スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも人はなぜ旅に出るのだろう?「哀しい性」か=「旅の心得」(4)・完

幸田露伴の「旅の心得」の4回目、最終回です(近代デジタルライブラリー所収、「露伴叢書」から)。露伴は20代のころからしばしば旅に出ています。突貫紀行はその嚆矢と言ってもいい。北海道・余市から東京まで徒歩と汽車を乗り継いだ。露伴叢書が発刊されたのが1902(明治35)年ですから、露伴三十五歳。これに「旅の心得」が採られているわけですから老生した露伴ではない。まだ壮年期。彼が旅をしたのは二十代三十代だったのです。そこで出くわした経験からうまれた理屈っぽい心得の数々。露伴は旅によって人生を生きるヒントを体得したようです。

一。木賃などに宿らんもまた興あるべく、間の宿の淋しく衰へたる宿なんどに一夜寝んもまた興あるべけれどおほかたは好き駅の名ある家に宿仮るを可とす。栄ゆる家は、おほかたA)■■(をんなをとこ)なども心利きて、1)ゼンブのものも2)アザらけく、よろづにつけて好き事多し。あやしきところに宿りて万一の事などあらんには、人必ず我を愚なりとて責めん。奇を好む心にのみ身を委せんは、なかなか愚なる事なり。

一。同行のもの三人以上なる時は、よくよく金銭出納の事など預め約束して定め置くを可とす。二日三日と日数重なりては人々我が好み好みになさんとて人のおもはくを省みるに及ばざるやうになるものなれば、口にまでは出さずとも心の中には互に謗りも3)りもするものなり。B)■■(おごり)を悦ぶ人あり、悦ばぬ人あり。酒を喫む人あり、喫まぬ人あり。4)ザレゴトいひてをんななど5)ナブるを興ありとおもふ人あり、苦々しと思ふ人あり。これらの人々共に旅するに当りては、年若きものほど多くは人を6)ハバカらず、世慣れたるものほど常に自ら克ちて、兎に角に右に立ち左に立ちて同じ山水にさまよふなれど、一日二日の中こそよけれ四日五日となりては心易くおもふことの増すにつけ飽かずおもふことも増し来て、酒喫まぬ人は酒喫む人を忌み、ザレゴトいふ人はザレゴトいはぬ人を嘲るやうになるものなれば、よろづの事に離れぬ関係ある金銭出納の上などには最初よりおろそかならぬ注意を下し置くを宜しとす。

一。旅日記は必ず其日其日に記すべし。一日怠りては次の日ひよいよ怠り勝のものなり。甚だしく疲れて筆を持つをだに堪へ難くおもはゞ、他日記臆を喚び出すに足るべきかどをなりとも記し置くべし。

一。旅にては旅の人を恐れよ。其土地の人は自己だによからぬ心持たずば左のみ恐るべくもあらず、たゞ旅の人に心せよ、悪き人といふべきほどの人ならぬも、旅にては良からぬことをするものとぞ聞く。まことに世の犯罪の中にて、土地の人の土地にて為せるは7)幾許もあらぬものなれば、然ることもあるべきにや。田舎人の東京にてしたゝかなる眼にあふ如きは多く此心得無きためなり。

一。旅にて見なれぬものを多く食ふことなかれ。生れて初めてかゝるものを食ふぞとて、したゝかに食ふが如きは、いと8)オコなることなり。

一。妻子兄弟父母などゝ旅したらんは、旅の中にても勝れて楽しき旅なるべし。たゞし少しの路なりとも徒歩にて行かんなどゝ思ふ時は、一行の中の最も弱き人の脚の左のみ自ら勤めて歩み得べきほどを尺度にして、歩むべき道程の心算をすべし。此の注意足らざる時は大に愉快を少うすることの湧くものなり。ゆめゆめ我を以て人を律するなかれ。

