スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は虫だ!也有が注ぐ温かい眼差しの意味を知れ=「鶉衣」(25)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの25回目は、「百虫譜」(前編下四七、上巻213~229頁)を取り上げます。魚の次は虫です。われわれが日常目にする虫にほとんどを網羅していると言っていいでしょう。也有がこんな小動物にも温かい眼差しを注いでいるのはなぜなのでしょうか。単なる虫オタクではなさそうです。一番最後のくだりにそのヒントが隠れているようです。かなり長い文章ですが一挙掲載。問題数がいたずらに細かく多いので多少読みにくくなっていることをお許しください。できうれば岩波文庫で原文を改めて読み通して見ることをお勧めいたします。




A)■の花に飛びかひたる、やさしきものゝかぎりなるべし。それも啼く音の愛なければ、α)★にくるしむ身ならぬこそ猶めでたけれ、さてこそ荘周が夢も此物には託しけめ。只B)■のみこそかれにはやゝ並ぶらめど、糸につながれ、1)にさゝれて童のもてあそびとなるだにくるしきを、「あほうの鼻毛につながるゝ」とは、いと口おしき諺かな。美人の眉にたとへたるC)■といふ虫もあるものを。

子を持てるものは、その恩愛にひかれてこそ苦労はすれ。D)■の他の虫をとりて我子となす、老の行衛をかゝらんとにもあらず。何を譲らむとてかくはほね折るや。「我に似よ似よ」とは、いかにをのが身を思ひあがれるにかあらむ。「花に狂ずる」とは詩人の称にして、歌にはさしもよまず。2)ミツをこぼして世のためとするはよし。只人目稀なる薬師堂に大きなる巣作りて、掃除坊主をおびやかさんとす。それも針なくば人にはにくまれじを。

E)■は『古今』の序にかゝれてより、歌よみの部に思はれたるこそ幸なれ。朧月夜の風しづまりて、遠く聞ゆるはよし。古池に飛んでa)翁の目さましたれば、此物の事さらにも謗がたし。

F)■はたゞ五月晴に聞きそめたるほどがよきなり。やゝ日ざかりに啼きさかる比は、人の汗しぼる心地す。されば初蝶とも初かはづともいふ事をきかず。此物ばかり初F)■といはるゝこそ大きなる手がらなれ。「やがて死ぬけしきは見えず」と、此ものゝうへは、翁の一句に尽きたりといふべし。

G)■はたぐふべきものなく、景物の最上なるべし。水にとびかひ草にすだく。五月の闇はたゞこの物の為にやとまでぞ覚ゆる。しかるにb)貧の学者にとられて、油火の代にせられたるは、此ものゝ本意にはあらざるべし。歌にG)■火とよませざるは、ことの外の不自由なり。c)俳諧にはその真似すべからず

H)■は多きもやかましからず。暑さは昼の梢に過ぎて、夕は草に露をく比ならん。I)■といふせみは、つくし恋しともいふ也。筑紫の人の旅に死して此物になりたりと、世の諺にいへりけり。哀は3)ショッコンの雲に叫ぶにもおとるべからず。

J)■はたくみに網をむすんで、ひそまつて物を害せんとす。待つくれの歌によまれ、又は4)タイインの媒ともなりたれど、ひとへに5)カンゾクの心ありていとにくし。古代朝敵の始として、頼光をさへおびやかしたる、いと怖ろし。さはいへ6)ハイタクの荒れたる軒に、蝉の羽などかけ捨てたるは、いさゝかあはれそふ折もあらんか。かれはかひがひしく巣つくりてこそあれ、東海道にちりぼひたる宿なし者をば、J)■とはいかでいふやらむ。

K)■は腹だつものにたとへ、L)■はむつかしき親仁の号とす。背むし・吝むしは名のみして虫ならず。M)■といふは、虫にありてにくまれず、人にありてきらはる。

N)■の生涯は世の為に終り、O)■はたがために身をこがすや。P)■ははかなきためしにひかれ、7)タデくふむしは、不物ずきの謗となれり、さは俳諧するものを、俳諧せぬ人のかくいふ折もあるべし。

