スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりと咲く蘭は蕭艾で清風吹くのを待っていた=陶淵明「飲酒」18

陶淵明の「飲酒」シリーズの18回目。岩波文庫の「陶淵明全集(上)」から。「荀子・勧学篇」に「蓬生麻中不扶而直」という言葉があります。「よもぎマチュウにしょうずればたすけずしてなおし」、つまり、曲がって生えるヨモギも、まっすぐに生える麻の中にまじって育つと、支えがなくても自然に真っ直ぐになるということです。明らかにいい意味ですよね。ところが、これ「蓬」と「麻」を入れ替えて逆にするとどうでしょう?「麻生蓬中不扶而曲」―「あさホウチュウにしょうずればたすけずしてまがる」、「ヨモギの中に麻を入れるとまっすぐに生えるはずの麻も曲がってきてしまう」。なんとまあ、ネガティヴなニュアンスになってしまいます。要は多勢に無勢。人は沢山いる中では個性を失ってしまうということですわ。迎合。便佞。阿付。淵明が最も忌み嫌ったことでしょう。だから彼は役人の道から早々に足を洗ったのです。こんなところにいるとおれがおれでなくなってしまうぞ。

「其十七」

1)ユウラン 前庭に生じ

薫りを含んで清風を待つ

清風 2)ダツゼンとして至らば

3)ショウガイの中より別たれん

行き行きて4)コロを失うも

道に任さば或いは能く通ぜん

覚悟して当に還るを念うべし

鳥尽くれば5)リョウキュウ廃てらる


1)ユウラン=幽蘭。

ひそやかにけだかく咲く蘭の花。「幽」は「かすか」とも訓む。蘭の花を形容する言葉です。蘭の花の別名に「幽客」(ユウカク)もあります。幽隠(ユウイン=俗世間から離れて人の目につかない所に隠れ住む、奥深く隠れた場所)、幽咽(ユウエツ=むせびなく、かすかに水の流れる音)、幽婉(ユウエン=奥深くしとやかなさま、上品で美しいさま、幽艶=ユウエン=)、幽花(ユウカ=人の目につかないでそっと咲く花)、幽襟(ユウキン=心中の深い思い、幽懐=ユウカイ=)、幽径(ユウケイ=人けがない静かで奥深い道)、幽篁(ユウコウ=奥深く茂った竹藪)、幽壑(ユウガク=奥深く静かな谷間、幽谷=ユウコク=)、幽愁(ユウシュウ=心の奥にある深い悩み・悲しみ、人知れぬ愁い)、幽賞(ユウショウ=静かに鑑賞すること)、幽人(ユウジン=俗世間を離れて静かに暮らしている人、幽子=ユウシ=、幽客=ユウカク=)、幽翠(ユウスイ=奥深く透き通るような草木の緑、幽碧=ユウヘキ=)、幽邃(ユウスイ=奥深く物静かなこと)、幽棲(ユウセイ=俗世間から離れて静かに暮らす、また、そのすまい、幽居=ユウキョ=、幽処=ユウショ=、幽栖=ユウセイ=)、幽探(ユウタン=静かな山林などをたずねること、幽討=ユウトウ=、幽尋=ユウジン=)、幽禽(ユウキン=山奥の深い所にすむ鳥、幽鳥=ユウチョウ=)、幽独(ユウドク=静かにひとりでいる)、幽眇(ユウビョウ=奥深く、微妙なこと)、幽馥(ユウフク=奥ゆかしい香り、幽香=ユウコウ=)、幽憤(ユウフン=心中の晴れない怒り)、幽蔽(ユウヘイ=奥深い所にあって物に覆われて暗いこと)、幽芳(ユウホウ=目立たない所に咲いた花、美人のたとえ)、幽夢(ユウム=ぼんやりとした夢)、幽冥(ユウメイ=物の姿がはっきりと見えず、くらいこと、冥途)、幽(ユウレイ=周の幽王と王)。ふ~っ。

2)ダツゼン=脱然。

今までの状態から、するりと抜け出るさま。病気、雑事、俗界のことなどを超越したような場合に用います。「脱~」の熟語は、脱穎(ダツエイ=才気が群を抜いてすぐれていること)、脱身(ダッシン=危険な状態からのがれ出る、わずらわしいことから抜け出して自由になる)、脱疽(ダッソ=生体の細胞や組織が死んで外界の空気に触れて腐ってとれていく病気、壊疽)、脱塵(ダツジン=俗世間をはなれる、脱俗)、脱胎(ダッタイ=他人の詩文の着想・表現などを少し変えて自分の詩文につくりなおすこと、換骨奪胎)、脱繆(ダツビュウ=文章の中の文字・ことばが抜け落ちたり、間違っていたりすること、脱誤=ダツゴ=)、脱易(ダツイ=性格やことばづかいが大雑把でいい加減なこと)。

