スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「華」や「英」は「こな」ではなく「みだれ咲く」のです。=「飛騨の山と越の海」(17)

遅塚麗水の紀行文集「日本道中記」(近代デジタルライブラリー所収)シリーズから、「飛騨の山と越の海」の17回目は、「八 龍が峰の秋色」のその2です。人恋しくなる飛騨山中での樵人との出会い。短い顎鬚に鯔背な恰好。ついつい見とれてしまうちょっと危ない麗水でした。。。しばらくは人ではなく風景描写が続きます。このあたりの文章の流れはまさに麗水の独擅場ですね。「どくだんじょう」じゃないよ。。。


 龍が峰は飛濃の分水嶺なり、東に流るゝもの馬瀬川となり飛騨川となりて終に木曾川に入り、西に流るゝもの吉田川となり諸渓流を併せて長柄川となりて共に伊勢の海に注ぎ、北に流るゝもの川上川となり宮川となり、小八賀(こやが)の川と相合して飛騨を貫流し、越中に入りて神通川となり日本海に注げり、山の雄大なる豊倉の山に譲らず、而も彼の1)犖确崢なるに比べて此は古林沈黒、天呉(てんぐ)夜る2)ウソブくの境なるかを想はしむ、時に寒流石上、数囲の松櫪あり、清陰礀に敷き、岩魚の属、幾隊浮游し、人を見て散じて之くところを知らざるあり、人間の夏いまだ3)かざるに、嶺上は正に4)ランシュウ、朝ぼらけ、有明の月かとばかり真白に咲ける5)男郎花、金砂子を撒ぜるごとき6)女郎花、露紫に光れる山萩、雁音草、松虫草、思草、7)フンカ零落したれど8)ザンパ尚ほ9)コチョウ之夢を惹くの玉紫陽、……


ちょっと切れが悪いですが、長くなりそうなので強引に切ります。初秋の草花の描写が続きます。 

問題の正解は続きにて。。。





1) 犖确崢=ラクカクコウソウ。「犖确」は「山に大きな石がたくさんあり、その一つ一つが目立つさま」、「崢」も「山がとり巻いてきそいたつさま」。いずれも配当外漢字を含む難語ですが、麗水の文章では何度も出てきていますので読むことは出来るでしょう。これらの言葉がさらりと習得できるようになるのが、この遅塚麗水シリーズを続行している弊blogの最大のメリットなのです。
2) ウソブく=嘯く。鳥や獣が鳴き声を上げる、吼える。ここは「天狗」です。

3) 徂かざる=ゆかざる。「徂く」は「ゆく」。あの世へいく、過ぎ去る。音読みは「ソ」。徂歳(ソサイ=過ぎ去った年、徂年=ソネン=)、徂逝(ソセイ=去っていく、死亡すること、徂謝=ソシャ=)、徂徠(ソライ=行き来する、往来、徂来=ソライ=)、徂落(ソラク=天子が死ぬこと)。

4) ランシュウ=闌秋。たけなわなる秋。闌夜(ランヤ=よふけ、深夜)。

5) 男郎花=おとこえし。オミナエシ科の多年草。山地に広く自生。花は白く茎・葉に毛が多い。花期は夏から秋。漢名は「敗醬」。

6) 女郎花=おみなえし。オミナエシ科の多年草。山地に広く自生。夏・秋に黄色の小花を多数傘状につける、秋の七草の一つ。

7) フンカ=紛華。はでで美しいこと、乱れ咲く花。本文では「粉華」となっていますが紕繆でしょう。「こな」ではなく「みだれている」のです。「落英繽紛」(ラクエイヒンプン)も「落英繽粉」と謬りやすいので注意しよう。「こな」じゃない、「みだれとぶ」のです。

8) ザンパ=残葩。散り残って色香のうせた花。「葩」は「はな」。残花・残華・残英・残芳ともいう。残破(ザンパ=ひどくいためて破壊する)ではないので要注意。

9) コチョウ=胡蝶。ちょう。「胡蝶之夢」で「現実と夢の区別、他と自己の区別がつかなくなった境地のたとえ、転じて、この世の楽しみのはかないことのたとえ、荘子の故事です」。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。