以上は皆我が自ら愚なる実験(ためし)を積みて得たることなり。旅の心得めくもの書きてよとの特にオコがましとは知りながら、かくはしるしぬ。





■和訓語選択
A) 「をとこをんな」→ヒボク・ワボク・コボク・ヨボク・トボク
B) 「おごり」→シャジ・キシャ・シャシ・シシャ・ジシャ

いずれもさもありなんと首肯させられるものばかりです。旅日記は毎日その日の片付けよ。三人以上のかしましい旅も楽しいですが、お金の事となるとトラブルのもと。最初にルールを決めておくのは得策です。人間関係が拗れるのも旅先特有の事象ですから。ドラマを演じたくなる人間の哀しい性です。旅先では旅人にこそ要注意するべきだ。これも哀しい性。見慣れないものをたらふく食べるのは挑戦的ですがやはり哀しい人間の性。家族旅行も楽しいが、自分のペースでは進んではいけない。一番弱い人に目盛りを合わせなければ、台無しになってしまう。家族の人間関係が壊れてしまっては一体全体何のための旅行なのでしょう。

総じて見ると、旅というものは人間を試すものと言えないか。これまで歩んできた人生で学んできた応用問題を解くのに等しい。自分の環境適応力をも見る。合格点に自信がないのなら旅などしない方が得策かもしれません。わざわざ辛い目に遭う必要はない。それでも人々は知らない土地に憧れ旅に思いを馳せるのは何故でしょう。哀しい性です。当時は交通機関も発達していないのに、歩いて何日をかけてでも飛び出した。命懸けとまでは言わないが、無謀な旅も多かった。哀しい性です。旅によって何を得るのか。この紀行文シリーズではこの哀しい性の本質について考えていければと思っています。

問題の正解は続きにて。。。



続きを読む

スポンサーサイト

腹七分目が丁度いいペース、人間関係もね…=「旅の心得」(3)

幸田露伴の「旅の心得」の3回目です(近代デジタルライブラリー所収、「露伴叢書」から)。旅先の恥は搔き捨てとも言います。日常を脱出したがために平生と違った振舞いをしがち。特にお金の使い方が荒くなったり、しみったれたりする。お金の価値は変わらないのだから、下手に使うと手痛い竹篦返しを食らうのです。露伴先生(翁はやめます)は自らの失敗談を基に敢えて旅の箴言を認めています。今回も数々のお言葉が陳ねられています。


一。旅に在りては、みだりに他人の事に関はること勿れ。思ひのほかなることの出来て身を1)退かんにも退きがたく、心にもあらず時日金銭を費し心を苦めては已みがたきことに遇はんも知るべからず。すべて我が予想もせざりし事に深く立入らんは、面白きことに遇ふ源ともなるべけれど、好ましからぬことに遇ふ源となるかた多しと知るべし。

一。脚を傷めては旅の興を失ふこと極めて大なり。2)マメといふものは、皮の擦れて熱するより生ずるとおぼし。心して生ぜざる前に防ぐべし。人によりては、これの生じやすき皮膚を有てるものありと見ゆ。既に生じたらんには、睡る前に先だちて、飯糊に煙草の灰宝丹などを練り交ぜ、厚く紙につけて貼るべし。靴ずれは、木綿の靴襪を用ゐるか、毛糸のにても汚れ3)アカづきたるを用ゐるより生ずるものなり。これも予め防ぐべし。石鹸(しゃぼん)を解きたるを靴襪にも足にもしたゝかに塗れば、まさに靴ずれの生ぜんとするをも防ぐ功あり。既に生じたるには、また例のマメを治する法を用うべし。マメ靴ずれなど足にありては歩むことを4)イトふのみに心取られて、彼の名高き付句にいへる如く、5)サンリと聞いて行かぬ松島といふやうなることにもなるものなり。

