スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桑間濮上」と「太羹玄酒」の中間を心掛けよ=陸機「文賦」17

陸機の「文賦」シリーズ(明治書院「新書漢文大系26・文選<賦篇二>」)の17回目です。ここはすいませんでした。文脈の流れからいって「切り」が悪かったです。もう一度、前回の最後の続きから書きます。「或いは奔放して以て諧合し、務めて嘈囋として妖冶たり(奔放にして調子がよく、饒舌さと美麗のみを追求している)」といった文章について、「阿世(よにおもねる)の文章である」と断じます。

或いは奔放して以て諧合し、務めて嘈囋として妖冶たり。徒に目を悦ばせて俗に偶するも、固より高声なれども曲下る。防露と桑間とをア)る、又悲しと雖も雅ならず。或いは1)セイキョにして以て2)エンヤク、毎に煩を除きて濫を去る。イ)大羹の遺味をウ)き、朱絃の清氾なるに同ず。一唱して3)サンタンすと雖も、固より既に雅にしてエ)ならず。

1)セイキョ=清虚。さっぱりとして、何の私心もないこと。「清~」の熟語は、清夷(セイイ=賊を平らげて、その地を平和にする)、清婉(セイエン=きよらかでなまめかしい)、清介(セイカイ=清廉潔白で他人に影響されないこと、「介」は、ひとりだち)、清暉(セイキ=明るくてきれいな輝き、顔つきや風采のっとえ、山水の別称)、清瘦(セイソウ=やせてすらりとしていること)、清香(セイコウ=すがすがしい香り)、清灑(セイシャ=飾り気が無く、さっぱりしているようす、清洒=セイシャ=)、清醇(セイジュン=濁りもまじりけもないこと)、清晨(セイシン=きれいに晴れ渡った早朝、すがすがしい朝、清旦=セイタン=、清暁=セイギョウ=)、清爽(セイソウ=きよくさわやかなさな)、清談(セイダン=竹林の七賢らが行った魏・晋のころの老荘思想に基づく哲学的な談論)、清澄(セイチョウ=一点のくもりや、けがれもなくすみきっていること)、清泰(セイタイ=世の中がよくおさまってきよらかであること、清寧=セイネイ=)、清蹕(セイヒツ=天子の行幸などのとき、先払いをすること、先払い役、清道=セイドウ=)、清廟(セイビョウ=おごそかで清潔なみたまや)、清芬(セイフン=きよくかんばしい香り、転じて、人のすがすがしい人柄をいう)、清眸(セイボウ=すみきったひとみ)、清穆(セイボク=手紙で、相手の健康・幸福をいうことば、清祥=セイショウ=、清勝=セイショウ=)、清友(セイユウ=梅の別名、清客=セイカク=)、清冽(セイレツ=水がすんで冷たいこと)、清漣(セイレン=すんだ水の表面にたつさざ波)、清和(セイワ=陰暦四月一日)。

2)エンヤク=婉約。角立たず穏やかで、慎み深いこと。「婉」は「おだやかなさま、しなやかでかどばらない」の意。婉婉(エンエン=しなやかに、曲がりくねっているさま、すなおであるさま、まるみがあって美しいさま)、婉曲(エンキョク=柔らかく、かどだたないこと。遠回し、やさしくすなおなこと)、婉言(エンゲン=遠回しにいうことば、遠回しに言うこと)、婉然(エンゼン=しとやかでやさしく、うつくしいさま)、婉転(エンテン=まといからまること、しなやかで美しいさま、曲がりくねるさま、話しぶりが遠回しでおだやかなさま)、婉美(エンビ=しとやかで美しい、婉麗=エンレイ=)、婉娩(エンベン=おとなしく、すなおなこと)、婉容(エンヨウ=角立たず穏やかでおとなしいさま、しとやかな姿)、婉娩聴従(エンベンチョウジュウ=心がやさしく素直で、人の言うことに逆らわずに従うさま)。

3)サンタン=三歎。何度も感心してほめること、非常に感心すること。三嘆もOK。ここはその前の「一唱」と成句で「一唱三嘆」(イッショウサンタン)と捉えてほしい。すぐれた詩文を賞賛する、一度詠み上げれば何度も感嘆する意。ここの「三」は「たびたび、何度も」の意。もともとは宗廟の祭りで楽を奏するに当たり一人がうたうと、三人がこれに和してうたったことをいいます。一倡三歎、一倡三嘆とも書く。一読三歎ともいう。「サンタン」は「讃嘆」「惨憺」などに引っ掛からないでほしい。

ア)寤る=さとる。はっと気づく。「悟」に当てた用法。通常は「(目が)さめる」。音読みは「ゴ」。対義語は「寐」(ねる、ビ)。寤言(ゴゲン=眠りから覚めて独りごとをいう、忘れ難いたとえ)、寤生(ゴセイ=足から生れる逆子)、寤嘆(寤歎、ゴタン=目覚めて溜息をつく、忘れているのは眠っている間だけであるということ)、寤寐(ゴビ=目覚めることと眠ること、寝ても覚めても→日本語とが逆になることに要注意)、寤夢(ゴム=昼の出来事を、その夜、夢に見る、目覚めることと眠ること、≠護謨)。

