スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山政権に贈る「個人あっての国家なり」=兆民「評論集」1

漢検直前演習問題シリーズは、久しぶりに中江兆民先生を取り上げましょう。2009年7月19日付の記事「続一年有半」21の最後で「兆民先生ありがとう、さようなら。また会う日迄…。。。。」と別れたのですが、再会する日が訪れたようです。今回は「中江兆民評論集」(岩波文庫)からランダムにピックアップします。これも余計な解釈、語釈は無しで行きましょう。以前も扱っているのでダブらないように注意が必要ですね(「category」欄の「中江兆民」で検索してください)。

やっぱ兆民先生はいいわ。歯切れがいい。語彙もまさに一級品です。本番演習にはもってこい。


本日は「国家の夢、個人の鐘」(P265~268)。

▼…「東洋自由新聞」「自由新聞」、今まこの「自由新聞」、自由の二字を冠むりたる新聞これまでに三箇生出せり。新聞は紙なり。「自由新聞」を発行するには皮肉ある自由なるべからず。皮肉ある自由とは人なり。即ち智慧ある、感覚ある、1)カンゼイをア)む、2)ケイダンを好む、3)タイカ高楼を喜ぶ、境遇を造作する、境遇に支配せらるる、至て強きかと思へば至てイ)(ろ)き、弱点と号する無形の気孔にて充たされたる、一言すれば神と悪魔とより愛せられて常々これが4)ガンロウブツとなる、一種不可思議の動物なり。彼れそれ自由を喜びて乃ち自己の総ての発達を喜ぶと同時に、ややもすれば他人の自由を害し他人の発達を害す。彼れ心ありて善く思ひ、口ありて善く言ひ、腕ありて善く書き、自ら迷ふに由つてもしくは他人を迷はさんと欲して、ここに即ち是を非とし非を是とし、自由の二字を把り来りその意義を去りて文字だけの物となし、この二字に冠むらすに極て不適当なる題辞を以てし、この題辞もて自由の意義を破滅し、しかる後天下に呼号して曰く、我らもまた自由主義を貴ぶ者なりと。主義的5)ゲンギ師なるかな。彼らが冠むらしたる題字は、早すでに自由の意義を破滅し去れり。残る所は題字のみなり。その題字は何といふか、国家、……国家とは音調佳き語なり、6)ギリシャ7)ローマ以来その音響8)リュウリョウたり。

1)カンゼイ=甘脆
2)ケイダン=軽煖(軽暖)
3)タイカ=大廈
4)ガンロウブツ=玩弄物
5)ゲンギ=幻戯
6)ギリシャ=希臘
7)ローマ=羅馬
8)リュウリョウ=瀏亮(劉喨、嚠喨、瀏喨)
ア)嗜む=この・む
イ)脆い=もろ・い

▼…国家なるものは、近時独逸二三学士の脳髄もて発明されたる9)シンキの品物にはあらず、亜当(アダム)□遏以来、盤古氏以来、国常立尊以来、この地球上到る処、10)オヨそ人類の聚まりて、多少法度の約束ありて、腕力の使用に幾分の紀律を置きたる団結をなして、乃ち社会の存する所ろの処には国家あり。国家……国家……さまでに脳を絞り喉を脹らし腕を張りて呼号せざるも、国家は今日まで存在し来れり。今後も存在すべし。国家はこれ数千年来の品物なり。国家てう文字もまたこれ数千年来の品物なり。
 斯抜答国中国家の声音11)インインたりし、国家の元素たる個人これがために犠牲となりし。ローマ国中国家の声音インインたりし、国家の元素たる個人これがために犠牲となりし。国家の声音、中古まで響き来りて個人の声音為めに百雷中の虫声にだも値せざりし。英吉利人先づ奮発して個人の声音始て発越し、仏蘭西人次に奮発して個人の声音益々発越し、12)ジライ欧洲大陸諸国においても個人の多数は常に自己の声音を発越せんと務めたり。ウ)墺地利の国家的宰相メテルニッキが国難を避けて英国に出走したるは、激発したる個人の声音に吹飛ばされての事なり。13)ケンソウ、エ)讙譁、14)キョウゴウ、15)トッカン、オ)麵麭と呼び米と呼び憲法と呼び革命と呼ぶ、忌はしき畏ろしき、筆にするさへ不祥なる、血の逬ばしる声、肉の飛ぶ音は、皆国家てふ過大の声音の反響なりと知らずや。

9)シンキ=新奇
10)オヨそ=
11)インイン=殷々(殷殷)
12)ジライ=爾来
13)ケンソウ=喧譟
14)キョウゴウ=叫囂
15)トッカン=吶喊
ウ)墺地利=オーストリア
エ)讙譁=カンカ
オ)麵麭=パン

▼…歴史もし功なくんば、実跡もし力なくんば、16)メイモク澄坐して想像の一能に依頼せよ。人なくして国あるを得べきか。英人をなくして英国をあらし、仏人をなくして仏国をあらし、独人をなくして独国をあらす、彼らの想像は能ふか、吾人の想像は能はず。国をなくして人をあらす、諸国境上の標木を取去るも諸国人民これがために一時に消滅すべしとは、吾人は想像せず、彼らは想像するか。
 政治学者に誤られたる政治家ほど、人を殺すものはあらず。
 極端と極端とを並べて見せる、頑人の夢を覚ます唯この一法あるのみ。
 彼ら満面得々然としていはん、政府の設け、兵馬の蓄へ、鉄道の布設、官立学校、皆これ国家的の表発にあらずや。国家的にあらざれば国家は保つべからずと。少く考へよ、カ)ぐことなかれ。割出すものと割出されるものと、実に実に少しの区別あり、少しなれども区別は区別なり。17)ゴウリ千里、新羅大唐。
 割出すものこれ個人、割出されたるものこれ国家、政府の設けは個人を安んずるがためなり。兵馬の設けは個人を護るがためなり。鉄道の布設は個人を運ぶがためなり。官立学校は個人を教ゆるがためなり。
 目的と手段と、貴君これを知れりや、大兄これを省せりや。個人これ目的なり、国家これ手段なり。国の中には人実に元素たり、世界の中には国実に元素たり。
 ここより以後は黄河万里の勢、千編筆すべし、万編論ずべし。

16)メイモク=瞑目
17)ゴウリ=毫厘(毫釐、豪釐)
カ)躁ぐ=さわ・ぐ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。