スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金があっても貧乏暮しその訳は…?=ある富翁の不可解な「長策」(上)

わが国の政治には、選挙目当ての「マニフェスト」(=戦術)はあっても、将来を明確に見通した「ビジョン」(=戦略)のないことが、国家を衰退せしめている元凶だと迂生は考えています。昨今の尖閣諸島をめぐる中国を主役とした一方的な「諍い劇」を傍観していてもそう感じざるを得ません。普天間問題も然り。あっちふらふらこっちよろよろ。「骨」がないんですよね。金も稼げなくなった昨今は国際社会において主役を張れなくなっている日本。政治家が人心を掌握できなくなっている。要するにビジョンを語れる人材がいないんです。政権交代が未だ「目的」の範疇を越えない限り、この国は先へ進めない。時間は限られているというのに危機ですよね。

さて、成島柳北が社長を務める「朝野新聞」の名物コラムに書き連ねた数々の「雑文」を、「近代デジタルライブラリー」所収の「柳北全集」から採録して玩わっていますが、ここにまた、「富翁ノ長策」という逸品を見つけました。「長策」というのは、先のことを考えたいわば「長期ビジョン」。明治維新期の政府にも果たしてあったものなのか?「富翁」なる人物がその大切さを教えてくれます。ちょっと不可解な形ではありますが…。

起承転結に分けて味わいましょう。本日は、前半の「起」と「承」です。

「起」

余ノ旧ト相識ル一富翁有リ、其性1)ケンリンナル古今2)ヒリン罕ナリ、平素3)アクイシテ悪食シ、妻児ハ殆ド4)サイショク有ルニ至ル、其ノ家亦5)ワイロウ甚ダシ、壁壊レ牀朽チテ敢テ修繕セズ、風雨至ル毎ニ妻奔リ児叫ビ、戸ヲ柱ニ縛シ盤ヲ席ニ陳ネテ以テ之ヲ避ク、全家6)テンシツシテ寝食スル能ハザルモ翁ハ自若タリ、而シテ其ノ私ヲ省スレバ黄金白銀累々トシテ筐ニ囊ニ7)ジュウイツセリ、一日其妻児輩を率キテ翁ノ前ニ進ミ、哀請シテ曰ク、良人久シク富裕ノ名ヲ以テ郷党ニ鳴ル、而シテ此ノ8)シュウロウ幾ド乞児ノ窩ト一様ナル家屋ニ住シ、常ニ風雨寒暑ニ苦シム、縦令自カラ忍ブモ妻児ノ困墊ヲ憫ム無キカ、翁頷シテ曰ク善シ、我レ卿ノ為メニ一大邸宅ヲ築カン、卿試ニ看一看セヨ、妻大ニ喜ビ児輩喜デ拝謝ス、




