スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩越えたら一発狙え!頼山陽の「泊天草洋」=「航西日乗」4

成島柳北の「航西日乗」シリーズの4回目です。柳北にとって後の「不倶戴天の敵」とも言うべき川路利良、井上毅と呉越同舟の旅が始まりました。しかし、このあと彼らが日記に出て来ることはありません。いやいや、幾らなんでも文字にはしますまい。柳北の胸臆にしまいこんでいます。来るべきに備えて。。。それよりも出帆して一日目、海上から富士山を眺めることとなります。

十四日、水曜、好晴。天既に白からんとする時郵船1)を解く。此日風浪頗る大にて、白華・信三皆臥して房を出でず。2)午下、富岳を望む。

十五日、木曜、晴。風益す烈しく、食堂に出づる者甚だ3)なり。洋種の4)平果を食らふ。大にして味極めて美なり。

1) 纜=ともづな。ここは訓読みで「ともづなをとく」=解纜(カイラン)。

2) 午下=ゴカ。昼過ぎ、昼下がり。「午」は「ひる」とも訓む。明治時代から昭和初期にかけて正午の時報である号砲が打ち鳴らされました。これを「午砲」(どん)という。

3) 罕=まれ。すくない、めずらしい。音読みは「カン」で、罕儔(カンチュウ=同類が少ない、比類稀である)、罕漫(カンマン=はっきりしないさま、いいかげん)、稀罕(キカン=まれ)。もともとは「長い柄のついた鳥を獲るための網の意味」。

4) 平果=ヘイカ。りんご、林檎。中国語では「苹果(ピンクオ)」。



どうやら天候はいいのですが風が強くて船酔いがひどい人が多いようですが柳北だけはものともせず、リンゴをほおばり「うま~」。

十六日、金曜、晴。風5)歇む。日向・薩摩に近き海路を航す。海門岳を望む。富岳に6)ホウフツたり。此山を失へば全く本邦の地を離るるを以て、衆皆7)チョウゼンとして回顧する久し。夜間詩有り。

回頭故国在何辺    8)を回らせば、故国何れの辺にか在る。
休唱頼翁天草篇    唱すを休めよ、頼翁天草の篇。
一髪青山看不見    一髪青山、看れども見えず。
半輪明月大於船    半輪の明月、船よりも大なり。

5) 歇む=やむ。ひとやすみする。ひといきぬいてとまる。音読みは「ケツ」。歇息(ケッソク=やすむ、休息する)、歇後(ケツゴ=あとにつづく語句を省略して表現を簡潔にすること)。

6) ホウフツ=彷彿。よく似ていること。髣髴もOK。

7) チョウゼン=悵然。おもいきれず、うらめしげなさま。「悵」は「うらむ」「いたむ」とも訓む。悵恨(チョウコン=思い切りがつかず残念がる、)うらみに思う)、悵望(チョウボウ=思い切り悪くうらめしげにながめる)、惆悵(チュウチョウ=残念がる)。

8) 頭=こうべ。意味は勿論、「あたま」のことですがここは「あたま」とは訓みたくない。


いよいよ、日本国本土ともおさらばのシーン。九州の南端、鹿児島を離れればあとはもう海海海。海門岳は薩摩富士とも呼ばれる名峰。詩で詠まれた「頼翁天草の篇」は分かりますか?「頼翁」はもちろん、江戸時代の詩人、頼山陽のことです。「天草の篇」は以前このblogでもご紹介した山陽の代表作といってい名詩「泊天草洋」(天草洋に泊す)です(ここ)。山陽は39歳の時、九州を旅しておりここ天草灘に舟泊まりしました。天草島の西側から外海を望めば、ちょうど東シナ海をはさんで、対岸は上海あたり、呉(江蘇)や越(浙江)地方となります。そこで山陽の詩をここにも掲げておきましょう。

雲耶山耶呉耶越    雲か山か呉か越か
水天髣髴青一髪    水天髣髴青一髪
万里泊舟天草洋    万里舟を泊す天草の洋
煙横篷窓日漸没    煙は篷窓に横たわりて日漸く没す
瞥見大魚躍波間    瞥見す大魚の波間に躍るを
太白当船明似月    太白船に当って明月に似たり



柳北の詩はこれを踏まえている。山陽の第二句にある「青一髪」は蘇東坡の「青山一髪是れ中原」という名フレーズを踏まえていると思われますが、柳北は第三句で「一髪青山」とひっくり返している。「一髪」というのは遠くに見える山の稜線を言い表す言葉。中国はまだ遙か先だから山はかけらも見えるはずがないということです。第四句の「半輪明月」は山陽の最後の句から。山陽は「太白」、すなわち宵の明星は月のように輝いていたというが、私が見ている明月は本当に大きく鮮やかであるという。九州からあとは中国(=中原)目指して突き進むのみ。屹度柳北はここを通ったらこの山陽の詩をモチーフに一発詠んでやろうと狙っていたに違いありません。見事に嵌っていますね。横浜を出てから三日かかっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。