おなじ宝石の名によばれて、Q)■はやさしく、R)■はいやし。

S)■は明くれにいそがしく、世のいとなみに隙なき人には似たり。東西に聚散し、餌を求めてやまず。いつか8)カイアンの都をのがれて、その身の安き事を得む。さるもたよりあしきかたに穴をいとなみて、9)センジョウの堤を崩すべからず。

T)■は欧陽氏に憎まれ、U)■は長嘯子にあはれまる。

狗の歯に噛まるゝV)■はたまたまにして、猿の手にさぐらるゝW)■は、のがるゝ事かたかるべし。

W)■を千手観音と呼ぶに、X)■は梶原といへり。さるは梶原が異名なりや、X)■が異名なりや、先後今はしりがたし。

Y)■は只水に有べきものゝ、いかで草葉に遊ぶらん。家は持ちだれども、ゆく先々を負ひあるくは、水雲の安きにも似ず。

蛇・Z)■の足なくてもあるくべくば、甲)■・をさむしの数多きは不用の事なり。

乙)■の痩せたるも、10)オノを持ちたるほこりより、その心いかつなり。人のうへにも此たぐひはあるべし。

丙)■のあゆみにたとふべきものこそなけれ。たゞ原・吉原をβ)★にのりて、富士を詠めゆく人には似たり。

11)促織・鈴虫・くつわ虫は、その音の似たるを以て名によべる、松むしのその木にもよらで、いかでかく名を付けたるならん。毛生ひむくつけき虫にも同じ名有りて、松を枯し人にうとまる。一在所にふたりの八兵衛ありて、ひとりは後生をねがひ、ひとりは殺生を事とす。これまつむしのたぐひなるべし。

きりぎりすのつゞりさせとは、人のために夜寒をおしへ、藻にすむ虫は、我からと、只身の上をなげくらんを、丁)■の父よと呼ぶは、12)ヤモリの妻を思ふには似ず。されど父のみこひて、などかは母をしたはざるらん。

戊)■はにくむべき限ながら、さすが卯月の比、端居めづらしき夕べ、はじめてほのかにきゝたらむ、又は長月の比、ちからなくのこりたるはさびしきかたもあり。■屋釣りたる家のさま、■やり焼く里の烟など、かつは風雅の道具ともなれり。藪■は殊にはげしきを、かの七賢の夜咄には、いかに団の隙なかりけむ。

むかし銀に執心のこせし住持は、蛇となりて銭箱をまとひ、花に愛着せし佐国は、蝶となりて園に遊ぶ。そも俳諧に心とめし後の身、いかなる虫にかなるらん。花にくるひ月にうかれて、更行く行灯の影をしたひ、なら茶の匂ひに音を啼くらんこそ哀なるべけれ。




最後のくだりに出てくる「むかし銀に執心のこせし住持」と「花に愛着せし佐国」はともに物にこだわって虫になった人の代表格。前者は今昔物語、後者は鴨長明の発心集。強欲な僧侶が金を隠して死んだ後も、執念が現世に残って大蛇となった。佐国が花を愛して死後もあの世で花を賞で続けている。それでは俳諧にのめり込んでしまうとどうなるのか。どんな虫になってしまうのであろうかと也有は考えます。花に狂うのか。月に取りつかれるのか。夜更けに行灯の下で句作を練るのか。奈良茶づけの香りに鼻を鳴らすのか。俳諧師を虫に喩えているのです。よほどのリアリストですね。和歌のように美化することはしないのです。綺麗事を並べ立てることのなんと虚しいことか。俳諧とは生きることそのものを写し取ることなのでしょう。腹がすいたら音を鳴らして食べる。それすらも句にできるのです。身の周りに題材にならないものなど一つとしてない。下賤なものも下等なものも何でもに気を配り、心を遣り、極小の世界に落とし込んでいく。数々の貪生の虫たちに生きることの意味を見出すのはそれほど難しいことではないのかもしれません。それは自らの姿に過ぎないからなのでしょう。金にせよ色にせよ出世にせよありとあらゆる欲望も所詮は生きることの変化形。虫たちと何ら変わりない。改めて生きることの虚しさと楽しさを教えてもらったような気がします。以上です。



