スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「讒謗律」に戦戦兢兢=蘇東坡をパロった「辟易賦」①

予告通り、成島柳北の「航西日乗」シリーズに入りたいのですが、その前に頭の体操はいかがでしょう。ある作品を通じて柳北の為人を知ろうではありませんか。

その底本となる岩波文庫「幕末維新パリ見聞録」(井田進也校注)のP186に「柳北には、『赤壁賦』をもじって明治8(1875)年の讒謗律を揶揄した『辟易之賦』がある」というくだりに目が留まりました。

「ヘキエキのフ」…?

確かに蘇東坡に「赤壁賦」(セキヘキのフ)があるのはご存知ですよね。魏呉蜀の“レッドクリフ”…で有名です(実は、劉備・孫権連合軍VS曹操の合戦の舞台となった赤壁とは場所が異なるんですが……)。


弊blogではかつて鶴を題材にした記事で「後赤壁賦」を取り上げたことがあります(ここ)が、肝腎かなめの「赤壁賦」はいまだ取り上げていませんでした。これ幸いです。このパロディー「辟易賦」を紹介しがてら、本家本元の「赤壁の賦」も味わっちゃおうという欲張り且つチャレンジングな試みをやろうと思います。

「もじって」とあるように、柳北の「辟易賦」はまさに蘇東坡の「赤壁の賦」の一句一句をベースにちょっとだけ変形して茶化しているのです。すなわち、「辟易賦」を賞玩するためには、「赤壁賦」も知っておかないと「ぷっ」とも笑えないのですよ~。

さて、どこから「辟易賦」の原文を入手しようか。こんなとき役立つのが近代デジタルライブラリーです。成島柳北の漢詩を紹介した記事で取り上げた「柳北全集」(ここ)に載っていました。そして、本元の「赤壁賦」は岩波文庫「蘇東坡詩選」を底本といたします。

岩波文庫によれば、本元の「赤壁賦」(正確には「前赤壁賦」となっています=蘇東坡が後日に詠じた「後……」があるからです)が、意味のまとまりごとに切ってあるので、これに歩調を合わせて「辟易賦」を並べて記載していきましょう。漢字の書き取り問題にしてしまうと面白みが味わえなくなる可能性があります。したがって、折々、読み問題限定ということにしましょう。

まずは出だしの一節から。

(赤壁賦) 壬戌の秋、七月の既望、蘇子 客と舟を泛べて、赤壁の下に遊ぶ。清風 徐ろに来って、水波 興らず。酒を挙げて客に属し、明月の詩を誦し、窈窕の章を歌う。


(辟易賦) 乙亥之秋八月既望、社主僕ト机ヲ並ベテ燭台ノ下ニ集ル、投書頻リニ来タツテ編輯終ラズ、紙ヲ展ベ筆ヲ握ツテ讒謗ノ律ヲ調ベ条例ノ文ヲ誦ス、


本家とパロディーがそれぞれいつのお話なのか?「壬戌」と「乙亥」が対比されています。

音読みは容易ですな。「ジンジュツ」と「オツガイ」。それでは訓読みで訓みましょう。十二支十干の訓みはマストです。



かたや「みずのえいぬ」、こなた「きのとい」。

すなわち、1082年(北宋の元豊5年)と1875年(明治8年)です。讒謗律が布告されたのが明治8年6月。この法律は、新聞や出版物で他人を誹謗中傷することを禁ずるもので、当時の言論界では言論の自由を奪うものと反対運動が起こりました。事実無根なら言うまでも無いことですが、事実に即したことでも明治政府や皇族の批判はダメだという点が引っかかります。

赤壁賦では「蘇子」、辟易賦では「社主」が主人公。「赤壁の下」が「燭台の下」に、「清風」が「投書」に、「徐に」が「頻リニ」にそれぞれ微妙に変換されています。蘇東坡が「明月の詩を誦し、窈窕の章を歌う」のに対して、柳北は「讒謗ノ律ヲ調ベ条例ノ文ヲ誦ス」というのですから、格調の高さを比べたら何とも対照的ですなぁ。。。

ところで、讒謗律の条文を見ておきましょう。う~ん、ここも問題にしておきたい箇所があります。2箇所だけ。


第1条 凡ソ事実ノ有無ヲ論ゼズ人ノ栄誉ヲ害スベキノ行事ヲ摘発公布スル者、之ヲ讒毀トス。人ノ行事ヲ挙ルニ非ズシテ悪名ヲ以テ人ニ加ヘ公布スル者、之ヲ誹謗トス。著作文書若クハ画図・肖像ヲ用ヒテンカンシ若クハ発売シ若クハ貼示シテ人ヲ讒毀シ若クハ誹謗スル者ハ、下ノ条別ニ従テ罪ヲ科ス。

第2条 第1条ノ所為ヲ以テジョウヨヲ犯スニ渉ル者ハ、禁獄3月以上3年以下、罰金50円以上1000円以下〈2罰并セ科シ或ハ偏ヘニ1罰ヲ科ス。以下之ニ倣ヘ〉。

第3条 皇族ヲ犯スニ渉ル者ハ、禁獄15日以上2年半以下、罰金15円以上700円以下。

第4条 官吏ノ職務ニ関シ讒毀スル者ハ、禁獄10日以上2年以下、罰金10円以上500円以下、誹謗スル者ハ、禁獄5日以上1年以下、罰金5円以上300円以下。




テンカン=展観。物を平らに並べて多くの人に見せること。展覧、展示とも。

ジョウヨ=乗輿。天子の乗る馬・乗り物、転じて天子、天皇陛下を指す。



以下、次回に続きます。兎に角、読み比べてその微妙な違いの諧謔性を玩わってみてください。成島柳北という元幕臣のジャーナリストとしてのセンスが髣髴とします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。