スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家に士君子たることを求めるのは酷なのか?

本日の岩波文庫「菜根譚」(今井宇三郎訳注)は、普段から身綺麗にすることの効用を説いています。人それぞれに限界はあるでしょうが、出来得る限りの節制を心掛けるべきだというのです。事前に予測できない、いざというときにそのことが生きてくる。そうなってみて初めて普段の生活の大事なことを悟るのです。菜根譚の数ある至言のほとんどはシミュレーションをせよと言っている。最悪の事態をどれだけ事前に織り込めるか、そうすれば最悪の事態だけは避けうる。もちろん、自分で最悪と思ってもそれを上回る、さらなる最悪はあるから、つねに想定に満足せずに、リバイズすることが求められるのは言うまでもありません。人生生きている限り、これでいいというのはないのです。常に自分の経験を大事にして、その積み重ねで生きろと叱咤しています。


【前集八四】

貧家浄払地、貧女浄梳頭、景色雖不艶麗、気度自是風雅。士君子、一当窮愁寥落、奈何輒自廃弛哉。

貧家も浄く地を払い、貧女も浄く頭を1)クシケズれば、景色は2)エンレイならずと雖も、気度は自からこれ風雅なり。士君子、一たび窮愁3)リョウラクに当たるも、奈何ぞ輒ち自から4)ハイシせんや。




【解釈】 あばら家でもきれいに庭を掃除し、貧しい女もきれいに髪をとかしておれば、外見はあでやかに美しいとは言えないまでも、品格は自然に趣を得てくるものである。そこで一人前の男として、万一、困窮の憂いや失意の悲しみに落ちたときでも、どうしてそれですぐ、自分から投げやりになってよかろうものか。

ここでいう「景色」(ケイショク)とは「外見、様子」という意。「気度」とは、「品格、度量のこと」。「士君子」とは中江兆民の論文に頻出しますが、「一人前の男子」という言葉です。学問、教養、徳行すべて備わった優れた人物を指しますが、なかなか到達できないレベルではあります。「窮愁」とは「困窮した憂い」のこと。「奈何」(いかん)は反語用法。

貧乏や外見の貧しさは実はマイナスではない。そのこと自体を卑下する必要は全くない。卑下した時点で負けだと思います。貧乏に満足するのではない、貧乏を卑下するなということを迂生は言いたい。そうではなくて、日常の行いこそが大事となる。引け目に感じる暇があれば自らを厳しく、正しく律して最大限の力を発揮して生きる姿勢が求められる。貧乏でも身綺麗に。不細工でも小奇麗に。これは勿論喩えですから、それぞれの一見、引け目に感じられがちなことを引き合いに出していいのですが、品格を重んじて、他者から後指が刺されないように振る舞うこと。必要以上の富や美は要らないのです。前段と後段のつながりがスムーズではないですが、ピンチになっても冷静になれというのは当たり前としても、普段の行いが生きてくるということを言いたいのでしょう。


政治家一人一人はもちろん、国民一人一人が普段の行いを慎み、過度な贅沢を求めず、身綺麗に小奇麗に生活を送る、仕事をする、子育てをする、趣味をする。いまこの国はそうした節度を求められているのではないでしょうか。所詮多少儲けても人の金を掠めたにすぎません。そんな金は身につくはずがない。借金だらけの上辺だけの辺幅を飾ってもいつか破綻するのは目に見えている。国民がためたお金をどう使うのか。国家は自暴自棄になってはいけない。そうならないためにも普段の行いが大事。老若男女、斉しく士君子になる必要はないですが、政治家に士君子たることを求めるのは酷なことなのでしょうか。菅政権はとっくに正念場に立たされています。ここからが真価の発揮どころではないでしょうか。


問題の正解などは続きにて。。。






1) クシケズれば=梳れば。「梳る」は「くしけずる」。髪の毛を一般ずつわけてとく。音読みは「ソ・ショ」。梳盥(ソカン=髪をくしけずり、手を洗う)、梳洗(ソセン=髪をくしけずり、顔を洗う、容姿を整えること)、梳頭(ソトウ=髪をくしけずる、髪の手入れをする、梳髪=ソハツ=・梳櫛=ソシツ=)、梳沐(ソモク=髪を洗ってくしけずる)。

2) エンレイ=艶麗。はなやかでうるわしい、なまめかしく美しい。艶美(エンビ)とも。「艶」は「つややか、うるわしい、あでやか」とも訓む。艶歌(エンカ=あだっぽい歌、なまめかしい歌、艶曲=エンキョク=)、艶姫(エンキ=あでやかな女性、美女)、艶語(エンゴ=あだっぽいことば、つやっぽいことば、艶言=エンゲン=)、艶詩(エンシ=男女の情愛を歌った、あだっぽい歌、なまめかしい歌)、艶書(エンショ=ラブレター、恋文)、艶笑(エンショウ=色っぽく笑う、好色的なおかしみ)、艶色(エンショク=つややかで美しい顔色)、艶然(エンゼン=女性がにっこりと、たおやかに笑う様子)、艶妝(エンソウ=あでやかな装い、なまめかしい装い、艶粧=エンショウ=)、艶態(エンタイ=女性のなまめいた姿)、艶福(エンプク=多くの異性から愛されるしあわせ、特に男性が多くの女性にもてる幸せ)、艶福家(エンプクカ=モテ男)、艶聞(エンブン=男女間の情事に関するうわさ、つやっぽいうわさ)、艶冶(エンヤ=なまめかしく化粧している、あでやかで美しい、妍冶=ケンヤ=)、艶容(エンヨウ=あでやかな姿、なまめかしい姿)、艶陽(エンヨウ=花の咲くはなやかな晩春の時節)、艶耀(エンヨウ=つややかに光り輝く、美しく輝かすこと)。

3) リョウラク=寥落。おちぶれたさま、荒れ果ててさびしいさま。この「寥」は「すきまだらけで詰まっていないさま、まばらなさま、がらんとしているさま」の意。

4) ハイシ=廃弛。当然しなければならないことをやらないでだれるにまかせる。弛廃(シハイ)とも。「弛」は「ゆるむ」「たゆむ」「たるむ」とも訓む。弛緩(シカン=規律や精神がゆるむ、たるむ)、弛然(シゼン=だれてのびたさま、気のゆるんださま)、弛張(シチョウ=ゆるむことと、張ること、しまりのない状態と緊張している状態のこと、一張一弛=イッチョウイッシ=)、弛紊(シブン=規律などがゆるみ乱れること)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。