スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千切れた1万円札の「価値」は1万円か5千円かゼロ円か?=「柳橋新誌」二編(11)

成島柳北の「柳橋新誌」(岩波文庫、塩田良平校訂)二編シリーズの11回目です。本日は明治政府の通貨制度がテーマ。明治新政府は明治元年(1868)5月、初の太政官札を発行しました。戊辰戦争の財源捻出のためです。いわば国債みたいなもので、いずれ金で払い戻すという前提でした。それまでは各藩内で通用する藩札が流通していましたが、江戸幕府自身は札を発行しておらず、日本全国に流通可能な紙幣が登場し、統一国家としての近代的な貨幣制度の礎となりました。引き続き政府は明治4年(1871)、金本位制の採用を決め、新貨条例を公布し、金を通貨価値の基準である通貨本位(金0.4 匁=1・5瓦を1円貨と設定)とする制度に移行しました。これにより、中央銀行(まだ日本銀行は創立されていない)が、発行した紙幣の価値に相当する金を常時保管して、金と紙幣とを引き換える「兌換」を保証したのですが、金貨不足からより価値の劣る銀貨や銅貨の利用も多かったようです。柳北は当時の物価高騰の状況を活写しており、その原因がこの政府の通貨制度にあると看破します。金が不足し混ぜ物が横行。信用をなくした紙幣はその価値がどんどん下がり、物価だけが徒に高騰する。当たり前のインフレの構造ですが、明治政府の愚策に対する舌鋒鋭き柳北の非難が暗喩されている妓女の憎めないエピソードを玩わいましょう。


金銀銅を注(マゼル)する多くして物価騰る。金銀楮(カミ)に変じて物価1)逾々騰る矣。而して妓の身価(ギヨク)独り往昔に同じ。故に2)纏頭(□□)古に倍せざるを得ず。方今客の大妓に投ずる二方(ニブ)下と為し一円上と為す。小妓と雖も亦一二方の間に在り、若し或は旧制に遵ひ妓に投ずるに一方を以てし奴(ハコヤ)に投ずる二銖を以てすれば、則ち皆其の3)を罵る。夫れ百物の価皆騰る四五倍、妓等の衣食も亦然らざるを得ざれば則ち纏頭独り諸を往日に同じうする、豈理ならん哉。若し吝かを以て智と為せば則ち遊ばざるに如かず。妓の纏頭を客に獲る、尽く諸を4)■■(カカヘオヤ)の手に付すれば則ち復我が有に非ず。故に5)■■(クスネ)して以て私費に充つ、三にして一を攫(クスネ)し五にして二を攫す。真母(ホンノハハ)子と雖も攫せざる者は鮮し矣。





戯訓語選択の問題。

4) 「カカヘオヤ」→芸者などを抱えている女主人。

5) 「クスネ」→人の物をごまかしてこっそり自分のものにすること。


トウカク・ハンポ・ラクセン・ホウショ・ホウボ




正解

4) ホウボ=鴇母。遊女屋で遊女を取り締まり、世話をする老女。「鴇」は「みだらなもののたとえ、ときは淫を好む鳥とされる」。鴇児(ホウジ=遊女)。

5) トウカク=偸獲。気づかれないようにそっと手に入れること。「偸」は「ぬすむ」「ひそかに」。偸看(トウカン=ちらりとみること)。「攫」も「くすねる」。

1) 逾々=いよいよ。ますます、一段また一段と。「愈」「弥」とも。音読みは「ユ」。逾邁(ユマイ=こえて進む、月日がどんどんすぎさること)、逾時(ユジ=時をすごす、期限をすぎる)。

2) 纏頭=はな。音なら「テントウ」。芸妓に対する祝儀。かずけもの。

3) 吝=やぶさか。ものおしみする。金銭に対して思い切りが悪い。けち。「しわい」とも訓む。音読みは「リン」。吝嗇(リンショク=けち)。




貨幣に金だけでなく銀や銅も混ぜて品質を落とすため、物の価値が下がり同じ貨幣価値で買えるものがなくなっていきます。例えば、以前なら一円で買えたものが二円でないと買えなくなる。これに紙幣なるものが乱発行されてさらに価値が下がり、物価が上がる。ところが、芸妓の身受け代は据え置き。物価高騰の煽りを受けて芸妓への祝儀は倍になっている。大妓なら二分~一円、小妓なら一~二分が相場。もしも、昔のままで大妓一分、はこもちさんへの心付けも二銖のままならその客はけちん坊、吝い客と罵られること必定であります。物価という物価が何倍にもなっている昨今、芸妓の衣装代もかさむ一方であり、祝儀だけが据え置きという理屈はあり得ないでしょう。ケチこそかしこいというお方は柳橋などで遊ぶのはやめた方がいいですね。土台無理な話です。しかし、芸妓本人にすればすべて儲けは鴇母の懐に入るわけですが、そのうちすこしずつ自分の懐にくすねることを覚える。それが実の母親であってもくすねることは行われるのです。



