スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らぬが仏で済まされぬ国家存亡の秋=「飛騨の山と越の海」(20)


連日の計画停電。大停電の危険も声高に。幸い迂生の住むエリアでは一度も停電という事態は現時点では起きていないのですが、いつかあるある。。。狼少年でしょう。スーパーコンビニにも商品が並ばず、通勤電車も間引かれる中、精神的な疲労も蓄積してきました。しかし、実際に津波や地震の被災地で避難生活を強いられている方々に比べれば遥かにましな状況です。頻度は落ちても平常心でblog更新です。遅塚麗水の紀行文集「日本道中記」(近代デジタルライブラリー所収)シリーズから、「飛騨の山と越の海」の20回目は、「八 龍が峰の秋色」のその5です。


 藤瀬に至る頃正に黄昏、川上川の滸、弥望芒花、行いて三日町に入る、此より高山に至る僅に二里なれども、此の日行くこと十有四里、甚だ疲憊したければ唯あるいぶせき旅館に宿りぬ、楼上の大室は高山より来れる巡査の占領する処となり、余は襖子もなき一1)ロウシツに孤灯を伴ひ、2)りに3)リョウジョウの驕鼠の4)ふところとなれり、壁を隔てゝ巡査の語るところを聴くに、此の村頃日赤痢患者を出すこと十余人、次第に5)マンエンの兆あり、此の日6)ケイライしたる畑佐以北の各村、随処に此の疫あらざるなしと、覚えず寒心す。

 凡そ八幡より此に至る二十里は皆嶙峋磽确(リンジュンコウカク)の地、荒村寒駅棲むところの人樵と漁と農とを兼ね、石田両三畝、7)カンショ、8)バレイショ、稗、蕎麦を9)えて、採つて日常の食となす、圊上(セイジョウ)に小木片を置いて、以て矢をA)楷浄するの用に供するなど、最も人をして驚かしむ。

★嶙峋磽确は山が険しく岩がごつごつしたさま。既出です。読めるでしょう。意味も何となく取れるでしょう。この慣れが大事なのです。

★圊上は「便所の上」。「圊」は「かわや」。圊溷(セイコン)・圊廁(厠)(セイシ)ともいう。残念ながら配当外漢字ですが、そんなことにこだわらず覚えてしまいましょう。「圊」「厠」「溷」の「かわや三兄弟」でいいっしょ。墜茵落溷(ツイインラクコン)は必須四字熟語。


A)は一部漢字の誤りがある。正せ。

正解は続きにて。。。


赤痢が蔓延しつつあるエリアを知らずに歩いてきた麗水。それを聞いてあとからぞっとしています。そう、すべてのことは他人事ではないのです。知らぬが仏では済まされない。被災しようがすまいが、すべての日本国民が他人事と思わず、前を向いて生きられるかどうかが問われています。国家存亡の秋にあるいま、国民には何ができるのか?


楷→揩。「揩」は「ぬぐう」。「楷」は「きちんと整ったやり方、手本」。漢字の書体名である「楷書」で用いる。木偏と手偏の微妙な違いですが「揩」があまり馴染み無いかもしれません。れっきとした1級配当漢字です。「こする」の訓みもあります。
「揩浄」(カイジョウ)は「ぬぐいきよめる、きれいにふき取る」の意。


1) ロウシツ=陋室。狭くてむさくるしい部屋。陋廬(ロウロ)とも。

2) 連りに=しきりに。しげく、引き続いて、しばしば。「しきりに」はほかに、「頻りに、累りに、荐りに、仍に、薦りに」。

3) リョウジョウ=梁上。はりのうえ。「梁」は「はり」「うつばり」。二本の支柱で屋根を支える材。梁上の君子と言えば「盗賊、どろぼう」。ここは「鼠」を指す。

4) 嗤ふ=わらふ。あざわらう。ここはネズミがちゅうちゅうと啼く声が人を小馬鹿にしているように聞こえるということ。音読みは「シ」。嗤誚(シショウ=あざけりなじる)、嗤詆(シテイ=わらいそしる)、嗤鄙(シヒ=あざわらって卑しむ)。嗤笑とも。

5) マンエン=蔓延。のびひろがる、はびこる。蔓衍とも。「蔓」は「つる」。蔓生(マンセイ=つるがのびて生長する)、蔓説(マンセツ=主題からはずれた無駄話)、蔓草(マンソウ=つるのある草、つるくさ、はびこっている草)、蔓草寒煙(マンソウカンエン=はびこった草とさびしげなけむり、古跡などの荒れ果てたさま)、蔓草猶不可除(マンソウもなおのぞくべからず=草もはびこればとり除くことができない、物事は小さいうちに処理しなければならないことのたとえ)、蔓纏(マンテン=つる草などがからみつく、まといつく)。

6) ケイライ=経来。とおりすぎる、まっすぐ通り抜ける。経渉(ケイショウ=通り過ぎる、通過する)。

7) カンショ=甘藷。サツマイモ。甘薯とも。甘蔗なら「サトウキビ」。

8) バレイショ=馬鈴薯。ジャガイモの別称。甘藷、稗、蕎麦を含めていずれも「救荒作物」です。よしや稲が育たなくとも、稲が育たないような痩せた土地でも逞しく生き、人間にエネルギーを与えてくれるのです。

9) 種えて=うえて。「種える」は「うえる」。たねや植物を上から下にと押し下げてうえる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。