スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字検定1級直前演習問題=露伴「幽情記」⑦

★趙子昂、名は孟頫(モウフ)、湖州の人なり。宋に仕へて真州司戸参軍となり、宋亡ぶるに及びて、至元二十三年を以て元に仕へ、五帝の優遇を得て、至治元年卒し、魏国公を1)ツイホウせらる。(「泥人」P213)

1)追封

★又初めて世祖に見えし時、神采2)カンパツして神仙中の人の如くなりしかば、世祖之を顧みて喜びて、右丞葉李の上に坐せしめたまひぬとなれば、風姿もア)(表外訓み)ならずめでたかりしなるべし。(「泥人」P214)

2)煥発
ア)なみ

★(藤田)東湖の書、其の若き頃のは、ほとほと趙氏に逼り、後のは猶微に松雪のおもかげを留むれども、3)ケイバツの筆致、つとめて文敏に異ならむとするやうに見ゆ。(「泥人」P214)

3)勁抜

★此人嘗て自ら其の書を論じて曰く。弱冠にして晋唐の人の4)カイホウを学びたりしに、皆似る能はざりき。松雪の香山の墨蹟を得るに及びて、其の円転流麗なるを愛でしが、稍之をまなべば、則ち已に真を乱るまでになりぬ。已にして乃ち之を愧ぢておもふやう、是たとへば正人君子を学ぶ者は、毎に其のイ)觚稜近づき難きを覚ゆれども、降つて5)ヒジンと遊べば、其の日に親しむを覚えざるがごとし、此心術壊れて手これに随ふなりと。(「泥人」P215)

4)楷法
5)匪人
イ)コリョウ

★松雪もまた晋唐の人を学べるなり、6)ジュウビのところはこれ有るも、未だ遽に目するに旁門7)ジャロを以てすべからず。(「泥人」P215)

6)柔媚
7)邪路

★趙松雪は古人に出入して、学ばざるところ無し、8)カンセン9)シンシャクして、おのづから一家を為す、当時誠に10)ドクゼツたる也。(「泥人」P216)

8)貫穿
9)斟酌
10)独絶

★松雪は正に是子孫の11)カホウを守る者のみ、之をウ)るに奴を以てするは、已に過ぎたらずや。(「泥人」P216)

11)家法
ウ)そし・る

★たゞ其の立論字形をして流美ならしむるを欲し、又エ)巧夫の12)テンシより過ぎたるより、古人の13)ショウサン廉断の処に於て、微しく足らずと為すのみ。(「泥人」P216)

12)天資
13)蕭散
エ)クフウ

★鈍吟は書法に14)ハクスイなり、是蓋し公平の言、穏当の議といふべし。(「泥人」P216)

14)博邃

★仰いで天を視、オ)して地に画し、土穴に居るもの、凡そ二十年、天下大に定まりて稍々土穴を出づるに及びても、自ら歎じて、カ)彎強躍駿の骨、而も佔嗶(テンヒツ)を以て之を朽ちしむ。(「泥人」P216)

オ)
カ)ワンキョウ

★15)ゲキリョに在りても、子をして夜学せしめ、キ)詰旦(宛字訓み)に至りて誦を成さゞれば杖を与へて警めしといふが、如何ばかり父として厳なりし人ぞや。(「泥人」P216)

15)逆旅
キ)あかつき→キッタン

★国亡びて後、身やうやく栄貴なりと雖、絶えて16)キョウマンの態無く、密に17)ソウソクの情有り、子昂の人品、また思ふべし。(「泥人」P217)

16)驕慢
17)愴惻→愴惻なら有り(親身になっていたみ悲しむ)惻隠之心、惻怛、惻楚、惻痛、惻憫

★故に後人邵復孺(ショウフクジュ)評して曰く、公は承平王孫を以て、世の変に嬰(かか)る、18)ショリの悲、情を忘るゝ能はざる者あり、故に長短句、深く19)ソウジンの意度を得たりと。(「泥人」P217)

18)黍離
19)騒人

★ク)竹榻を以てケ)き入れられて、強ひて之をコ)けて謝せしめらるゝに及び、則ち地にサ)れぬ。(「泥人」P218)

ク)チクトウ
ケ)・き
コ)たす・け
サ)たお・れ

★次日遽に帰り、後世をして或は妄に劉因が輩を以て我にシ)れりとせしめば、且死するとも20)メイモクせず、と歎ぜしかば、聞く者ス)れて舌を咋(か)みしといふ。(「泥人」P218)

20)瞑目
シ)まさ・れ
ス)おそ・れ

★子昂の夫人は、管氏、名は道昇、詩を善し、画を能くす。…おもふに管夫人の筆、世に猶存するもの稀ならざるべし。子昂は是の如き21)カグウを得たりければ、大官貴人の習として、22)ジショウあまた蓄へ有つべき国俗の中に在りても、第二房第三房など置かざりしかと思はる。(「泥人」P219)

21)佳偶
22)侍妾

★如何なる機にかありけむ、松雪も書斎の旦暮に伴ひて墨を研り箋を23)ツンザくの美人を得んことを思ひ、小詞をつくりて夫人に示しける。(「泥人」P219)

23)

★皆積水の中に在りて、草樹24)オウウツ、25)ダンシュして村落を成せれば、古詩の句の、気は蒸すセ)雲夢の沢といへるより其名をや得けんといふ者もあり。(「泥人」P221)

24)蓊鬱
25)団聚
セ)ウンボウ

★子昂と管氏と、26)コウレイの情の極めて篤かりしは、前に挙げたる如くなるが、舞袖といふ妾のありしことも伝へらる。(「泥人」P222)

26)伉儷
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。