スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「託言がましい」…言い訳は無用よねぇ~〔芥川龍之介作品補遺シリーズ(from 「mixi日記」 of char)〕④

 芥川転載補遺シリーズの4回目です。今日は暑いねぇ~。blog更新している場合じゃないよねぇ~ 。

【煙草と悪魔】

 ●舶載(ハクサイ)

 「煙草は、本来、日本になかった植物である。では、何時頃、舶載されたかと云うと、記録によって、年代が一致しない。」

 →外国から舟に載せて運んで来ること。舶来。

 ●木犀草(モクセイソウ)

 「尤もアナトオル・フランスの書いた物によると、悪魔は木犀草の花で、或坊さんを誘惑しようとした事があるそうである。」

 →モクセイソウ科の一年草。地中海沿岸産。高さ約30センチメートル。葉は篦型。夏に黄白色の小花を総状につけ、芳香を発する。ニオイレセダ。

 ●恙ない(つつがない)

 「天文十八年、悪魔は、フランシス・ザヴイエルに伴いている伊留満の一人に化けて、長い海路を恙なく、日本へやって来た。」

 →病気がない。事故などの災難や心配事がない。「恙」は1級配当で「ヨウ」が音読み。「つつが」は「病気。心配事。わずらいごと」。「小恙」(ショウヨウ)、「微恙」(ビヨウ)、「恙病」(ヨウビョウ)、「恙虫」(つつがむし)。

 ●正物(ショウブツ)

 「この伊留満の一人に化けられたと云うのは、正物のその男が、阿媽港か何処かへ上陸している中に、一行をのせた黒船が、それとも知らずに出帆をしてしまったからである。」

 →ほんもの。まことのもの。

 ●曖々(アイアイ)

 「何故かと云うと、こののんびりした鐘の音を聞いて、この曖々たる日光に浴していると、不思議に、心がゆるんで来る。」

 →うすぐらいさま。「曖」は1級配当で「くら・い」。「曖昧糢糊」(アイマイモコ)。

 ●《肉豆》(まめ)

 「――掌に肉豆がないので、イワンの妹に叱られた程、労働の嫌な悪魔が、こんなに精を出して、鍬を使う気になったのは、全く、このややもすれば、体にはいかかる道徳的の眠けを払おうとして、一生懸命になったせいである。」

 →手足にできる肉腫。《肉刺》と書くのが一般的。

 ●《黄牛》(あめうし)

 「一人の牛商人が、一頭の黄牛をひいて、その畑の側を通りかかった。」

 →飴色の牛。上等な牛として尊ばれた。(古くはアメウジ)

 ●殺急(サッキュウ)

 「――何でございますかな。どうも、殺急には、わかり兼ねますが。」

 →早急の当て字でしょう。

 ●珍陀(チンタ)

 「この外にも、珍陀の酒をあげましょう。」

 →ポルトガルから舶来した赤葡萄酒。vinho tintoヴィーニョ・ティントの略。赤色tintoの葡萄酒の意。珍陀酒。

 ●救抜(キュウバツ)

 「して見ると牛商人の救抜が、一面堕落を伴っているように、悪魔の失敗も、一面成功を伴っていはしないだろうか。」

 →苦悩、貧困、汚濁から救い出すこと。


 【おしの】


 ●顴骨(カンコツ)

 「年は四十五六であろう。額の狭い、顴骨の突き出た、頬鬚の深い男である。」

 →両頰の上部、目の斜め下にある骨。頬骨。「ケンコツ」とも読む。「顴」は1級配当で「カン・ケン」。

 ●険(ケン)

 「いや、端正に過ぎる結果、むしろ険のあるくらいである。」

 →とげとげしさ。はらぐろさ。よこしま。「険相」(ケンソウ)、「陰険」(インケン)。

 ●怯ず怯ず(おずおず)

 「女はさも珍らしそうに聖水盤や祈祷机を見ながら、怯ず怯ず堂の奥へ歩み寄った。」

 →おびえたり自信が無かったりしてためらうさま。こわごわ。恐る恐る。「怖ず怖ず」と書くのが一般的。「怯」は準1級配当で「キョウ、コウ」が音読み、「おび・える」「ひる・む」が訓読み。「怯弱」(キョウジャク)、「怯惰」「怯懦」(以上キョウダ)、「怯夫」(キョウフ)、「卑怯」(ヒキョウ)。

 ●澱む(よどむ)

 「女はちょいと云い澱んだ後、今度は朗読でもするようにすらすら用向きを話し出した。」

 →物事がなめらかに進まず、滞る。「淀む」とも。「澱」は準1級配当で「デン・テン」が音読み、「おり」とも訓む。「澱粉」(デンプン)、「沈澱」(チンデン)。「おり」は「渣」「淤」「滓」とも書く。

 ●靡く(なびく)

 「大声に歌をうたいながら、織田殿の身内に鬼と聞えた柴田の軍勢を斬り靡けました。」

 →従わせる。服従させる。「靡」は1級配当で「ビ」が音読み。この場合は他動詞です。

 ●かごとがましい

 「それを何ぞや天主ともあろうに、たとい磔木にかけられたにせよ、かごとがましい声を出すとは見下げ果てたやつでございます。」

 →言い訳めいて聞こえる。不平がましい。「かごと」は《託言》。託(かこつ)けること。

 ●毒風(ドクフウ)、瞠目(ドウモク)