■A)~C)に適切な虫の名を入れよ。

■D)に入る虫の名を入れよ。漢字一字。

■E)には虫というよりは小動物の名が入る。入れよ。

■F)に入る虫の名を入れよ。

■G)に入る虫の名を入れよ。

■H)~I)には、セミの種類が入る。

■J)に入る虫の名を入れよ。漢字二字或いは二字。

■K)~M)には、「油むし」「芋虫」「毛虫」のいずれかが入る。それぞれ適切な虫を選択せよ。

■N)~P)には、「蚕」「火とりむし」「蜉蝣」のいずれかが入る。適切な虫を選択せよ。

■Q)とR)には、かたや「こがね虫」、こなた「玉むし」が入る。選択せよ。

■S)~乙)に入る虫名を漢字一字で記せ。但し、S)、T)、V)、W)は漢字一字、U)、X)、Y)、Z)、甲)、乙)は漢字二字。

■丙)には、虫ではなく海の生き物が入る。漢字一字で記せ。

■丁)には、虫の名が入る。漢字二字で記せ。

■戊)には、虫の名が入る。漢字一字で記せ。

■下線部a)は誰のどういうことを言っているのか、記せ。

■下線部b)は、蒙求の題名にもなっている有名な四字熟語がある。記せ。

■下線部c)はなぜか。記せ。

★αとβにはそれぞれ「かご」と訓む漢字が一文字ずつ入る。前後の文脈から適切なものを考えて入れよ。

問題の正解などは続き以下にて。

続きを読む

スポンサーサイト

魚は美味い!だから詠むのか?詠まないのか?=「鶉衣」(24)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの24回目は、「百魚譜」(前編下四四、上巻191~204頁)の3回目です。とにかく魚に綢わる故事来歴を交えながら魚を語ります。たくさんの漢字が出てきますので、熟字訓も含めて読めるのは勿論として、書けるかどうかをチェックしておく好機としましょう。

1)は鵜川の2)カガリビに責められ、3)ナマズは濁江の瓢簞におさへらる、比目魚は黒白に裏表をあらはし、4)ナマコは跡も先もなし。

歯にもたまらぬゑいの骨は何の為に持ちたるや、それも5)クラゲのなきにはまされるか。

こゝに蛸の入道は壺に入りてとらるゝこそ愚なれ。那智の滝壺ならば、文覚が行力をも伝ふべきを、一休の口にはほめられながら、まさなの法師の身の果かな。

かながしらといふ名のめでたくてぞ、産屋の祝儀にはつかはれ侍る。さるを石持といふものゝかね持ともいはゞ、世にいかばかりもてなされむを、益なき名をもちて口をしとや思ふらん。

6)キス・さよりはをさなき心地ぞする。大男の髭口そらしてくふべきとも覚えず。

7)ハゼはたゞ釣る比の面白きなり。里は砧に蚊屋しまひて、木曾に便よき人は、まだき新蕎麦喰ひたりなどほのめかされて、うらやましき比ならん。

8)ドジョウは酒の上に赤味噌ほどよく調じて、唐がらしくはへたるこそよけれ。白味噌がちなる大みや人は、いかに喰ふらんとさへ覚束なし。

9)フグとは先名のふつゝかなり。いかで無比の美味をそなへてあやしき毒をもたりけむ。その味ひと毒の世にすぐれたれば、くふ人を無分別ともいひ、くはぬ人を無分別ともいへり。

10)イワシといふものゝ味ひことにすぐれたれども、崑山のもとに玉を11)ツブテにするとか、多きが故にいやしまる。たとへ12)は田畠のこやしとなるとも、頭は門を守りて天下の鬼を防ぐ。其功、13)ワニ・鯨も及ぶべからず。

