スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名を慎み具にしない手紙に罩められた男の身勝手さ=「柳橋新誌」二編(6)

成島柳北の「柳橋新誌」(岩波文庫、塩田良平校訂)二編シリーズの6回目は、某侯と某妓の恋愛ストーリーの2回目です。侯が妓に贈った手紙を柳北が盗み読んだという。しかし、いやいや、人の手紙を断りも無しに読むほど彼は無粋ではないでしょう。恐らく妓女本人から赦しを得て見せてもらったに相違ありません。彼にはそういう“諧謔性”がたっぷりですからね。額面どおり受け取ってはいけませんよ。

余一日其の書を偸み読む。文に曰く

 愛卿別後恙無きや否や。1)□□)卿(ソナタ)に別るゝの日より情思恍惚、卿の容姿常に目に彷彿とし卿の私語毎に懐に往来す。錦々の恨絶ゆる期有るを知らず。卿其れ諸を察せよ。昼は即ち卿の写影(シヤシン)を掲げ、夜は即ち卿の手書(フミ)を誦す。孤の身卿と離るゝと雖も、魂猶ほ卿の側に在り。墨水の遊二州の宴回顧すれば一夢、悽然2)ソウゼン、卿其れ諸を察せよ。3)■■(シタギ)一領、此れは是れ4)■■(イヘノオキテ)、重臣と雖も軽々しく与へざる所の者、孤卿の故を以て制を5)つて之を贈る。請ふ秘して人に語らざれ。6)■■■■(クレクレタノム)。且つ孤関心(ココロカカル)の事有り、窃に恐る雲雨長く痕を留め、熊蛇或は夢に入らんことを。若し然らば書を侍臣に投じ速に告知(シラセ)す可し。孤7)ライサイ東行必ず卿の身を贖なひ、離宮を作つて以て8)トモに老ひ、嬌絃を高閣に弄し遊舫を曲池に泛ぶ。豈楽しからず乎。孤誓つて此の盟を9)へず、卿其れ諸を察せよ。情緒10)さず只此を寄知す。

                           慎名不具(ゴゾンジヨリ)





1) 孤=われ。諸侯や国王が自分を謙遜していう代名詞。わたし。対義語が「卿」で「そなた」。

2) ソウゼン=愴然。つらさに打ち拉がれたさま。愴愴(ソウソウ)ともいう。「ソウゼン」は同音異義語が多く、区別に要注意。爽然、騒然、蒼然、鎗然、躁然、鏘然。

★戯訓語選択の問題。

イライ・ジツイ・シショク・カセイ・コウクン・コンガン

3) 「シタギ」

4) 「イヘノオキテ」

6) 「クレクレタノム」(■■■■は繰り返し)



正解






3) ジツイ=衵衣。婦人のつけたはだぎ。「衵」は「あこめ」の訓みがあり。

4) カセイ=家制。家族や子孫が守るべき、その家のおきて。家憲・家範ともいう。この「制」は「きまり」「命令」の意。

6) シショク=至嘱。大いに将来に望みがあること。「くれぐれも頼む」の意。ちょっと難しいかもしれません。




5) 壊つて=やぶって。「壊る」は「やぶる」。穴があいてくずれる、中がうつろになってこわれる。表外訓み。案外訓めないのでは?壊爛(カイラン=組織がこわれてくずれてしまう)、壊頽(カイタイ=破れくずれる、壊崩=カイホウ=)、壊決(カイケツ=中がうつろにほげてくずれる)。

7) ライサイ=来歳。来年。来茲(ライジ)ともいう。

8) トモに=偕に。つれだって、ふたりそろって。ここは「偕老」(夫婦がそろって老いる)と詩経にある成句なので「共に、俱に、友に、同に、侶に、伴に、供に、僚に、朋に」などでは不正解。偕老同穴(カイロウドウケツ=夫婦の契りが非常にかたくともに老い、同じ墓穴に葬られること)。夫婦の契りをかわす、いわばプロポーズの決めの言葉と言っていいでしょう。

9) 渝へず=かへず。「渝える」は「かえる」。中身がぬけて入れかわる。変質する。音読みは「ユ」。渝替(ユタイ=変質して衰える)、渝盟(ユメイ・メイをかう=約束をたがえる、誓いにそむく、寒盟=カンメイ=)。

10) 悉さず=つくさず。「悉す」は「つくす」。すみに至るまで出しつくす。悉尽(シツジン・ことごとく・ことごとに=みな、残らず、すべて)、悉心(シッシン=細かいところまで心を使う、努力しつくす)、悉皆(シッカイ=すっかり、残らず)。


まさに恋文そのもの。他人の秘事を垣間見るかのようです。現代社会ならばインターネットがあってメールや携帯電話など簡便なツールがあり、かような手紙のやり取りなどあり得ないことでしょう。しかし、それだけに思い入れは一入。下着を人に贈るなど知れたらとんでもない目に遭ってしまう。ここはちょっといやらしいか?現代で下着を贈るという意味は、。。。。、今度会ったらその時はそれを着けていてね☆!というような意味でしょうね~。さらに夢に出てくるむくつけき熊や蛇。これは恋路の邪魔をする間男か。嫉妬深い一面ものぞかせます。これは嬉しいでしょう、この妓は。天にも昇る気持ちでしょうね。男が嫉妬してくれることほど勝利感はないでしょうからね。ましてや相手は名のある高官ですから。

「東行」とありますから、恐らく関西地方の元地方藩の主君か家臣で現在は新政府の役人なのでしょう。よくよく考えれば独身ってことはないよね。「離宮」とあるからあくまで“本宅”ではない。二号を囲うということ。所詮は遊びなのですが、それでも妓は構わないのでしょう。偕老同穴を持ちだしていますが、詭弁でしょう、綺麗事でしょう。だって「嬌絃を高閣に弄し遊舫を曲池に泛ぶ。豈楽しからず乎」とあるから、遊ぶことばかりを考えている虫のよさが見えます。夫婦になって遊びばかりはあり得ないから。やっぱ身勝手な男の戯言でしょうね。何度も言いますが、柳橋の妓女にとってはそれでも本望。二号で結構。時代が時代ですから、そんな女の生きる道がしっかりと根付いていたのでしょうね。

最後の「慎名不具(ゴゾンジヨリ) 」は面白い表現ですな。名を慎み具にせず。戯訓は「ゴソンジヨリ」。名を伏せつつ当事者だけに分かる内容でみなまで言わなくても。。。“しっぽり感”たっぷりの手紙でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。