スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠を取るから偉いのか?それとも怖いのか?…=「猫々奇聞題言」(2)

仮名垣魯文の「猫々奇聞」を絶賛する成島柳北の「猫々奇聞題言」シリーズの2回目です。「百銭ノ猫」という値安い猫が「千里ノ馬」にも勝てるものがある。それは鼠取りの技術。魯文が戯作文で揶揄した人々がそれに魅せられ墜ちて行く。噫、危機ではないかいな、ないかいな。この「猫」って何?

夫レ其価百銭ノ猫ニシテ猶騏驥ニ優ルノ技倆有リ、況ヤ今ノ一円三円五円十円ノ猫児ニ於テヲヤ、晨タニ髯客6)ヨウカンノ珠ヲ奪ヒ、夕ベニ華氏7)ノウテイノ金ヲ攫ム、豪商ヤ富農ヤ書生ヤ教職ヤ、亦皆之レガ為メニ魅セラルルヲ免レズ、8)リョクガンノ客辮髪ノ人ト雖モ、亦或ハ9)カイビャク輸入ノ税ヲ奪ハレ、10)ロンポウノ鋭利ナル新聞記者ト雖モ、往々之レガ揶揄ヲ受クルニ至ル、然ルニ魯翁特リ照魔ノ明鏡ヲ11)ホウスンニ掲ゲテ、以テ其ノ妖術ヲ見出シ、之ヲ12)コウコニ報道シテ他ノ警戒ニ供ス、其ノ功亦偉ナリ、




6)ヨウカン=腰間。こしのあたり。腰下(ヨウカ)ともいう。「腰間の珠」ですから、何を指すかは言わずもがな。。。結構ストレートな表現です。

7)ノウテイ=嚢底。財布の底。「嚢」は「さいふ」とも。

8)リョクガン=緑眼。青い眼。胡人(中国の西方・北方にいた民族)の目のこと。ここはもちろん西欧人を指す言葉。碧眼(ヘキガン)ともいう。緑鬢(リョクビン=みどりのくろかみ)。

9)カイビャク=開闢。天地ができた、世界の始まりのとき。ここは開国したことを指す。

10)ロンポウ=論鋒。議論のほこさき、議論で相手の比を論じて責める勢いのこと。「論法」は引っ掛けですので要注意です。

11)ホウスン=方寸。広さが一寸四方であることから、転じてわずかな大きさのたとえ。さらに進めて、ここは「心」を指す。心が「胸の方寸」にこそ在るととらえられていた時代がありました。

12)コウコ=江湖。川と湖、とくに長江と洞庭湖をいう。転じて、世間、世の中。「ゴウコ」とも読む。




「妖術」とのタームが見えますが、どうやら「猫」はネガティヴな存在、いや恐ろしい存在としてとらえられています。それを魯文が「照魔ノ明鏡」に照らして見事に制御している。「照魔ノ明鏡」は「照魔鏡」のことで、「悪魔の本性を映し出す鏡、転じて、社会や人間の隠れた本体を映し出すもの」。魯文が猫の「悪さ」を描き出しているのが「猫々奇聞」であるという。それは社会の木鐸であり、いわば照魔鏡だという。う~ん、これでもやや抽象的ですね。「猫」ってなんだろ?……そいつは「髯客ノ腰間ノ珠」を奪うのか。えらい露骨な描写でもありますが、「豪商ヤ富農ヤ書生ヤ教職」「新聞記者」などなどいろいろな人を「籠絡」するようです。そして大ヒントはお金かな。百銭、一円、三円、五円、十円……。ただし、値段にはかなりのランクの違いがある。ああ、そうか、そうか。。。。。もうお分かりでしょうが、敢えて続きは次回にて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。