「漢詩というスタイルが今なお重要な表現手段であることを再認識させる詩として長く記憶されねばならない作品である」と結んでいます。この言辞は噛み締めたいと思います。このblogが存在する限り、折に触れて漢詩を紹介していくつもりです。


■下線部A)の具体的都市名を詩中より抜き出して書け。
A)→「広陵」と「崎陽」。すなわち、広島と長崎ですね。崎陽軒は「シウマイ」。

1) ソウビン=蒼旻。あおぞら。「旻」は「秋のそら」。原爆投下の8月は旧暦で秋。

2) コツゼン=忽然。にわかに、突然。忽焉とも。

3) カイジン=灰燼。灰ともえさし。転じて、物が焼けてすっかり滅びてしまうこと。「灰塵」だと「灰とちり、滅びてしまうもののたとえ」。微妙ですがここは「灰燼」。

4) ウメく=呻く。声を長く伸ばしてうなる。音読みは「シン」。呻吟(シンギン=声を長く伸ばしてうめく、苦しみうなる)、呻呼(シンコ=苦しんでうなる、うめく)。

5) ボウボウ=茫茫。広々として果てしないさま。ここの「茫」は「はてしもなく、うつろに広がったさま」。滄茫(ソウボウ)、蒼茫(ソウボウ)などもこの用例。

6)ハクトウ=陌頭。あぜ道のそば、道端。「陌」は「田畑の中を東西に走る小道、東西に通じる畦道、なわて」。これに対して南北に通じる道は「阡」(セン)という。陌上(ハクジョウ)ともいう。陌阡(ハクセン=田畑の中の畦道、阡陌=センパク=)。

7)ムコ=無辜。罪のないこと。「つみなし」とも訓む。

8) コグン=胡軍。外敵。外国の軍隊。ここはもちろん米軍を指す。中国で「胡」と言えば、北方や西方の遊牧民族をいいます。まさに外敵のこと。「孤軍」との引っ掛け問題ですが、辞書に「胡軍」は見えません。ネット検索しても、「フー・ジュン」と中国のイケメン俳優しか引っ掛かりませんね。

9) キョウボウ=驕暴。おごり高ぶっていて粗暴なこと。「驕る」は「おごる」。凶暴や狂暴、強暴とは微妙ですが異なる。やや難問ですね。

10) シュウシュウ=啾啾。鳥・虫・獣や女・子供・亡霊などが細い声でなく声の形容。啾喧(シュウケン=子供の声が騒がしいさま)、啾喞(シュウシツ=小さな声を出す、「シュウショク」とも)。鬼哭啾啾(キコクシュウシュウ=戦場などの鬼気迫ったものすごいさま、杜甫の「兵車行」が出典)。

11) ザンカク=残郭。焼け残った町。「郭」は「くるわ」。外側をへいや城壁でとりまいた町。これも辞書に掲載なく難問。



怪光一綫下蒼旻
忽然地震天日昏
一刹那間陵谷変
城市台榭帰灰燼
此日死者三十万
生者被創悲且呻
死生茫茫不可識
妻求其夫児覓親
阿鼻叫喚動天地
陌頭血流屍横陳
殉難殞命非戦士
被害総是無辜民
広陵惨禍未曾有
胡軍更襲崎陽津
二都荒涼雞犬尽
壊牆墜瓦不見人
如是残虐天所怒
驕暴更過狼虎秦
君不聞啾啾鬼哭夜達旦
残郭雨暗飛青燐
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。