スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の「隠居」を獲得するには必要以上に追わず逃げぬ姿勢が求められる=「鶉衣」(8)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの8回目は、「隠居弁」(後編上五十、上巻242~247頁)を取り上げます。也有は五十三歳で仕事を辞めて悠悠自適の隠居生活に入りました。人と交わるのが煩わしかったのではないようで、也有はその後も様々な文人墨客と交際し、書画の画讃や俳文の序文を頼まれたりしています。お殿様に仕えるのもいいが、あくまでも自分のペースで生きたかったのではないでしょうか。

1)キザンの月は高うして望むべからず、五湖の水も深うして窺ひがたし。垣は2)シハクに隣れどもA)タイインの市にもへだゝり、庵は黄稲の陰にまじはれどもB)ショウインの陵藪よりも浅し。されば昔の隠者を思ふに、徳ある人の世にしたふをむつかしがり、仇ある人の敵を恐れて、さてこそ名をもかへ、かたちをも忍びけめ。徳もなく仇もなき人の、たとへ四条五条に金の看板を出したりとも、問ふべきよしの人こそとはめ、さもなき人は見むきもせざらむ。おさな遊びのかくれんぼも、尋ぬる鬼のあればこそあれ。さるをうき世にかくれ顔なるぞ、中々はづかしき心地ぞずる。

いでや世に隠居の二字全からむと、みそかにちかき有明の月さしこめて、門は3)に閉ぢさせ、かりにも人にあはじあはじとひそまりたらむ、さは見事なる隠居ぶりかな、是を4)見ならへと、出すりこ木なる隠居をはぢしめて、人もよしとはほむるならむ。それは後世にもかたぶきたる人の、あが仏をこらへ力にして、たまたまたへてもとげぬべし。さもなくて命つれなき人は、朝ね昼寝のしづかづくしにも飽けば、次第にさびしくくらし佗びて、かれはかくいふゆかりあり、これは久しき友なればと、おとづれかはすほどに、野中の清水にことよせて、そろそろ昔をとりかへし、始には似ぬ人もあるべし。花山の上皇も、かゝるうき名には立たせ給ひたりとか。さるは北山の神霊にもいかられ、俗の諺には「よりがもどけた」ともいふなりけり。されば物の始にぞゆく末はよく思ひはかるべき事にこそ。

そもや我身の上をいはゞ、かしこき陰を頼み奉り、5)カンロに立ちしも久しけれど、もとより毒にも薬にもならねば、人にあかれし身とも覚えず。6)ウロの恵み深くして、すなをなる国にも鬼もなければ、世に人に我もあかず。只病になやまされ、今は弓も引きがたく、馬にも乗りがたく、さてもものゝふの名にかずまへられんは、南郭が7)を吹きけん此身のうへのはづかしければ、老と病を8)イッカにして、うき世の関はのがれ出でたるなり。しかれば誰をおそれ何を恥ぢて、さのみは逃げもかくれもすべき。さりとて又9)キケンの門松をくゞり、桃に菖蒲に袖ふりはへて、ここの嫁入かしこの法事にもつらならんは、いと見ぐるしう、官事をさへ辞したればいかでかは。こゝにうき世の店をしまへば、まことはたゞ10)トンセイ者とこそいふべけれ。さるを押付けて隠居々々とは、いたみ入りたる名目ながら、是非なき世の通称となりて、行灯・挑灯の取ちがへも、多勢に無勢叶はねば、益なき事はあらためぬをよしとこそ。

過ぎし比、いづくの程にか、市中の門柱に隠居某と書ける家札をみて、これはとしばらく目さむる心地はしけるが、今や身の上になりぬれば、隠居したる悦びとて、したしき限はいふに及ばず、うとき人々にまでとはれて、門前しばらく11)イチめけば、きのふのうき世よりやかましく、それ又謝せずば有るべからずとて、家を尋ね門たゝかせて、物まうに人を驚かし、隠居の礼にいそがはしきは、おかしかりける世のさまかな。やいとげに食傷して煩ふ人のたぐひなるべし。

 四角なる浮世の蚊屋はしまひけり


也有自身病気がちでもあり隠居したのですが、周囲が放っておかず「隠居」「隠居」と押し付けがましく言われるのは困ったことだと嘆いている場面があります。最後のくだりは隠居とは何かを問うています。市中にあって「隠居」などと公言しない方がいい。かえってそんなに親しくない人さえ訪ねてくる始末。隠居する前よりにぎやかしい生活となってしまっては何のための隠居か分からなくなるから。