1) ケンリン=慳吝。ものおしみすること、しみったれ、けち。慳惜(ケンジャク)・慳嗇(ケンショク)ともいう。「慳」は「おしむ」と訓む。

2) ヒリン=比倫。くらべる、同類。比類とも。「倫」は「たぐい」の意。

3) アクイ=悪衣。そのあとの「悪食」とあわせて「そまつな着物とそまつな食事」。粗衣粗食ともいう。悪意ではないので注意しましょう。

4) サイショク=菜色。あおい色、飢えた顔色にたとえる。顔面蒼白。

5) ワイロウ=矮陋。家が小さくてむさくるしい。「矮」は「みじかい」の訓み。矮屋(ワイオク=粗末な家、陋屋=ロウオク=)。

6) テンシツ=沾湿。ひたひたとぬれる。また、雨などでぬらす。「テンシュウ」とも読む。「沾」は「うるおす」とも訓む。

7) ジュウイツ=充溢。みちあふれる。

8) シュウロウ=醜陋。みにくくせまい。「陋」は「せまい」。陋薄(ロウハク=物がそまつなこと)。


「困墊」(コンテン)は難語で「疲れ苦しむこと」。



富翁は名前の通りお金持ちであるのに襤褸家に住んで、着るものにも食べるものにも汲汲とする生活を送っています。堪えかねた妻と子供が「お金はあるのにどうしてこんな暮らしを送らなければならないのでしょう。あなたさまはよろしいでしょうが、わたしたちのこともお考えくだされてもよろしいのではないでしょうか」と平身低頭して哀願します。「それでは…」と切りだした翁は「お前らのために大邸宅を建てようではないか。見ておれ」。わ~い、わ~いと喜ぶ妻孥の無邪気さは当然としても、翁の言う「看一看」とはおかしくないですか?そんなに簡単に家など建てられっこないっしょ。。。何かあるぞこりゃ。。。



「承」

翁乃チ一金函を啓キ、金貨9チョヘイヲ攫出シ来リ其ノ前ニ排列シ、指ヲ以テ席ニ書シテ曰ク、此処ニ一堂ヲ造ル其価千円、乃チ千円の金ヲ点ス、彼処ニ一楼ヲ起ス其価千五百円、乃チ千五百円の金を点ス、金庫ハ左ニ築キ10)米廩ハ右ニ設ク、其価若干、又若干ノ金ヲ点ス、園池ノ費門牆ノ11)、皆多少ノ価金ヲ配置シ、忽チ一大宏壮ノ邸宅ヲ眼前ニ書出セリ、而シテ之ヲ造ルノ金額現ニ累然堆積シテ函内幾千円予備銭ヲ剰セリ、翁自カラ快ト叫ブ、於是乎妻ハ欣々トシテ楽ミ児ハ嘻々トシテ笑フ、既ニシテ翁管ヲ援テ烟ヲ喫ス、喫一喫俄然絶叫シテ曰火起々々、ソレ収束々々ト、忽チ膝前ニ点書セル金幣ヲ両手ニ12)キクシ去テ之ヲ函中ニ収ム、席上復タ一銅銭ヲ留メザルナリ、妻児13)サクガクシテ一語ヲ発スル能ハズ、




9) チョヘイ=楮幣。紙幣、さつ。楮鈔(チョショウ)・楮券(チョケン)ともいう。「楮」は「さつ」とも訓む。「こうぞ」と訓めば、紙の原料となる木の名。

10) 米廩=こめぐら。「廩」は「くら」。倉廩(ソウリン=くら)、廩倉(リンソウ=廩庫)。廩粟(リンゾク=倉庫にある米)。

11) 賚=たまもの。上の者から下の者へたまわったもの、いただきもの。音読みは「ライ」。賚賜(ライシ=さずけ与える、また、そのもの、賚錫=ライセキ=)、賚与(ライヨ=品物などを与える、賚予=ライヨ=)。

12) キクシ=掬シ。すくう。両手をまるくしてそのなかにのせる。

13) サクガク=錯愕。思いがけないことに当面してあわてる。




翁のやったことは、金庫の紙幣を並べ立てて、席(むしろ)に手で画をかきます。ここに邸、ここに楼、ここに米蔵、ここに池。。。それぞれいくらいくらと金を置いていく。千円とか簡単に言っていますが相当な高額ですよ。それでもまだ予備のお金は金庫に残っているという。「どうだ~」と叫ぶ翁に、妻孥も「わ~いわ~い」と連呼する。あたかも大邸宅がすぐさま出来そうな勢いです。「これで貧乏暮らしとオサラバじゃ~」。ところが、翁は突然、煙管に火をともし煙草の煙を吹かしはじめます。そして、「火事だ~」。「かたずけろ~」。並べた紙幣を慌てて撤収させ金庫にしまい込みます。席の上には一銭も無くなりました。ぽか~んと口をあんぐりの妻孥は何が起きたのか理解するのに時間がかかるようです。

さて、翁の行動の真意や如何に。。。続きは次回をお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。