一。奇を好むに過ぎて、あらぬ路などに踏み入らむこと然るべからず。我のみならむには猶可なり、ゆめ他人と共によしなき山中などにさまよふべからず。

一。旅にては酒を過ごすとも大抵二日酔などはせぬものなり。されど多く用ゐんは愚なるべし。特に午の休憩に酒を多く飲まんは、おもしろからぬ事を生ずる源たるべし。心すべきなり。

一。十分の力を用ゐて路を貪り行かんは風雅も薄く心も忙しく無下に拙き旅の仕方なり。旅にては常に七分の気力を用ゐて三分の気力剰し置くべし。十里行くべきを七里行きて宿り、五里歩むべきを四里歩みて休むほどにすれば、心もゆたかに身も苦まぬまゝ見ることも聞くことも自然詳しく6)やかになり、旅行の興も多く益も多く、また万一の事起るとも気力乏しからねば能く之に応ずるを得べし。然るに我が気力の有らん限りを費さんには、事に当るに余地といふもの無ければ、おのづから万般(よろづ)の事を7)くのみおぼえて見るも聞くもおろそかにするに至るべく、また万一の事など起らんには精神まづ8)イビして身もまた変に応ずるに堪へざるべし。朝に多く語る人は夕に勢ひ弱るものなりと旅に慣れたる人は言ふ。味ある言なり。




旅先ではむやみに他人と関わろうとしてはいけない。旅は脚が命。まめや靴ずれは厳禁。怪しげな場所に足を踏み入れてはいけない。酒も大概にして二日酔いはもってのほか。100%全開で歩くな。70%くらいがちょうどよい。朝方からしゃかりにきなって元気な人は夕方には一挙にしおれるもの。ペース配分を一定に一日は二十四時間、万人に平等にあるのだから。

旅は非日常を演出するものです。知らない土地で知らない風景や人間と出あう。それが醍醐味。かといって一生そこで暮らすわけではない。いわば一見。冷やかしと言ってもいいかもしれません。だから、一定の距離を保つことが肝要だと露伴先生は考えている。その距離感こそが長続きの秘訣なのです。不即不離。70%というのはいいところでしょう。これは旅に限らないかもしれません。人と人の付き合いにも当てはまる。べったり突っ込んでしまうといいときはいいが、いったん拗れるともう戻れない。70%くらいの付き合いが長続きする。特にblogなどネットの世界は顔が見える付き合いではないからより一層そう思えますね。

旅の心得はもしかしたら人生の心得かもしれません。

問題の正解は続きにて。。。



続きを読む

お金は使い過ぎても惜しみ過ぎてもダメ!そのバランスがポイントです=「旅の心得」(2)

幸田露伴の「旅の心得」の2回目です(近代デジタルライブラリー所収、「露伴叢書」から)。事前の勉強は俄かに成ることはありませんが注意は怠らないようにするがいい。旅を重ねた露伴翁の箴言だからこそ真摯に耳を傾けましょうね。今回も準備万端遺漏なきことを説きます。


一。学問は急に如何とも為しがたし。されど注意といふことは、我が心の置きかたにて、深くも浅くもなるべければ、旅にありては、如何なる物にも事にも勤めて深く注意すべし。注意は知識を生ずるやがてに其人を趣味豊なる人となして、すべての事物につけ興を多からしむるものなり。学深くとも注意だに深くば、旅はなかなか興多くして、しかも其人旅したるがために少からぬ利をば得んこと疑あるべからず。

