スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蚌、明月を含む」と「滴水滴凍」=「碧巌録」で四字熟語抔

 本日の「碧巌録」は、「蚌、明月を含む」(ボウメイゲツをふくむ)と「滴水滴凍」(テキスイテキトウ)。

 「第九〇則 智門般若の体」の「本則」に次の件が見えます。

【本則】 挙す。僧、智門に問う、「如何なるか是れ般若の体」。〔通身影象無し。天下の人の舌頭を坐断す。体を用いて什麼か作ん。〕門云く、「蚌、明月を含む」。〔光万象を呑むは即ち且て止き、棒頭正眼の事は如何。曲は直を蔵さず。雪上に霜を加うること又た一重。〕僧云く、「如何なるか是れ般若の用」。〔倒退三千里。用を要して什麼か作ん。〕門云く、「兎子懐胎す」。〔嶮うし。苦瓠は根に連(いた)るまで苦く、甜瓜は蔕に徹(いた)るまで甜し。光影の中に活計(くらし)を作す。智門の窠窟を出でず。若し箇の出で来たるもの有らば、且道(さて)、是れ般若の体か是れ般若の用か。且く要す土上に泥を加うることを。〕

 「般若」とは「梵語prajňãに相当する音写語。知慧のこと」。

 「通身影象無し」は「(般若の体という)体全体の影も形も無い」。

 「蚌、明月を含む」は「蚌(カラスガイ)は仲秋の明月の光を浴びると真珠を孕むという伝承がある、ここでは、般若の知慧の光を体得することに喩える」。

 迂生の好きな晩唐の詩人に李商隠(いつか採り上げますよ)がいますが、彼の「錦瑟」という詩の中で「滄海月明らかにして珠に涙有り」という一節があります。古代中国では、真珠は海中の蚌から生まれ、蚌は月と感応し合って、月が満ちれば真珠が円くなり、月が欠ければ真珠も欠けると思われていました。また、仲秋の名月の時期になると、蚌は水面に浮かび、口を開いて月光を浴び、月光に感応して真珠が出来ると考えられていました。

 「兎子懐胎す」は「兎は仲秋の明月の光を浴びると懐妊するという、これも伝承がある、ここでは、般若の知慧の輝きを自ら発することに喩える」。


 「第九一則 塩官の犀牛の扇子」の「評唱」に次の件があります。


 …此れ皆な是れ下語(あぎょ)の格式なり。古人此の事を見徹すれば、各各同じからずと雖も、道得(い)い出だし来たれば、百発百中、須(かなら)ず出身の路有って、句句血脈を失わず。如今(いま)の人は問著(といつめ)れば、只管に道理計較を作す。所以に十二時中、人に咬嚼するを索め、滴水滴凍にして、箇の証悟する処を求めしむ。看よ他の雪竇一串(いっせん)に頌して云うを。

 「下語」は「コメントをつけること」。この場合は「ア」「ギョ」とそれぞれ唐宋音と漢音の組み合わせ。ちょっと難しい。

 「咬嚼」は「(その理屈のままに)咀嚼すること」。四字熟語では「咬文嚼字」(コウブンシャクジ)が想起されます。難渋な文章を嚙み砕いて翫わうこと。それが難しいこと。

 「滴水滴凍」は漢検四字熟語辞典には「滴水嫡凍」として掲載されています。「瞬時も気をゆるめないで仏道修行に励むこと」とある。ぽたぽたと間断なく水が滴り落ちるさま。「嫡」は直系の血筋の意味ですが、転じて、「ただちに・すぐに」という意味が派生。滴り落ちる水がすぐさまに凍結するように、一瞬の気の弛みも許さないことから。「嫡」を「テキ」と読むのは表外の音読み(漢音)で意外に珍しいですね。迂生は刱めて見ました。「よつぎ」という表外の訓読みがあり、本番ではこちらの方が狙われそうですね。しかし、漢字源を見ると、「チャク」=呉音、「テキ」=漢音とあり、両方とも一般的のようです。「嫡子」も「チャクシ」と「テキシ」、「嫡出」も「チャクシュツ」と「テキシュツ」のいずれもOKです。

