スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「豆」と「萁」のバトル、軍配や如何に…?=世説新語

本日の「世説新語」からは「曹植」(ソウチ、ソウショク、192~232)のエピソードを取り上げます。明治書院「新書漢文大系21」(長尾直茂編)から。

前回、実の母親・卞太后が曹丕に対して「これ以上わたしの息子を殺させはしない」と言わしめた、その息子である「東阿王」のこと。曹丕、曹植とも卞太后の実の息子であり、つまり曹植は曹丕の弟。詩才に溢れた有能な人物とされ、多くの詩が残っています。曹丕はその才能をねたんで何とかして殺そうと画策したのです。

文帝、嘗て東阿王をして七歩の中に詩を作らしめ、成らざれば大法を行わんとす。声に応じて便ち詩を為りて曰く、豆を煮て持って1)アツモノと作し、豉(シ=みそ)を2)して以て汁と為す。ア)は3)フカに在って燃え、豆は4)フチュウに在って泣く。本同根より生じたるに、相煎ること何ぞ太だ急なる、と。帝深く慙ずる色有り。(文学篇66)

1)「アツモノ」=羹。肉と野菜を入れて煮た吸い物。音読みは「コウ」。懲羹吹膾(チョウコウスイカイ=あつものにこりてなますをふく)、羹臛(コウカク=野菜のあつものと、肉のあつもの)。

2)「コして」=漉して。「漉す」。「(紙を)すく」とも訓む。音読みは「ロク」。漉し餡(こしあん)、漉酒(ロクシュ、さけをこす)、漉酒巾(ロクシュキン=陶淵明は酒を好み、頭巾で酒をこして飲んだという)、漉漉(ロクロク=汗や血がぽたぽたとしたたるさま)。

3)「フカ」、4)「フチュウ」=釜下、釜中。「釜」は「かま」。釜竈(フソウ=かまとかまど、炊事道具)、釜中生魚(ふちゅううおをしょうず=貧乏)、釜中魚(ふちゅうのうお=長くはない命を譬える)、釜鬲(フレキ=かまとレキ、ともに物を煮たり蒸したりする道具)。

ア)「萁」=まめがら。豆の実を取り去ったあとの枝や茎。音読みは「キ」。萁稈(キカン=豆がら)。

【解釈】 魏の文帝(曹丕)はある時東阿王(曹彰)に七歩歩く間に詩を作れと命じ、もし出来なかったら極刑に処すると言った。東阿王はそう言われすぐに詩を作った。「豆を煮て羹とし、豉を漉して汁とする。萁はかまのしたで燃え、豆はかまのなかで泣いている。本は同じ根から生まれたもの同士なのに、どうして(萁は豆を)そんなにひどく煎り付けるのか」と。文帝は深く恥じる様子があった。

この逸話は兄弟の仲が悪いことを譬えた「煮豆燃萁」(シャトウネンキ)の基となっています。別名は「七歩の才」(シチホのサイ)、「兄弟鬩牆」(ケイテイゲキショウ)などともいう。「本同根より生じたるに」と曹植が言ったように、二人は血を分けた実の兄弟でした。

父親の曹操は文才豊かな曹植を愛しており、太子にしようと考えた時期もありましたが、結局は兄の曹丕が帝位を継ぎました。そのため兄弟間には帝位の継承をめぐる暗闘があったといい、曹植は曹丕の即位後は不遇を喞つこととなります。こうした状況から、紹介したような逸話が伝わる要因となったとみられます。

曹植が七歩歩む間に作った詩は「七歩の詩」と呼ばれ、「古文真宝前集」などにも収められています。同様の故事は「蒙求」巻下にも「陳思七歩」として載っております。偽作説や小説的な虚構だとする説も多い。

「三国志演義」第79回では話をエスカレートさせており、曹丕は七歩のうちに曹植が詩を作ったのに飽き足らず、さらに一首を「応声(即座に)」作れと命じています。これに随って曹植がたちどころに作った詩が、世説新語で出てきた「七歩の詩」とされるものです。正確に言うと「七歩の詩」とは別の詩ということになり、むしろこの詩は「応声の詩」とこそ呼ぶのがふさわしい。演義の作者・羅漢中も曹丕と同様、「七歩の詩」だけでは満足できなかったのでしょう。

それにしてもどうして「七歩」だったんでしょうかね?これが「三歩」とか「五歩」だったら曹植は詩を作ることができずに“思惑通り”に殺されていたかもしれませんね。とすると「七歩の詩」は残らなかった。この「七歩」というのがいかにも後世の人が作ったっぽい感じがします。

ちなみに、この詩によって曹植は死なずに済みましたが、その後も曹丕から迫害を受け、次々と難題を吹き掛けられて、結局は世に出ること無く不遇の生涯を終えました。このエピソードもダーティ王・曹丕のイメージを増幅するには格好の題材ですね。哀れな弟・曹植と対照的に描くことで今もなお三国志ファンに語り継がれているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。