最後の一句は、四角四面の煩雑な礼儀作法にも気を使わずに済むように「浮世の蚊屋」をしまった自分。俗世間から離れた隠居の身を楽しもうとしている意気込みが強く感じられます。

心静かに自分を貫き通すことこそ真の隠居ではないでしょうか。山籠もりするという形式はさておき、自分もが求めるものを只管追うこと。誰彼に左右されず。周囲の環境はさまざまに変化するだろうが揺るがすことのない信念を持って自分を押し通す。人に合わせることがこんなにも疲れるのか。と病んだ挙句の境地かもしれません。人がいて自分がいるのか。はたまた人がいようがいまいが自分はいるのか。人との関わりを否定するものではありませんが、もっと自分に自信を持って生きたいもの。自分の価値観を大切にしたいもの。也有の憧れの境地は現代人にとっても普遍性の強い世界だと思います。

徒に長寿を貪るくらいならさっさと見切りをつけたいが、自ら棺桶の蓋を閉めることはできないのですから、理想的な隠居だけは実現したいものですね。難しいけどね。




■下線部A)、B)に当てはまる漢字を記すとともに、その対比によって也有が言いたいことを記せ。



問題の正解などは続きにて。。。



■「タイイン」「ショウイン」→「大隠」「小隠」。大隠は真の隠遁者、小隠は似而非隠遁者。「大隠朝市」という言葉があるように、本当の世捨て人は山の中には居ない、一見一般人と変わりない生活をしている者だという意味。岩波によると、王康琚(オウコウキョ)の「反招隠の詩」の冒頭「小隠は陵藪に隠れ、大隠は朝市に隠る。伯夷は首陽に竄れ、老聃(ロウタン)は柱史に伏す」によるとあります。世俗に交じっていれば必ずしも山にこもる必要はないという隠者の心得を説いています。俗世から逃げたいと齷齪山に籠もる必要はないということ。慌てて山に籠もるのは真の隠者とは言えない、単なる負け犬ではないか。也有は世間からいかにして遠ざかるかを模索しているのです。心理的にか物理的にか。。。?

1) キザン=箕山。中国河南省にある山の名。伝説上の賢人、許由が尭帝からの禅譲の申し出を断り籠もり住んだという。「箕山の志」は成句で「そのような高潔な隠遁の志のこと」。「キザン」と言えばこれしかない。箕山之節ともいう。祁山ではない。

2) シハク=紫陌。都の大通りのこと。「陌」は「みち」。

3) 葎=むぐら。八重葎・金葎など、荒れ地や野原に繁る雑草の総称。

4) 社=こそ。これは難問。係助詞の「こそ」。

5) カンロ=官路。役人の社会。官途(カント)・官界(カンカイ)ともいう。

6) ウロ=雨露。大きな恵みのこと。雨と露が万物をはぐくむことから。

7) ウ=竽。笛の一種。笙の大型のもので、もともとは三十六管あったがのち、十九管になった。「竿」(さお)や「芋」(いも)とは別字なので要注意。ここは韓非子にある「南郭濫竽」(ナンカクランウ)の故事のこと。無能な者が才能があるように見せかけて、よい地位を占めること。濫竿充数(ランウジュウスウ)・南郭濫吹(ナンカクランスイ)ともいう。三百人もの全体で竽を吹かせると下手糞かどうか判別できないが、一人一人にして吹かせると如実に腕前の巧拙が分かる。実力も無いくせに分不相応な位に居るといずれお里が知れるのです。それは人々がピンチになった時。逆に言えば、不遇を喞っていても本領発揮するチャンスの到来です。

8) イッカ=一荷。天秤棒の両端に付けて一人の肩に担える分量。一本の釣り糸に二つの針を付けて魚を二匹釣り上げること。一度に同時に。

9) キケン=貴顕。身分が高くて名が知られている人。貴顕紳士。

10) トンセイ=遁世。隠居して俗事から離れること。俗世との関係を絶ち静かに暮らすこと。「遁れる」は「のがれる」「かくれる」。遁竄(トンザン=人目のつかない所に、にげてかくれる、遁蔵=トンゾウ=)、遁思(トンシ=この世をのがれたいという望み)、遁辞(トンジ=責任などを免れるためにいうことば、言い逃れ、逃げ口上)、遁迹(トンセキ=俗世間を離れて隠栖すること)、遁走(トンソウ=こっそりにげ走る、負けたり追いかけられたりしてにげること、遁北=トンホク=・遁亡=トンボウ=)、遁逃(トントウ=こっそりかくれてのがれる、逃遁=トウトン=)。

11) イチ=市。「市めく」で「市場のように人で賑わう」の意。「門前市を成す」と同義。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。