 「一串」の読みは「イッセン」。「イッカン」でも良さそうですが、この読み分けは非常に難しい。「串」には「くし、つらぬく」と「なれる、気脈を通じる」という意味が在る。前者は「カン」、後者は「セン」とされますが、辞書によっては逆の場合もあり難しい。「串戯」(冗談・ギャク)は「カンギ」、「親串」(仲間)は「シンセン」。

本日のmixi日記転載四字熟語は次の通りです。

★「菟糸燕麦」(トシエンバク)、「菟葵燕麦」(トキエンバク)


 有名無実。役立たず。「菟糸」は「ねなしかずら」という草の名、「菟葵」は「いえにれ」という草の名、「燕麦」は烏麦のこと。「糸」があっても織れないし、「葵」と名が付いてもそのものを食べるわけでなし、「麦」とは名ばかりで飼料や緑肥にしかならないもの。。。いずれも字面はいいが、中身は大したことない見掛け倒し。。。ということのようですが、それぞれの植物そのものには辜はない。だって、人間が勝手に名前をつけただけでしょ。いい迷惑だぜ。。。ったくって零しているはずです。ちなみに「莵葵」は「いそぎんちゃく」の熟字訓もあり。「莵裘の地」は引退後に隠居する土地のこと。「於菟」は虎(但、楚の方言)。

★「頽堕委靡」(タイダイビ)


 身体や気力などが、しだいにくずれ衰えること。「頽堕」は崩れ落ちる、だらしなくなること、「委靡」は衰え弱る、ふるわないこと。「怠惰」と「萎靡」と間違え易いので注意。特に「委」と「萎」が間違える。「委」は「すてる」「曲がりくねったさま」。「紆余委蛇」(ウヨイダ)はうねうねと長く続くさま。


★「戴盆望天」(タイボンボウテン)


 二つのことを一度に実現させるのは無理だということ。「戴盆」は頭に盆を載せること、「望天」は天を仰ぎ見ること。頭に盆を載せたまま天を仰ぎ見ることは、、、、できませんわな。それぞれ別の動作であり、別の意味がある行為です。それぞれやればいいんです。何も危ない橋を渡るように同時にやらなければならない法はないと思います。時間的制約があるのなら、優先順位をつけて高い方を選び、のちのち時間的余裕ができたときにもう一つのことをすればいいんです。簡単なことです。身体は一つしかないんですから。若くはないんですから。。。


★「大惑不解」(タイワクフカイ)


 自分の心の惑いがわかっていない者は一生の間真理を悟ることができない。また、いろいろ疑い迷って、その疑問がなかなか解けないこと。「不解」を「不快」と書き誤るなと漢検四字熟語辞典にあります。出典は「荘子・天地」で、「其の愚を知る者は大愚に非ざるなり。其の惑を知る者は大惑に非ざるなり。大惑なる者は終身悟らず、大愚なる者は終身暁からず」。自分の愚かさをわかっている者は大愚ではなく、自分の惑いがわかっている者は大惑ではない。大惑のものは死ぬまでさとるときがなく、大愚のものは死ぬまで知恵がひらけない。世俗に諂りながらそれを自覚しない莫迦どもこそが、この大惑であり、大愚なのである。無知の知と言っていいでしょう。己の惑い、愚かさを知ることがすべての出発点です。それがあるから前に進めるのです。


★「打成一片」(ダジョウイッペン) →「碧巌録」で既出

 すべてのことを忘れて物事に専念すること。千差万別の事物の相を平等に観ずること。仏教語とあり出典はかの「碧巌録」なり。読みが注意で「打成」は「ダジョウ(タジョウもOK)」で、書きも注意で「イッペン」を「一編」や「一変」などと書き誤らないようにしましょう。


★「多銭善賈」(タセンゼンコ)、「多謀善断」(タボウゼンダン)