されば歌人は鳥虫に四季をわかちて、魚に四時の題詠はなし。俳人兼て魚を品題とするは、もつぱら味ひの賞翫を捨てざる故なり、しかれば歌よみは耳目の愛にとゞまりて、食は野卑なりとてとらざるに似たれど、「かの喰ふべき若菜をもつぱらによみて、菜の花のうつくしきを歌の沙汰に及ばぬは、喰はれぬ故によまざるにや、無下に口惜し」と人のいひたる、さがなき詞ながらおかしかりけり。


和歌に於いて春夏秋冬、それぞれの季節ごとに鳥や花を賞でていますが、魚を四季で分けて詠むことはないと也有は言います。俳諧の世界では魚を題材に取り上げるのはもっぱらその美味なる味を惜しむからである。鳥のさえずりや花の艶やかさだけを和歌の世界では第一とするのに対して、食べることや味はあまり取り上げないのに似ているかもしれません。生きる上で大切なはずの「食」ですが、歌に詠むのは「野卑」であるととらえているからでしょう。「かの喰ふべき若菜をもつぱらによみて、菜の花のうつくしきを歌の沙汰に及ばぬは、喰はれぬ故によまざるにや、無下に口惜し」とあるのは誰の言辞か分かりませんが、也有の壺に嵌まったフレーズのようです。「さがなき詞」とは「皮肉が効いている悪口」くらいの意味でしょうか。「若菜」は本来食べるもの、「菜の花」は本来美しいもの。しかし、和歌の世界ではもっぱら若菜ばかり詠んで菜の花を詠むことは少ない。本来逆ではないのかと揶揄している。和歌の世界の形式ばかりを重んじる堅苦しさをあざ笑うと同時に、俳諧の自由闊達さを誇っているのかもしれませんね。しかし、その俳諧の世界にも形式主義が訪れようとしているとの危惧も包含されているのかも。

続きを読む

「しら」か?「しろ」か?That's the question!=「鶉衣」(23)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの23回目は、「百魚譜」(前編下四四、上巻191~204頁)の2回目です。とにかく魚、魚、魚のオンパレード。それぞれに綢わる故事来歴や伝承を交えながら魚の特徴を綴ります。今回は趣向を変えてA)~L)に当てはまる魚は何かを考えながら読んでみてください。ノーヒントではありません。選択肢は【鯖・鱒・鰆・鮟鱇・鰍・鰻・鰹・鱈・白魚・鮭・鰤・鮒】を与えますので、この中からチョイスしてください。ダミーはないので仮に分からなくても素っ飛ばして分かる物から埋めて行くと、・・・・・・・・・・・、ほ~らなんとなく浮かび上がってくるでしょう?迷ったらあとはあなたの勘次第!漢字の問題は読みの3問だけ。いずれも平易です。




A)■は近江に洞庭の名をくらべたる、鯉に似て位階おとれり。名には紅葉をかざしたれど、鱠は春の賞翫となれり。

B)■は節饗の比もてはやされ、梅咲くころ世に匂ふ。

C)■は初秋に祝はれて、空也の蓮のはに登るは、後生善処の契もたのもし。

D)■は芥子酢の風味、上戸は千金にかえむとも思ふらむを、鎌倉の海の素性を兼好にいひさがされたる、いと口おし。D)■節となりては、木の端のやふにも思はれず、その梢とも見えずして、花の名をさへ世にちらしぬる。

E)■の唐めきて子細らしきに、つるし切とはいぶせくして、桀紂が料理めきたり。かれは本汁にゑらまれ、F)■はかならず二の汁の大将にて、1)搦手をぞうけ給はりぬ。

もしは文字の理屈によらば、紫の上にはG)■をめでさせ給ひ、中宮の御膳にはことにH)■をやめさせ給ひけん。

I)■は越路に名ありて其国の雪にも似ず、色は入日の雲を染めて、うるはしく照りたるこそいみじけれ。たまたまJ)■といふものも、その色はまけじとやいどむらんを。狭夜姫は石となり、山のいもはK)■となる。かれは有情の非情となり、これは非情の有情となれり。石となりて世に益なく、K)■となりて調法多し。