3)ショウガイ=蕭艾。

ヨモギ。転じて、下賤な人、小人にたとえる。「蕭」も「艾」も「よもぎ」とも訓む。「蕭」には「心細い、ものがなしいさま」の意もあり、蕭颯(ショウサツ=細々としてものさびしいさま、蕭条=ショウジョウ=、蕭索=ショウサク=、蕭寂=ショウセキ=、蕭寥=ショウリョウ=)、蕭殺(ショウサツ=殺風景でものさびしいさま、冷たい雨や風が草木を枯れしぼませるさま、粛殺=シュクサツ=)、蕭瑟(ショウシツ=ひゅうひゅうと風の吹きぬけるさま、ものさびしいさま)、蕭牆(ショウショウ=君臣の会見所の周囲に設けた細長い塀、ある組織などの内部、内輪)、蕭蕭(ショウショウ=馬がいななく声の形容、ひゅうひゅうと風の吹きぬけるさま)、蕭牆之憂(ショウショウのうれい=うちわ、または身近に起こる心配事、内乱、内憂)、蕭森(ショウシン=樹木の多いさま、細い木がならんでものさびしいさま)、蕭然(ショウゼン=ものさびしいさま、いらいらして落ち着かないさま)、蕭疎(ショウソ=木の葉などが落ちてさびしげでまばらであるさま)、蕭騒(ショウソウ=わびしげで寒々としたさま)、蕭蘭(ショウラン=ヨモギとラン)、蕭郎(ショウロウ=女性が愛する男性、または夫をいう言葉)。

4)コロ=故路。

文字通り「もと来た道」。岩波文庫によれば、仕官したことを指すとありますが、本来歩むべき道と取れなくもない。「失故路」と用いられており、「一度は役人生活に入ったが、いまはもう捨ててしまったということ」。「コロ」という音から連想されるのは胡盧か頃(比)くらいですよね、意外に難しいかも。

5)リョウキュウ=良弓。

射術に適した性能の高い弓。あるいは、上手に弓をつくる人、弓づくりの名人。「鳥盡廢良弓」は、「史記・淮陰侯列伝」に見える故事成語である「狡兎死して良狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵さる」を踏まえています。成語林を見ますと、中国春秋時代末、呉の国を平定した越王勾践は勢威をふるうようになり、諸侯は勾践を覇王と称した。越の功臣范蠡は越を離れた。大夫である種(ショウ)に手紙を送り、「飛んでいる鳥が射尽くされると、よい弓は捨てて顧みられなくなり、すばしっこいうさぎが捕らえられ殺される尽くすと、猟犬は不用となり殺され烹て食べられる」などと言われる言葉を持ちだして「越王勾践の人柄からすると頸は長く口が鳥のようにとがっている。このような人物は苦難は共にできるが、楽しみを共有できる人物ではない。あなたはどうして越を去らないのか」としたためて、自分もいまに弓や猟犬と同じような運命にあるだろうと仄めかした。種はこれを読み、病気と称して朝廷に出勤しなかったが、「反乱の企てあり」と讒言に遭うきっかけともなり、勾践によって自殺に追い込まれた。役に立つ間は重宝がられるが、用済みとなると邪魔者扱いとなる。淵明は自分の人生と重ね合わせたのでしょう。

幽 蘭 生 前 庭
含  待 清 風
清 風 脫 然 至
見 別 蕭 艾 中
行 行 失 故 路
任 道 或 能 通
覺 悟 當 念 遷
鳥 盡 廢 良 弓



庭先に蘭の花がひっそりと、香気を含んで清風を待ちうけている。きらりと風が吹くと、それはゆかしい香気を放ってよもぎの雑草の中では見分けられるのだ。歩き続けるうちにもと来た道を見失ったが、「自然の道理」に身を任せるならば、おのずと前途は通じよう。迷いから醒めて、もとの道に戻ることを思うべきだ。鳥を獲り尽せば良弓は捨て去られる運命にあるのだから。

この首ではさまざまな淵明の思いが比喩的に表されています。なかなか含蓄に富んでいます。まずは「幽蘭」。「幽」とあるようにランは普段は目立たない存在の象徴です。でも香りはいい。ぐちゃぐちゃに生えているヨモギである「蕭艾」は役人連中を指す。そんなヨモギの中にいると、ランは全く何処にあるのか分からないが、さわやかな風が吹くと芳香が漂い、ああ、蘭の花はそこにある、と瞭然となるのです。この場合の「清風」とは何を寓意しているんでしょう。韓愈が言う所の「伯楽」。目利き。部下を見る目の肥えた上司。いかに才能があろうとも、ある組織で活躍するには上司の引きがない限りは無理でしょう。それが叶わないならば、組織から離脱するしかありません。風が吹かなかった「幽蘭」は仕官の道を歩むことを中断させたのです。

続いて「良弓」。さきほども解説しましたが、戦乱時には活躍する存在です。ところが、平時になるとその場がなくなってしまう。都合のいい存在。淵明は自らを「良弓」だとは考えていないでしょう。おそらく、役人を辞めた後、元の同僚たちがどんどん首を切られていく姿を目の当たりにしたのではないでしょうか。おれは自ら先に辞めておいてよかったと安堵したかもしれません。だから、そんな「良弓」だった彼らも俺と同じように前を向いて道を歩めばいいのだ。捨てられる前に捨てて俺を見習って……。出世や交際に齷齪とすることを放棄して、恬淡として自らの道を歩む淵明の「意地」が犇犇と感じられるフレーズです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。