イ)大羹=タイコウ。味のついていない肉汁。あっさりスープ。太羹とも書く。太羹玄酒(タイコウゲンシュ=規則のみにしばられた淡白で面白みのない文章のたとえ→「玄酒」は、古代、祭りに供える水のこと、色が黒く見えるから。太古には素朴で祭礼の時水を用いたが、後世になって酒ができてからからも水を供え玄酒といった)は必須四字熟語。「羹」は「あつもの=肉と野菜を入れて煮た吸い物」。懲羹吹膾(チョウコウスイカイ=あつものにこりてなますをふく)は基本四字熟語。

ウ)闕き=かき。「闕ける」は「かける」。かく、完全に備わっているべきものが足りない、また、除く。「欠」と同義。音読みは「ケツ」。闕文(ケツブン=あるべき字句がぬけおちている文章、文章中の疑問の字を、書かないであけておくこと)、闕如(ケツジョ=かけて不完全なさま、かけたままにしておくこと、さしひかえること、闕焉=ケツエン=、闕然=ケツゼン=)、闕本(ケッポン=そろっているべき巻数の一部がかけて完全にそろっていない書物、端本=はホン=)、闕漏(ケツロウ=かけて不足している部分、手落ち)、闕失(ケッシツ=あやまち、過失、かけてなくなる)。「闕」には「宮殿の門」「宮城」の意味もあるので要注意。

エ)豔=エン。「艶」の異体字。つややか、なまめかしい、エロチックであるさま。

或奔放以諧合,務嘈囋而妖冶。徒目而偶俗,固高聲而曲下。寤防露與桑間,又雖悲而不雅。或清虛以婉約,每除煩而去濫。闕大羹之遺味,同朱絃之清氾。雖一唱而三歎,固既雅而不豔。


【解釈】 ある場合は、奔放にして調子がよく、饒舌さと美麗のみを追求している。ひたすらに俗人の目を喜ばし、世間に迎合するものであり、評判は良くても品位には欠ける。「防露」や「桑間」のごとき、淫らな曲を思わせるものであり、人の心を悲しませることはできても、典雅なものとはいえない。またある場合は、すっきりと簡潔な文章で、無駄や余分を常に排除している。味付けをしない大羹ほどの味も無く、朱弦の瑟の響きのように単純である。一人が歌い、三人が応じるとしても、あまりにも典雅に過ぎて、豊かなつやに欠けているのだ。

ここで注目すべきは「防露與桑間」。「防露」と「桑間」は「淫らな曲」。このうち、「防露」は残念ながら手元の辞書にも掲載が無くネット検索でもうまいこと見つかりませんでした。「桑間」は「桑間濮上」(ソウカンボクジョウ=中国で世の乱れを反映したみだらな音楽をいう言葉)が由来。「礼記・楽記篇」に、「鄭衛の音は乱世の音なり……桑間濮上の音(イン)は亡国の音なり」とある有名な成句です。衛の国の君主・霊公が晋に赴く途中、濮水(ボクスイ)の上流のほとりで、桑林の間に琴の音を聞いたが、この譜を写し取り、晋の平公の前で演奏させたところ、師曠が「これは殷が滅亡を招いた音楽であるから縁起が悪いといってやめさせた故事があります。「鄭衛の音が具体的に何を指すかについては、詩経の鄭風や衛風だとする説や、鄭の国で盛んであった男女の歌垣の歌をいうなどの説があるが、むしろ、春秋戦国時代に、黄河中下流域の鄭や衛で栄えた都市文化に対し、古い農本的な心情をもつ儒家層の、反感をこめた言葉だと理解されよう」(世界大百科事典)とある。論語にも「鄭聲之雅樂ヲ亂スヲ悪ム也」とある。「濮上之音」(ボクジョウノイン・オン)、「桑濮之音」(ソウボクノイン・オン)とも書く。聊か長くなりましたが、表面上は聞こえがいいが内容の空虚な文章を陸機は亡国の曲に喩えています。品位が無いと。


それともう一つ。「太羹玄酒」のような、あっさりと味付けの薄い文章も今いちだといいます。飾りも修辞も何もない平淡な文章。瑟(おおごと)のように単純な音しか奏でられないかのようだ多くの人が唱和できても艶がない。難しいですね。ぎとぎとに飾りつけては迎合する淫らな文章だし、あっさりし過ぎても色っぽくないという。その中間がいいのでしょうが、そうそうやすやすと書きあげられるものではないですね。ここでは「桑間濮上」と「太羹玄酒」を是非とも習得し、文章を書く際はこの中間を目指すように心掛けましょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。