牡丹は花の一輪にて賞せられ、梅桜は2)千枝万葩を束ねて愛せらる。それが勝れりとも劣れりとも、更に衆寡の論には及ばず。L)■といふものゝ世にもてはやさるゝは、かの鯛・鱸の大魚に比すれば、今いふ梅桜の類と等し。しかるに国俗のとなへ異にして、しろ魚ともしら魚ともいへり。是いづれならんといふに、されば「しろ菊ともしろ鷺ともいはねば、しら魚といふこそよからめ」といへば、かたへの童のさし出でて、「いなとよ、世にしら猫ともしら鼠ともいふにこそ」とうちこまれて、3)に物定の博士しばらく黙然たり。


続き以下に正解と詳しい解説を載せています。あしからず。


続きを読む

寄ってらっしゃい!獲れたて新鮮な魚がより取り見取りだよ~=「鶉衣」(22)

江戸中期の俳人、横井也有の「鶉衣」(岩波文庫上・下巻、堀切実校注)シリーズの22回目は、「百魚譜」(前編下四四、上巻191~204頁)を取り上げます。この段は別名、「衆魚譜」とも言います。冒頭なんの前文もなくそれぞれの魚の説明が始まり、途中まとめもなく20種類以上が羅列されて、最後に魚の俳諧における題材としての特色について解説されて締めくくられます。俳諧師にとって魚をどう句に詠むのかといった思いなどを斟酌しながら読むのも面白いかもしれません。いずれも中国の故事、日本古典の来歴が盛りだくさんです。迚勉強になります。割と長編ですので都合3回に小分けして進めることといたします。

A)人は武士、柱は檜の木、魚は■とよみ置きける、世の人の口にをける、をのがさまざまなる物ずきはあれども、此魚をもて調味の最上とせむに1)トガあるべからず。糸かけて台に据ゑたる、男ぶりさへ外に似るべくもなし。しかるをもろこしには、いかにしてか、ことに2)ショウガンの沙汰も聞えず、是に乗りける仙人もなし。されば夷三郎殿も、他の葉武者には目もかけず、たゞ是にこそ釣もたれ給へ。

B)■を3)の司といふは、食味はなれたる理屈にして、さは是を料理せんと学びたる人は、むかし愚なる名をこそとゞめたる。

C)龍門滝にのぼらんとする魚有りて、おほけなくもα)大聖の御子にも、此名をからせ給へる。されば世の名声はかの鯛にも並ばむとす。かれはいかなる幸にかあらむ。味ひ美なりといへども、鯛の料理の品々なるにはにるべくもなし。4)乾物・5)炙物にせず、6)すましによろしからず、くずし7)カマボコに用ひがたく、塩にも調ぜず。只さし身・あつ物にとゞまるは、多能を恥づといひけんを、中々ほまれと思へるにや。昔平家に悪七兵衛景清と名乗りて、今民間には泣く子をも8)すべく、朝比奈・弁慶に肩をならべんとす。しかるに記録の上にしては、しころ曳の外はさせる働きなくて、只二郎兵衛も五郎兵衛もおなじつらなる侍なり、「いかに世に名のことごとしきぞ」と、ある人評したるものあり。β)かれたゞ七兵衛が類なるべし

D)松江の名産、我朝にも品くだらず。γ)張氏は是を秋風に思ひて9)シトを辞し、平家は是を船中に得て10)カンロに進む。進退いづれをかうらやむべき。




■A)~D)はそれぞれある魚(ただし魚でないものも含む)を説明したくだりである。それぞれ漢字一文字で記せ(ただしA)、B)は■に漢字が入る)。

■下線部α)は、誰のことか。

■下線部β)は何を言おうとしているのか、「かれ」「七兵衛」がそれぞれ何であるかに注意しながら、説明せよ。

■下線部γ)の故事に基づいた四字熟語とその意味を記せ。

まずは四種類。そのいちいちは解説を付けませんが、いずれも故事来歴を味わいながらその魚の特徴を彷彿とさせてみてください。もちろん、漢字も。。。

続きを読む

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。