一。旅立たんとする前、地理の大概は必ず1)め知らざるべからず。次に行く手の地方の気候をよくよく問い2)して衣服など相当の準備すべし。開けたる御世なれば、如何なる山の奥にても困ずるやうのことは有るまじきなれど、地方気候といふことに心づかで何の準備も無く立出でたらんは、聊か愚なるに近くして、しかも或は悔あるべし。次には大概の道づもりをなすべし。何日我家を出でゝ何の路を取り、那里(いづく)に至り、何日帰るべしとの心定めは、如何なる心まかせの旅にも、大概は無くて叶はぬことなり。道づもりは、我が一日斯ばかりは歩み得べしと思ふ道程より二割ほどを減きて3)るを可とす。我がおもふほどは歩めぬものなり。一日に十里を行き得べしと思ふ人の常ながら、遊覧の旅なるに日々十里づゝ歩まんは、聊か苦かるべし。日に行くこと八里と算らんには大なる過無なるべく、戦時の定めの里程に則りて六里と算らんには安全なるべし。また次には、携ふべきものゝ品々を遺漏(おち)なく考へ定めて準備(そな)ふべし。こは行かんとする地方の状態により、また我が取るべき身の体裁とにより、取捨に大なる差異あるべけれど、まづ、手拭ひ、小風呂敷、半紙、筆、小硯、小刀、歯磨粉、楊枝、時計、地図、外用薬(つけぐすり)、興奮性の内用薬(のみぐすり)の例へば宝丹の如きものなどは携へては叶はざるものなり。穿きかへの4)靴襪    )、若くは足袋、5)ジュバン、若くはしやつなども少し長き旅には携ふるを可とす。雨具は紳士風の旅をせんには余り用無けれど、学生風の旅せんには油紙など其準備として携ふるをよしとす。婦人など同行して、おのれ一行を保護すべき任を帯びたる時、短銃の類を携へ居らざらんには、万一不孝の起りたる時、心くばり足らざる人との謗(そしり)を避くるに路なかるべし。

一。旅に在りては、みだりに銭を使ひて人に誇るやうなることすべからず。末には愚なることの湧き出づるものなり。また余りに物惜しみすべからず。少しの金をもて大なる便を得、または良きものを得んとするは、甚だ愚なることなり、悔無くては已むべからず。渡舟賃を払ひて剰銭(つり)を其まゝになしつ顧みざるが如き振舞するは、悪き車夫などの眼をそばだゝすことゝ知るべく、また大概の定めを越えて値低く馬車などを僦はんとするが如きは、脚に病有る馬に乗りて6)岨路に墜とされ、車の前蔽ひ無くして泥を浴びせらるゝなどの事に遇ひ勝ちなる基なりと知るべし。金銭を正しく使はんことを特に旅にありては心掛くべきなり。




三つ目の箴言は現代でも即通用する。旅先では人々は強気になるか弱気になるかのどちらか。つまり、日常から解き放たれ平生と同じではなくなるのです。だから、「みだりに銭を使ひて人に誇るやうなることすべからず」。気分が大きくなっていつもより散財すると、「末には愚なることの湧き出づるものなり」。一方、「余りに物惜しみすべからず」。ケチも度が過ぎると「少しの金をもて大なる便を得、または良きものを得んとするは、甚だ愚なることなり、悔無くては已むべからず」。

露伴翁はそれぞれ具体例を挙げております。まず前者。「渡舟賃を払ひて剰銭を其まゝになしつ顧みざるが如き振舞するは、悪き車夫などの眼をそばだゝすことゝ知るべく」。釣りは要らないよなど大盤振る舞いをすると悪意のある者がむくむくと悪さ心を湧きおこらせる。「あ、こいつは鴨だ」と。そして、後者。「また大概の定めを越えて値低く馬車などを僦はんとする」。ちょっとけちって安い馬車に乗ったが最後、「脚に病有る馬に乗りて岨路に墜とされ、車の前蔽ひ無くして泥を浴びせらるゝなどの事に遇ひ勝ちなる基なりと知るべし」。安物買いの大損はいつの時代も同じです。日常と違う旅だからこそ「金銭を正しく使はんことを特に旅にありては心掛くべきなり」。まさにおっしゃる通りです。旅は人々の心を狂わせてしまうのですから。

