スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈園の白壁に題した「釵頭鳳の詞」=露伴「幽夢」3

幸田露伴の「幽夢」(講談社文芸文庫「運命 幽情記」)で漢検1級試験の直前演習問題シリーズの3回目です。話が断片的で分かりにくいかもしれませんが、陸游(務観)が母親の命で無理矢理別れさせられた旧妻と思わぬ再会というか、ちらりと見かけてしまったシーンからスタートです。

★心なつかしきア)疇昔の事、面はゆき即今の思、問ひもし問はれもし、語りもし語られもしたきことは、互のイ)に余るほどなれど、縁断えたる中、契破れし間なれば、芳魂いたづらに迷い乱れて、柔膓むなしく回り結ぼるゝばかりなり。女はしかも新しき夫に伴はれてなりければ、ウ)を出し眼を使ふことも叶はず、たゞエ)に明らさまに夫に語りて、酒殽を致し、心の奥を情無からずとのみ示して、1)ショウとして紅霧翠烟の外にオ)たりぬ。(「幽夢」P268)

1)ショウとして=として

ア)疇昔=きのうチュウセキ

イ)臆=むね

ウ)辞=ことば

エ)纔に=わずか・に

オ)距たり=へだ・たり


★花香は酒に入り、柳色は卓にカ)りて、人の情に春を賞づるの杯は挙げながら、孤蝶隻燕、恨おのづからに長く、務観は2)チョウゼンたること久しかりけるが、思ひ余りて釵頭鳳の詞をキ)りて園の白壁に題しける。

 紅酥の手、
 黄藤の酒、
 満城の春の色、3)キュウショウの柳。
 東風 悪しく、
 歓情薄し。
 一懐の愁緒、
 幾年の離索。
 錯、錯、錯。

 春は旧の如く、
 人は空しく瘦せたり。
 ク)の痕 紅浥んで 鮫綃透る。
 桃の花は落ち、
 池閣 ケ)なり。
 山盟は在りと雖、
 錦書もコ)け難し。
 莫、莫、莫。                  (「幽夢」P268~270)

2)チョウゼン=悵然

3)キュウショウ=宮墻(宮牆)

カ)逼り=せま・り

キ)為り=つく・り

ク)泪=なみだ

ケ)間=しずか

コ)托け=ことづ・け

★されば後に至りて陽羨の万紅友もこれを評して、此の詞精麗、俗手の能するところにあらずといへり。紅友また評すらく、此の詞、前に手、酒、柳の三の上声の字を用ゐ、後に旧、瘦、透の三の去声の字を用ゐたる、何ぞ其の心細かくして法厳なるやと。4)ソウソツの作といへども、才人の真情に出づるもの、心のサ)すでに妙なれば、声の響もおのづから清しきに至りたるなるべし。唐氏此の詞を得て、知らず幾5)コクの涙の珠を墜しけん、幾ほども無く6)オウオウとしてシ)身歿りけるとなり。(「幽夢」P270)

4)ソウソツ=怱卒(匆卒)

5)コク=

6)オウオウ=怏怏(怏々)

サ)香=におい

シ)身歿り=みまか・り



★沈園の7)カイコウはいかばかりか深く詩人の心に浸み入りけん、沈園の主は其の後易りけれども、務観の恨は長く遣りて尽きず。後また禹跡寺に登りて眺望せる時、詩を為りて言はく、

 落日に城の南 鼓角哀しみ、
 沈園も 復旧の池台に非ず。
 心を傷ましむ 橋の下の春の波の緑、
 曾て8)キョウコウの影を照らせるを見来れり。

と。(「幽夢」P270~271)

7)カイコウ=邂逅

8)キョウコウ=驚鴻
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。