スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴の形を量らず「ほぞ」を入れる=屈原「離騒経」8

中国の名文・美文を噛み締めるシリーズは、憂国の大詩人、屈原の「離騒経」(明治書院「新書漢文大系35 文選<文章篇>」)の8回目です。「古代の聖天子である舜に向かい、いにしえの賢明な君主と暗愚な君主の事跡について問いただす」という第七段の後半です。屈原が理想に掲げる「皇帝と臣下の関係」を述べます。公平無私に尽きる。


賢を挙げて能に授け、1)ジョウボクを脩めて頗(かたむ)かず。

皇天は2)シア無く、人徳を覧て馬に輔を錯く。

夫れ維だ聖哲にして以て茂行あり、苟に此の下土を用うるを得。

前を瞻て後ろを顧み、人の計極を相観するに、

夫れ孰か義に非ずして用う可けん、孰か善に非ずして服す可けん。

余が身を阽(あや)うして死に危(ちか)ずくも、余が初めを覧て其れ猶未だ悔いず。

2)サクを量らずして枘(ゼイ=ほぞ、木材と木材をつなぐのに一方に穴をあけ一方に突起をつくるが、その突起部分)を正せば、固に前脩も以て葅醢(ソカイ=肉の塩漬け)にせらる。

ア)ねて3)キキョして余鬱邑し、朕が時の当たらざるを哀しむ。

茹(ジョケイ=やわらかい草)を攬りて以て涕をイ)えど、余が襟をウ)して浪浪たり。


1)ジョウボク=縄墨。すみなわ、転じて、規則。また、物事の標準。縄矩(ジョウク)、縄準(ジョウジュン)ともいう。

2)シア=私阿。依怙贔屓。「阿」は「おもねる」。

2)サク=鑿。木材と木材をつなぐ、その穴。円鑿方枘(エンサクホウゼイ=物事がうまくかみあわないことのたとえ)から。「のみ」とも。

3)キキョ=欷歔。すすり泣くこと。「欷」も「歔」も「すすりなく」。唏嘘でもOK。漢検本番でも頻出の一品です。

ア)曽ねて=かさ・ねて。やや特殊な訓み。「かさねて」は「塁ねて、套ねて、申ねて、畳ねて、累ねて、荐ねて、複ねて、褶ねて、襲ねて」もある。

イ)掩えど=ぬぐ・えど。「掩う」は「ぬぐう」。やや特殊な訓み。

ウ)霑して=うるお・して。「霑す」は「うるおす」。音読みは「テン」。霑体塗足(テンタイトソク=苦労して働くこと)、「うるおす」はほかに、「潤す、沾す、洽す、浹す、涵す、湿す、膏す」がある。均霑(キンテン=ひとしく恩恵を与える)、霑汗(テンカン=にじみ出た汗)、霑濡(テンジュ=びっしょり濡れる)、霑酔(テンスイ=全身にしみわたるほど酔う)、霑被(テンピ=恩恵を施す)、霑露(テンロ=つゆ、つゆに濡れる)。

屈原が舜帝に自らの理想をぶつけています。「才のある者を登用し、正しい基準で偏りなく治世する。公平無私に、徳のある者を選び出し天子とする。補佐役も付ける。道義に反する者が天下を治めるはずがなく、ほとんど死にかけもしたが、初志を顧みるといまなお後悔の念は一切ない。塩漬けされても仕方がない。穴の形を確かめずにほぞを削って入れようとしたのだが、形があっていなければ納まるべくもない。それが私と帝との運命だったのだから」。もう少し早く生まれたいたら。。。屈原は後悔に咽び泣くばかりです。拭っても拭っても涙はさめざめと止まるはずもありませんでした。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。