スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「玉砕瓦全」小国が大国に臨む姿勢=「後出師の表」7

中国名文を噛み締めるシリーズは、諸葛亮の「後出師の表」(明治書院「新書漢文大系8 古文真宝」から)の7回目です。最後の疑問を投げかけます。それは国力。蜀と魏・呉の間にある永遠に埋まらないものです。だから、待っていてはダメだ。小国は大国に攻めていかなければダメなのだ。それがどんな結末を迎えようとも…。

【9】
今民窮し兵疲る。而も事はア)むべからず。事息むべからざれば、則ちイ)まると行くと、労費正に等しくして、ウ)きに及んで之を図らず、一州の地を以て賊と久しきを持せんと欲す。此れ臣の未だ解せざるの六なり。

ア)「息む」=や・む。表外訓み。やめる。とだえる、休止する。「熄める」と同義。息止(ソクシ=やむ、とだえること、休止)、息兵(ソクヘイ=戦争をやめること)。

イ)「駐まる」=とど・まる。表外訓み。じっとそこにいること。「とどまる」はほかに、「住まる、頓まる、停まる、淹まる、渟まる、紮まる、逗まる」。駐駕(チュウガ=天子が行幸の途中、乗り物を止めてその地に滞在すること、駐蹕=チュウヒツ=、駐鸞=チュウラン=、駐輦=チュウレン=)、駐顔(チュウガン=若々しい容色をいつまでも保つこと)、駐箚(チュウサツ=官吏が職務上の理由で任地に滞在すること、駐紮=チュウサツ=、駐扎=チュウサツ=)。

ウ)「蚤き」=はや・き。「蚤い」は「はやい」。時間的に早い。夙に。もちろん「のみ」の訓みも。蚤歳(ソウサイ=若いころ、年の初め)、蚤作(ソウサク=朝早く起きて働く)、蚤知(ソウチ=物事を早く知る、蚤見=ソウケン=)、蚤知之士(ソウチのシ=先見之明のある人、機を見るに敏な人)、蚤晩(ソウバン=はやうこととおそいこと、おそかれはやかれ)、蚤暮(ソウボ=朝と夕暮れ)、蚤夜(ソウヤ=朝早くから夜遅くまで)、蚤夭(ソウヨウ=歳若くして死ぬこと、わかじに、早死)。

人民の生活は疲弊し、兵士は戦いに困憊している。かといって、魏を討つ戦をやめるわけにはいきません。「則ち駐まると行くと、労費正に等しく」――。ここの言いぶりは面白い。坐しても地獄、進んでも地獄。労力も費用も同じならば、進んだ方が得ではないか。「踊る阿保に、見る阿保。同じ阿保なら踊らにゃ損損」。。。。ちょっと譬えは違いますが、コストが同じであるなら、よりリターンの得られる道を選ぶのが得策ではないかということでしょう。合理的だ。理に適っていると思います。彼の念頭にあるのは国力の差。「蜀の一州だけを以て魏と持久戦をしようとしている」。これが諸葛亮の疑問その六。そして、最も現実的な疑問でしょう。

先帝劉備の数次に及ぶ出兵は結果として蜀の国力を疲弊させました。それは想定の範囲内でした。三国の国力を比較しますと、魏が11州・93郡、呉が4州・43郡を支配下に治めているのに対して、蜀はたったの1州・22郡にすぎなかった。四川盆地は確かに肥沃な土地背景に豊かな作物が取れました。しかし、人口は少なく長期の戦争を維持するには限界がある。軍事力は“金食い虫”なのです。生まれながらにしての策士であり、軍事専門家である諸葛亮にとって、それらは基本中の基本。国力を比較して劣っているのを承知の上で、持久戦ではなく進攻策を采ろうとしたのです。

「玉砕瓦全」という成句もあります。砕けた玉は無傷の瓦より美しい――。名誉を重んじることはたとえ結果で死ぬこととなろうとも、徒らに生き長らえることよりは価値がある。まさに蜀国の在り様であり、取るべき「針路」を譬えた言葉と言っていいでしょう。諸葛亮にあったものは歴史観。漢王朝の復興。それは何と言っても、先帝劉備との固い絆で結ばれた約束。いや、宗教に近いものがあったかもしれません。諸葛亮の生き様ですね。

「ぼん、男なら潔く死ぬのもよかろうぜぇ~」。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。