スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたも自分だけのとっておきの七景を選んでみませんか?=「鶉衣」(20)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの20回目は、「七景記」(続編下一五〇、下巻146~155頁)を取り上げます。

中国の「瀟湘八景」を源とする風景羅列の妙味は我が国でも盛んにおこなわれました。琵琶湖の近江八景や鎌倉の金沢八景が名高い。読者諸氏の御当地にもあるのではないでしょうか。也有も自ら住む「知雨亭」(またの名を「半掃庵」という)から見える七つの景色に名付けてここに列記しました。

知雨亭とは、1)に其訳たゝはへるが如く、務観が詩によせて静かなる心をいへり。今又半掃庵とは、我物ぐさの明くれ、掃く日よりははかぬ日多く、床は塵、庭は落葉に任せがちなる庵のだゞくさをいふ也けり。名は二ツにして物二ツならず。さればこれに七景を撰ぶ。

東嶺孤月 路傍古松 蓬丘烟樹

海天帰雁 龍興寺鐘 市門暁鶏

隣舎舂歌

「東嶺孤月」とは、嶺は三河の猿投山なり。遠き山々の夫より北につらなりて、此山のあはひより、十月ばかりのよく晴れたるには、2)シホウのいたゞきもみゆる事あり。夫かあらぬかと、昔は人の疑ひしが、宝永の比、かの山の焼ける時、夫とは定まりしかと、古き人のいへりけり。さればさなげ山とは、名のをかしくて歌などにも読むべきを、文字を猿投と書けるは少しくちをし。たゞ万葉にぞかゝまほしけれ。されど月には猿の名もよそならず。ほとゝぎすも3)ショッコンと書き、朝がほも4)ケンギュウとかけばむくつけきたぐひにや。A)清氏の女も画にかきておとるものといひしが、字に書きて劣るさたはなし。月は夜の長短によりて、此山の南北より出でて、清光ことにさはる物なし。此府下に月の名所をえらまば、此地をこそいふべかりけれ。

「路傍古松」とは、世に七本松とよべり。あるは5)アイオイめきてたてるもあり、又程へだゝりてみゆるもあり。染めぬ時雨のゆふべ、積る雪の朝、ながめことに勝れたり。草薙の御剣のむかし語を追ひて、もしは此七ツを以て辛崎の一ツにかへむといふ人ありとも、我は更におもひかへじ。

「蓬丘烟樹」は、則ち熱田の御社なり。高蔵の杜は猶ちかくて、春の霞、秋の嵐、此亭の南の観、たゞ此景にとゞまる。しばらく杖を曳けば、あけの6)華表も木の間にみゆめり。鳴海は熱田につらなりて、松風の里・夜寒の里・呼継浜・星崎など、我国の歌枕は、皆此あたりにあつめたり。すべて是熱田の浦辺なれば、海づらもやゝみゆべきほどなれども、家居にさわり森にへだちて、一望のうちにいらず。されば、「海天新雁」も、此あたりをいへるなりけり。

「龍興寺鐘」は、庵の東よき程に隔たる木立一村の禅林なり。ある日客ありて物語しける折しも、此鐘のつくづくと雲よりつたふを聞きて曰く、「けふ此声の殊に身にしめる何ぞ然るや」と。我是に答へて曰く、「客もかの7)廿年の昔をしるならん、此あたりはしばし歌舞の遊里となりて、あけ暮8)シチクのえむをあらそひ、月雪花もたゞ少年酔客の遊にうばゝれしが、其世は此鐘の暁ごとに別を告げて、幾B)衣々の腸をたちけむ。世かはり事あらたまりて、今は其形だになく、蛾眉9)センビンも今いづくんかあるや。されば、つく人に心なくとも、聞く人の耳にのこりて、10)イキョウを悲風に託せるならん」と。客も実にと聞きて、かついたみ、かつ笑ひにき。さてや、「市門の暁鶏」は、此西の方、あやしの小借屋といふ物、軒をならべ、おのがさまざまの世渡り佗しげなれど、かゝればおのづから遠里小野のかはりかりの声も、事かゝぬ程に音づれ、はかばか敷商人は来らね共、海老・鰯・小貝やうの物、名のりて過ぐる事も明くれなり。さればたまたまとふ人ありて、みさかなに何よけんなど、一盃をすゝむるには、こゆるぎのいそぎありかねども、居ながら求め得る日も有るべし。家ゐは是より市門へつらなれば、暁の鳥も枕につたへて、老のね覚のちからとはなれる也。

「隣舎の舂歌」は、もとより農家の間なればいふにも及ばず。かのからうすのこほこほとなりし夕がほの隣どのは、なほゆたかなる家ゐにてもやありけん。こゝらは唯手杵の業わびしく、麦の秋・稲の秋、あはれは11)キヌタの丁東にもゆづらず。是をならべて七景とはなせりけり。さるはいとをこがましく、12)リョウトウの豕にも似たれど、賞心は必ずしも山水の13)キゼツにもよらじ。名にしあふみの人のみるとも、おのが八所の14)コウミにあかば、かゝる淡薄のけしきも又まづらしきにめでゝ、一たびの目をとゞめざらめや。