 資財や条件が整っていれば成功しやすいということ。「多銭」は元で・資本の多いこと、「善賈」は良い商いをする意。「多銭、善く賈(あきない)す」と訓読する。類義語は「長袖善舞」(チョウシュウゼンブ=袖が長いほどきれいに舞える)。出典は「韓非子・五蠹」で「鄙諺に曰く、長袖は善く舞い、多銭は善く賈うと。此れ多資の功を為し易きを言うなり」。世間の諺に「袖が長いと舞が上手い、銭が溜まると商売上手」というのがある。これは元手が十分だと仕事もしやすいことを言ったものである。足下の状態がしっかりしていないのにはかりごとが上手く行くわけがない。技を研こうよ、お金を貯めようよ。一方、「多謀善断」は「よくよく考えて、物事を巧みに処理すること」。「多謀」を「多望」「多忙」と誤まるなとの注意があり。「多○善●」のパターンで無理矢理一緒くたにしました。


★「断金之交」(ダンキンノマジワリ)


 非常に強い友情で結ばれていること。二人が心を同じくすれば金属をも断ち切ることができることから。出典は「易経・繫辞・上」で「二人心を同じくすれば、その利きこと金を断つ。同心の言は、その臭(かおり)蘭のごとし」。正しい心情の持ち主が二人して心を勠せれば、その鋭さは金鉄をも断ち切るほどであり、心を同じくする者の言葉は、蘭の芳りのようにかぐわしいものだ。類義語は多く、列挙すると、「断金之契」(ダンキンノチギリ)、「断金之利」(ダンキンノリ)、「管鮑之交」(カンポウノマジワリ)、「金蘭之契」(キンランノチギリ)、「膠漆之交」(コウシツノマジワリ)、「水魚之交」(スイギョノマジワリ)、「耐久之朋」(タイキュウノトモ)、「莫逆之友」(バクギャクノトモ)、「刎頸之交」(フンケイノマジワリ)。いずれも劣らぬ「男と男の堅い友情」です。


★「簞食瓢飲」(タンシヒョウイン)


 清貧に甘んじる譬え。わずかな飲食物。竹の器の飯と瓢簞に入った飲物。出典は「論語・雍也」で「賢なるかな回や。一簞の食(シ)、一瓢の飲(イン)、陋巷に在り。人は其の憂いに堪えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や」。弟子の顔回を頌めまくった孔子の言葉。他の人ならそのつらさに耐えられない貧乏生活だが、顔回はそういう中でも自分の楽しみを改めようとはしない。えらいえらい。サブプライムバブル崩壊に伴う貧窮生活が始まるのです、いや始まっているのです。其の中でいかにして生活を楽しめるかどうかがポイントになるでしょう。「簞食瓢飲」という言葉を嚙み締めましょう。「顔回簞瓢」(ガンカイタンピョウ)、「朝齏暮塩」(チョウセイボエン)などが類義語。

★「断薺画粥」(ダンセイカクシュク)


 貧乏に耐えて勉学に励むこと。「薺」はなずな(ぺんぺん草)、「断薺」はなずなをきざむ意。「画粥」は固くなった粥を四角く切ること。いずれも裕福な家庭では食べるものではない。出典は「范希文修學最貧、在長白山僧舍、煮粟二升、作粥一器、經宿遂凝、以刀畫爲四塊、早晚取二塊、斷薺數十莖、而之」という故事から。
 類義語は「車胤聚蛍」(シャインシュウケイ)、「蛍雪之功」(ケイセツノコウ)、「苦学力行」(クガクリッコウ)、「鑿壁偸光」(サクヘキトウコウ)など。春の七草も漢字で書けるようにしておきましょう。これを機に「芹、薺、御形、繁縷、仏座、菘、蘿蔔、これぞ七草」。秋は、、、いいよね。


★「断爛朝報」(ダンランチョウホウ)


 切れ切れになって、続き具合の分からなくなった朝廷の記録。ずたずたに千切れた官報。ここが注意で、また、「春秋」(孔子の表わした歴史書)を毀って言う言葉。出典は「宋史・王安石伝」で「春秋の書を黜けて、学官に列せしめず。戯れに目して断爛朝報と為すに至る」。北宋時代の王安石は、春秋が欠落の文章だと看做し、孔子の意図するものが罩められているものではないと断じた。這の辺りの春秋を運る学問の動向は奥が深く、迚も太刀打ちできません。これくらいで引き下がります。既報ですが「春秋筆法」「筆削褒貶」「微言大義」「皮裏陽秋」などのキーワードと共に、「断爛朝報」も知ったかぶりで覚えておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。