一雛妓有り、未だ6)■■(コスイ)の風に熟せず、一日先輩(トシウヘ)の説を聞き始めて攫の妙を悟る。急に一楮を攫して帰る。鴇母性7)■■(カシコイ)家に楮を匿すの地(トコロ)無し、千思万慮忽ち一計を生じ楼簷(ノキ)少しく壊るゝ処を認め、窃かに楮を板間に挿む。自ら謂ふ神智妙算真に是れ万全の策なりと。一日、8)■■(ユフダチ)乍ち晴れ雛妓家に在り鴇母出で浴す(ユニユク)。妓楮(サツ)を出し飴(アメ)を買はんと欲す。屋板を9)し楮を引く、楮湿つて中断す(チギレル)。妓10)■■(ビツクリ)色を失ふ。偸かに其の半片(カタハシ)を持し隣嫗(バアサン)に問うて曰く、一方(イチブ)の楮中断す猶ほ二銖に値(ツカハレル)たるべきや否や。聞く者笑つて之を11)む。




戯訓語選択の問題。

6) 「コスイ」→わるがしこい、ずるい。

7) 「カシコイ」

8) 「ユフダチ」

10) 「ビツクリ」


ビンサツ・カイコウ・サクガク・リンウ・シュウウ・サッカク・コウカイ・チョウサツ・ガクガク・ヒッキョウ





正解

6) コウカイ=狡獪。悪賢くてずるい。狡猾(コウカツ)・狡黠(コウカツ)とも。

7) チョウサツ=聴察。よくきいて真実を判断する。やや難問か。

8) シュウウ=驟雨。にわかあめ。

10) サクガク=錯愕。思いがけないことに当面してあわてる。錯繆(サクビュウ=もつれてまちがえる)、錯舛(サクセン=食い違って乱れる)、錯臂(サクヒ=うでにいれずみをする、うでをくんでいて礼儀正しくないさま)。

9) 抉し=ケッし。「抉す」は「ケッす」。ここは音で読む。えぐる、指をかぎ型にし、あるいは、かぎ型の道具でえぐりとる。剔抉(テッケツ=えぐること)、抉剔(ケッテキ=えぐり出す、抉出=ケッシュツ=)、抉摘(ケッテキ=隠されたものや、内部に秘められたものをえぐり出す)。「こじる」とも訓む。

11) 憫む=あわれむ。気の毒に思う。音読みは「ビン」。憫凶(ビンキョウ=父母に死別する不孝)、憫察(ビンサツ=あわれみ思いやる)、憫笑(ビンショウ=あわれなものだとさげすんで笑う)、憫傷(ビンショウ=あわれんで悲しく思う)、憫然(ビンゼン=あわれに思うさま)、憫惻(ビンソク=あわれみ、いたむ)、憫黙(ビンモク=うれえてものをいわないさま)。




むかし或ところにまだ純真な半人前の小妓がおりました。先輩姉さんが纏頭の一部をくすねている話を聞いた小妓は、ある御座敷に呼ばれいただいたご祝儀の札一枚を思い切って初めてくすねてみました。下手にお金を持っていると、かしこいお母さんに悟られてしまうので一計を案じ、家の軒と屋根の隙間に隠すことを思いつきました。「神智妙算真に是れ万全の策」。当の本人は自信満々でした。激しい夕立の後、からりと晴れてお母さんが湯屋に出かけたとき、小妓は札を抜き出して飴玉を買おうとしました。隙間に指を入れて取り出そうとしたのですが、雨で湿った札は途中で引っ掛かって破れてしまいました。周章狼狽した小妓は隣の婆さんのところへ半泣きになって問いかけました。「お札は半分になっても旧のまま使えるんでしょ?」婆さんは悲しく微笑むしかありませんでしたとさ。おしまい。

果たして、小妓のお札は使えるのでしょうか?日本銀行のホームページの「おしえて!にちぎん」のコーナーに以下のようなQ&Aが掲載されています。

Q. 破れたお札の引換え基準は?

A. 日本銀行では、銀行券が破れたり、燃えたりした場合には、「表・裏両面があること」を条件に、残っている面積を基準として新しいお札との引換えを行っています。引換える金額の基準は次のとおりです。
 (1) 面積が3分の2以上の場合は全額として引換え。
 (2) 面積が5分の2以上、3分の2未満の場合は半額として引換え。
 (3) 面積が5分の2未満の場合は銀行券の価値は無く失効。

リンク


したがって、妓女が手にしている札の残存面積がキーポイントになりますね。雨でぐちゃぐちゃになって隙間に残った部分を除いて全体のどのくらいでしょうか?隣の婆さんが悲しく笑っているところからすると恐らく5分の2未満なのでしょう。嗚呼、折角くすねたお札が無価値に。人生いろいろお金もいろいろ。何事も経験ですよ、小妓さん。本来なら金の価値こそすべてなのに紙という何の保証もない物に姿を変えたのです。そこに脆弱性がある。縦令破れることが無かろうともその価値は幾らでも下がり得るということを勉強したのです、あなたは。斯くも紙幣は恐い。いつ何時価値がゼロになってもおかしくないのです。明治の世の中はそんなあやふやな基盤に仍って成り立っていることを身に染みなければいけないのです。。。そんな柳北の冷笑する声が聞こえてきそうです。だって、それは現代にも通用するから。徒に発行された紙幣がいつその価値を減らして我々の生活をどん底に擠れないとも限らない。。。おおこわ。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。