スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国戦国時代の四君に譬える栄華は老い先短し?=「柳橋新誌」二編(2)

成島柳北の「柳橋新誌」(岩波文庫、塩田良平校訂)二編シリーズの2回目は、この12年ばかりの間に柳橋に起きた変化がテーマ。まずは、いまだに殷賑を謳歌する柳橋の謎に迫ります。昔からある老舗酒楼が健在の一方で、新しき舗も数多い。旧から栄えた場所に加えて新たに勢力の範囲も拡大しています。そんな奇を衒ったり、徒に豪勢さを誇ったりする新奇の舗々。しかし、柳北の冷徹な眼はその“本質”を見定めて、批判的なスタンスで疑問を投げ掛けています。こんな作られた栄華はいつまでも続くものだろうか。。。


慶応以降(コノカタ)、百貨の舗(ミセ)皆其の産の半を1)  )して、割烹家独り潤屋の富を擅にするは何ぞや。府内の人口其の半を減じて、遊客其の数を倍するの故也。人口減じて遊客倍するは何ぞや。人人王化の美を楽しんで後世子孫の計を為さず、一銭を獲れば則ち食ひ一2)チョを獲れば則ち飲む故也。柳橋の酒楼皆勢を往日に3)にす。河長梅川盟を南北に争ひ(タテヲツク)、万八亦将に衰頽の気を一振せんとし、亀清柳屋新境を新柳街(マチ)に拓きて4)キシ色を添ふ。蓋し、新柳街捄築(ツキタテ)一たび成りて、柳橋の繁華益々加はる焉。大中村〔船宿に中村有り故に土人此の楼を呼んで大中村と云ふ〕災後一大巨閣を起し、覇を水東に称す。而して柏屋青柳亦修繕して雄を競ふ。深川柳光幾稲(イクイネ)大橋の若き、皆廉(ヤスキ)を以て勝を制す。有信亭の友白髪(トモシラガ)、松中菴の小環蒸(オダマキムシ)、共に奇を以て鳴る。柳升の甘味を以て客に(口+「稲-禾」)はしむるは、則ち其の甘に託して其の苦を免るゝ也。余其の味を知る故に其の醨(シル)を歠るを欲せざる也。





1) 耗して=へらして。「耗らす」は「へらす」。柳北の戯訓は「ヘラ(して)」。表外訓みです。すりへる、すこしずつへらす。「摩耗」(マモウ)の「耗」であり、「心神耗弱」(シンシンコウジャク)の「耗」でもあります。基本は「コウ」。「モウ」は慣用読み。耗費(コウヒ=使ってへらす、無駄遣い、浪費)、耗問(コウモン・コウブン=おとずれ、たより、耗息=コウソク=)、耗減(モウゲン・コウゲン=寡なくなる、すりへる、耗損=モウソン・コウソン=)、耗尽(モウジン・コウジン=へってなくなってしまう、耗竭=コウケツ=、耗失=コウシツ=、耗廃=コウハイ=)、耗乱(モウラン・コウラン=むやみにすりへらしてだめにする、秩序や命令が乱れてはっきりしない)。


2) チョ=楮。札、紙幣、お金のこと。楮鈔(チョショウ)ともいう。

3) 殊にす=ことにす。普通と全く違う。「殊」には「特別」「異なる」の意がある。殊塗同帰(シュトドウキ=異なった道を進んでも、結局は同じところへ落ち着くこと)、殊域(シュイキ=異なる地域、殊境=シュキョウ=)、殊裔(シュエイ=遠い果ての国)、殊恩(シュオン=特別の恩恵)、殊遇(シュグウ=特別の礼を尽くしてもてなす待遇)、殊死(シュシ=死を覚悟する、決死、死刑)、殊姿(シュシ=特に優れて美しい容姿)、殊色(シュショク=特別にすぐれた美人)、殊絶(シュゼツ=普通と違って特にすぐれている)、殊俗(シュゾク=風俗が異なる、他国)、殊致(シュチ=おもむきが異なる、優れた風景、絶景)、殊寵(シュチョウ=天子の特別の寵愛、殊眷=シュケン=)、殊能(シュノウ=普通と異なったすぐれた才能)、殊方(シュホウ=ほかと方法が異なる、故郷などと全く風土の異なる地方)、殊尤(シュユウ=特に優れている)、殊類(シュルイ=種類が異なる、身分・才能がかけはなれている、その人、鬼神や化け物など)。

4) キシ=旗幟。はたと、のぼり。旗印。特に軍旗を指す。旗幟鮮明と言えば、態度や主義主張をはっきりすることをいう。




幕末から明治維新にかけて割烹家だけが儲かっているのはなぜだろう。江戸の人口が減っているのに、遊客ばかりが増えているからだ。目先の享楽にばかり囚われて金が入ればすぐさま飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ。将来の蓄えなどには目もくれない。こうした客が柳橋の賑わいを支えているのだ。「新柳街」という新たなエリアもできているという。そこで流行る店はちょっと安めお値段で客を惹いている。有信亭は「友白髪」、松中菴は「小環蒸」は奇を以て鳴る。柳升は甘味で名を売っているのだが、酒がまずいのを隠しているだけ。「醨」は「リ」。うすい酒、安酒のこと。柳北は見抜いています。伝統的な店ではない、俄かの流行りは廃れの訪れの速きことを。。。