 「女は涙を呑みながら、くるりと神父に背を向けたと思うと、毒風を避ける人のようにさっさと堂外へ去ってしまった。瞠目した神父を残したまま。………」

 →当たると毒になる風。

 →驚いたり、感心したりして目をみはること。「瞠」は1級配当で「みは・る」が訓読み。「瞠若」(ドウジャク)。見張る。

 

【神神の微笑】


 ●降魔(ゴウマ)

 「オルガンティノは一瞬間、降魔の十字を切ろうとした。」

 →悪魔を降伏(ゴウブク)させること。すなわち、法力を以て仏敵、怨敵、魔障などを降ろし伏せること。

 ●篝(かがり)

 「彼は赤い篝の火影に、古代の服装をした日本人たちが、互いに酒を酌み交しながら、車座をつくっているのを見た。」

 →夜間の警備や漁猟に照明としてたく火。篝火。「篝」は1級配当で「コウ」が音読み。訓では「ふせご」もあり。「篝灯」(コウトウ)、「篝火」(コウカ)、「花篝」(はなかがり)。

 ●霰(あられ)

 「彼女の頸に垂れた玉は、何度も霰のように響き合った。」

 →空中の水蒸気が凍ってできる小さな粒。1級配当で「サン・セン」が音読み。「霰雪」(あられゆき)、「霰餅」(あられもち)、「霰弾」(サンダン)、「急霰」(キュウサン)。

 ●囁く(ささやく)

 「するとその時彼の耳に、こう云う囁きを送るものがあった。 『負けですよ!』」

 →小声でひそひそと話す。1級配当で「ショウ・ジョウ」が音読み。「囁き千里」=「囁き八丁」。「聶く」とも書く。


 【河童】


 ●昂然(コウゼン)

 「トックは昂然と言い放ちました。」

 →自信にあふれ意気盛んな様子。「昂」は準1級配当で、「あ・がる」「たかぶ・る」が訓読み。「昂じる」とも。「昂進」「昂騰」「昂奮」「昂揚」「軒昂」「激昂」「低昂」。

 ●辟易(ヘキエキ)

 「僕はもちろん辟易しました。」

 →手に負えなくて困ること。〔道を辟けて所を易える〕から。「辟」は1級配当で「ヘキ」「ヒ」。さける、しりごみするという意味。罪という意味もあり「大辟」(タイヘキ)、天子という意味では「復辟」(フクヘキ)。いずれも頻出の基本漢字。ほかに「招辟」(ショウヘキ)、「百辟」(ヒャクヘキ)、「鞭辟」「便辟」(以上、ベンペキ)。

 ●《嘔吐》(へど)

 「僕はその闇の中を僕の住居へ帰りながら、のべつ幕なしに嘔吐を吐きました。夜目にも白じらと流れる嘔吐を。」

 →通常は《反吐》と書く。「嘔吐」は「オウト」。「嘔」は1級配当で「オウ」「は・く」「うた・う」。「嘔血」(オウケツ)、「嘔心」(オウシン)、「嘔気」(オウキ)、「嘔啞」(オウア)、「嘔歌」(オウカ)、「嘔吟」(オウギン)、「嘔唖嘲哳」(オウアチョウタツ)、「《嘔吐》く」は「えず・く」で「へどを吐く、もどす」。

 ●獺(かわうそ)

 「ゲエルの説明するところによれば、河童はいつも獺を仮設敵にしているということです。」

 →イタチ科の哺乳動物。水辺に棲み、体は流線型で褐色。四肢は短いが、長い尾をもつ。指の間に水搔きがあり巧みに泳いで魚や小動物を捕食する。日本では四国の一部に少数残存。特別天然記念物。「川獺」ともかく。1級配当漢字で「ダツ・タツ」が音読み。正岡子規の命日(9月19日)を「獺祭忌」という。「獺祭魚」、《海獺》(らっこ)。

 ●剽窃(ヒョウセツ)

 「これはゲエテの『ミニヨンの歌』の剽窃ですよ。」

 →他人の詩歌や文章などをぬすんで自分のものとして発表すること。盗作、剽賊。「瓢」は1級配当で「おびや・かす」が訓読み。「剽捍」(ヒョウカン)、「飄疾」(ヒョウシツ)、「剽盗」(ヒョウトウ)、「剽略」(ヒョウリャク)、「剽劫」(ヒョウキョウ)、「軽剽」(ケイヒョウ)、「剽軽」(ヒョウキン、ヒョウケイ)。

 ●拝火教(ハイカキョウ)

 「それは基督教、仏教、モハメット教、拝火教なども行なわれています。」

 →火を神化して崇拝する信仰の総称。特に、ゾロアスター教の称。

 ●合評会(ガッピョウカイ)

 「会長ペック氏はこの時にあたり、我ら十七名の会員にこは心霊学協会の臨時調査会にして合評会にあらざるを注意したり。」

 →幾人かの人が集まって同じ問題や作品について批評しあう会合。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。