前回ご紹介した「法楽俳諧序」でも「此地に名におふ富士の高根を、こと山の間よりわづかに望めば、かねて富士見原ともいへりけり」とあったように、尾張・前津からは富士山が見えるのです。これは驚きです。富士山の裏と言ったら失礼かもしれませんが、猿投山など山々の間から名古屋方面からも見えるのは意外でした。当地の方々は御存じなのでしょうけどね。歌枕に採用されてもおかしくないほどの名所で詠んだ歌が残っていてもおかしくないのに、猿投山と漢字で書くと「猿」なので「少しくちをし」と也有。「万葉」とかなで書いた方が味が出るという。月夜の風景が一番であるのは間違いない「さなげやま」。

「草薙の御剣」とは、古事記にある日本武尊の伝説。東征を終えて、伊勢の尾津前の一つ松のほとりに帰り着いたとき、草薙の御剣がなおそのままにあったので、「尾張に 直に向へる 尾津の崎なる 一つ松 吾兄(あせ=囃子詞)を 一つ松 人にありせば 大刀佩けましを 衣着せましを 一つ松 吾兄を」との歌を詠まれたという。「辛崎」は「唐崎」。「唐崎の夜雨」は近江八景の一つで有名です。七本の松を唐崎の一つ松に倣って一本に替える人にわたしは大反対するよという也有でした。

「蓬丘烟樹」は熱田神宮の森のこと。熱田神宮は蓬莱とも蓬が島ともいうことが岩波に書かれています。松風の里・夜寒の里・呼継浜・星崎など、尾張国の歌枕の多くがこの辺りの海岸に連なっていることを也有が認めています。

也有の住んだ前津のあたりに一時、遊廓ができていたことを記しています。それが「龍興寺鐘」。その昔の華やかな音が鐘となって聞こえてくることがあるというのですが、それは余りにも短い華であり、何とも物悲しい響きがある。遊廓が禅寺にかわり、まさに物換星移、栄枯盛衰ですなぁ。

「市門の暁鶏」と「隣舎の舂歌」はそれぞれ商人と農家の風景。「舂歌」はやや難しい。「臼搗歌」。臼で米や麦をつきながらうたう。也有の住んだ前津には当時のあらゆる階級の人々が生活していたことを表しているのでしょう。近江八景のようにただ単に綺麗な景色を集めたのではない。人々の息づかいもみている也有。最後のくだりはあくまで独り善がりではあるけれど、近江八景にはかなわないまでも、濃厚な味に飽きた人は私の選んだ七景もたまには味わいに来てほしいですね。味は薄いがさっぱりするよ。



■下線部A)は誰のことか?



■下線部Bの意味は。また、別の熟字訓で書け。

A)→清少納言。ここでいう「画にかきておとるもの」は、枕草子一一二段に「絵にかきおとりするもの。なでしこ。菖蒲。桜。物語にめでたしといひたる男女のかたち」とあることを指している。

B)→衣を重ねて共寝した男女が、翌朝、めいめいの着物を着て分かれること。暁の別れ。後朝(きぬぎぬ)。




1) 嚮に=さきに。以前。音読みは「キョウ」。嚮道(キョウドウ=道案内をする、その人)、嚮明(キョウメイ=夜が明るくなってくるころ、夜明け)。

2) シホウ=士峰。富士山のことですが、やや難問。前後の文脈からのヒントは「宝永の比、かの山の焼ける時」。宝永四年(1707)に富士山が大噴火を起こしたことを指す。

3) ショッコン=蜀魂。「ほととぎす」の漢名。蜀の望帝の魂がこの鳥に化したという伝説がある。

4) ケンギュウ=牽牛。「あさがお」の漢名。正確には「牽牛花」。

5) アイオイ=相生。一つの根から二本の幹が相接して生え出ること。二つのものがともどもに生れ育つこと。

6) 華表=とりい。神社の鳥居。「花表」とも書く。

7) 廿年=はたとせ。二十年。「廿」は「にじゅう、はた」。

8) シチク=糸竹。筝・琵琶などの弦楽器と笙・笛などの管楽器。楽器全般。「いとたけ」ともいう。

9) センビン=蟬鬢。セミの羽のように透き通る、薄く梳いた女性の髪。転じて、美人の美しい髪をいう。その前の「蛾眉」とセットで美人の形容の代名詞です。

10) イキョウ=遺響。あとに残るひびき、余韻。転じて、後世に残る習俗や教化。

11) キヌタ=砧。布地を打ちやわらげ、つやを出すために用いる木槌を打つ石の台。その木槌で打つことや、打つ音にもいう。音読みは「チン」。砧杵(チンショ=きぬたの台とそれを打つきね、とんとんとたたく、きぬたの音)、砧声(チンセイ=きぬたをうつ音)、砧斧(チンプ=切るとき下におく台と、おの)。

12) リョウトウ=遼東。中国遼寧省南東部一帯の地。「遼東の豕」が成句で「世間ではありふれていることを知らずに自分一人が得意になることのたとえ。独り善がり」。

13) キゼツ=奇絶。きわめて奇妙なこと、非常に珍しいこと。

14)コウミ=厚味。濃厚な風味。美味しい食物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。