各楼華を競ひ美を闘はし、冷熱(サビシハヤル)互に換つて巴屋其の間に興る。頃年各楼気燄徒に5)にして、動もすれば其の飾を華にして其の宝を美にせず、其の価を貴くして意を客に用ひざる者多し。若し豪を6)かし快を揮はんと欲せば、則ち宜しく中河亀柏梅柳の楼に就いて飲むべし。若し割烹の真味を論ずれば、則ち二州の楼巴屋の右に出づる者無し。巴屋の叟(オヤジ)今の易牙と謂ひつ可き耳。余春風秋月の7)カコウに方つて、二州の楼に酌むこと年有り。而して未だ8)ヒンキャクの盛なる今日の如く、建築(フシン)の美なる亦今日の如くなるを見ざる也。蓋し之をして這盛美を為さしむるの人有るに非ざれば、安んぞ能く茲の如きを得んや。余謂ふに方今の9)ケンキ皆孟嘗にして客皆馮驩歟。何ぞ其れ争つて食の美を求むるや。而して柳橋の諸楼特に春申平原の徒、珠履宝剣にして至るのみならず、寔に斉楚燕趙の主をして亦10)ら駕を其の門に11)げしむ。噫亦盛なる哉。





5) 熾=さかん。かがり火がかっとめだって燃える。さかんにおこる。また、そのさま。音読みは「シ」。熾灼(シシャク=火がさかんに燃える、転じて、権勢がさかんなこと)、熾盛(シセイ・シジョウ=物事の勢いなどが非常に盛んなこと)、熾烈(シレツ=火や光がやきつけるように強いこと、闘いや争いなどの勢いが盛んで激しいこと)。

6) 燿かし=かがやかし。「燿く」は「かがやく」。高く目立つようにかがやかせること。燿日(ヨウジツ=ぎらぎらと日光にかがやく、照りかがやく太陽)、燿徳(ヨウトク=徳を目立つようにかがやかす)。

7) カコウ=佳候。よい季節、時節。佳期(カキ)とも。佳肴ではないので要注意。

8) ヒンキャク(ヒンカク)=賓客。たんなる客。客分として養っておく、いそうろう。

9) ケンキ=権貴。権力があって地位が高い人。明治新政府の高官をいう。

10) 親ら=みずから。自分でじかに、直接に。「躬ら、自ら」とも。

11) マげ=枉げ。「枉げる」は「まげる」。まげて、わざわざ面子を押し曲げて~してくださったというニュアンスをあらわす丁寧な言葉。音読みは「オウ」。枉駕(オウガ=乗り物の予定のコースをまげて、わざわざ立ち寄る、人の来訪を敬って言うことば、枉車=オウシャ=)、枉顧(オウコ・まげてかえりみる=人の来訪を敬っていうことば)、枉道(オウドウ=正しい道を曲げる、回り道をする)、枉撓(オウドウ=法律を曲げて人を罪に陥れる、枉橈とも)。





次に「巴屋」という新興の店のことに話頭が転じます。「気燄」(キエン)は「気焔・気炎、盛んな熱気のこと」で、舗店は「其の飾を華にして其の宝を美にせず、其の価を貴くして意を客に用ひざる者多し」と、華美であることばかりに腐心し、値段を釣り上げて客の立場に立つことがなくなっているといいます。そんな豪勢な店を希望するなら、「中河亀柏梅柳の楼」に行くがよい。料理の真髄を玩わいたいのなら、「巴屋」がお勧め。そこで働く料理人は「易牙」(エキガ=中国春秋時代の名料理人の名)と言っていいほどの腕前。春秋のいい季節に酒を飲んだが、こんなに華美で客が押し寄せたときを私は知らない。私は派手好きな人間ではないからどうにもこうにも気に入らない。

あの中国戦国時代の宰相、何千人もの食客を飼っていた「孟嘗」=「孟嘗君」(モウショウクン)が今の明治政府の官僚。貧乏でその孟嘗君に集った居候の「馮驩」(フウカン)こそ、柳橋の客連中である。金持ちも貧乏人も挙って柳橋に集まってくる。ここで柳北は、中国戦国時代の中期から後期にかけて活躍した戦国四君のたとえを引き合いに出します。斉の孟嘗君もその一人です。そして、春申平原の徒、すなわち、楚の春申君、趙の平原君までも気飾って争って柳橋にやってくる。それぞれの君主もわざわざ駕籠を乗り付ける。ああ、盛んなり柳橋。柳橋。どうしてそんなに流行るのか。。。中国戦国時代をたとえにだしているところからすると、柳北はこの栄華は群雄割拠の混沌としたものだとして、いつかは秦が統一するかのように平定されるものと考えている節があります。ひとまず、二編の劈頭はその栄華なさまに聊か辟易している風であります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。