続きを読む

ご立腹気味の露伴翁、「旅の心得」を拝聴しよう

GW闌ですが、今年の場合は東日本大震災に伴う「自粛ムード」が蔓延しているせいか、忙中有閑、労働者の解放感は聊か白々しい感じがします。どこかへ旅行、遠出と考える人も少ない。とにかく今、人々は動かない、いや、動けない。俄かボランティアという趣向もありますが、被災地復興を祈念しつつこんなときこそ、先人の文章を味わってみる好機ではないでしょうか。自分が旅に行かぬのなら、先人の記録を辿り、行った気になる、もしくは将来、行くためのインプットをしておくのも悪くないでしょう。一生自粛するわけにはいかないのだから、一歩後退二歩前進、かの「易経」でも「尺蠖の屈するは以て信びんことを求むる」とも言うではないか。。。

予告通り、紀行文シリーズは続行です。明治期の「紀行」という斯界に君臨した大物と言えば誰を想起しますか?迂生は敢えて「重鎮」と称しました。大町桂月、饗庭篁村、田山花袋の名も挙がるでしょう。もちろん遅塚麗水も。おそらく異論もあろうかと思いますが、重鎮と言えばこの人、幸田露伴先生を挙げざるを得ません。

「突貫紀行」が有名でしょうか。明治二十(1887)年、二十歳の時、北海道余市の電信局を脱出し着の身着の儘函館から青森、福島・郡山まで歩き続けました。文学への思いが棄てられなかったのです。九月二十九日命からがら東京に辿り着きました。道中、「里遠しいざ露と寝ん草枕」の句を得て「露伴」の号が生まれたというエピソードはご存知の方もいるでしょう。「突貫紀行」なら文庫本にもあって手頃な長さで面白いのですが、髭鬚髯散人之廬はマニアそのもののblogです。容易にアクセスできるものはなるべく敬遠するのが真骨頂。そこで、近代デジタルライブラリーを左見右見眺めてみました。

すると、「露伴叢書」(ここ、検索で「露伴叢書」と入れてください)中でちょっと面白い随筆が目に留まりました。「旅の心得」。何歳の時に認めたものなのかは判然としませんが、理屈っぽい文体からするとかなり老生したころの説教文かもしれません。旅をすることの価値観がいきなり書かれています。しばらく露伴翁の戒めに従うこととしましょう。其の後、数々の紀行文に当たることとします。


【旅の心得】

 
一。旅して口惜しきは、我が1)を2)つこと少なきことよりも我が学を積めることの未しきなり。歴史に詳く通じ居らんには、わづかに3)れる古の河の流れ、城の4)、或は破れたる寺、頽れたる塚なんどに臨みても、限りなき感を起し、人知らぬ興をおぼえて、身にしみ心に留まる事も多かるべきを、何事のありし処とも知らで、我が学の疎きまゝ趣味も無く、5)ワラジのみ数多く穿き破りて、そこそこに通り過ぎなんは、口惜しきことの一つならずや。地理を熟く知らんには、路の6)ツウソクをも難易をも胸に7)るものから、日暮に猶宿るべきところを得で迷ひありくなどいふ愚しきめにも会はず、たゞわづかのA)■■(まはりみち)せざりしため惜き名勝を見遺すといふなる事も無く、よろづに付けて心たしかに便多かるべきを、地理に暗きため、あらぬ心づかひをなし、良からぬものに欺かるゝなど、口惜しきことの限りなり。草木8)キンジュウにつきての智識乏しきも、すべての物を大様にのみ見て過ごすほどに、異なる郷の珍らしき9)カキンを眼にしながらたゞ紅き花咲き居たり白き10)翔け居たりとばかりおぼえて、何一つ明らかに識るといふこと無く、後に人に問はるゝことなどあらん折、知らず知らずとのみ答へんは、これまた口惜からずや。農工の事につけても、画彫物の道につけても、すべて我が学浅ければ我が趣き乏しきまゝ我が興も薄く、千里の路を行きて疲勢(つかれ)のみおぼえたらんは悲しからずや。無学にして旅するは、たとへば夜行くが如く、すべての美しきものをも認めずして過ぎん。


和訓語選択。
A) 「まはりみち」→アロ・イロ・ウロ・エロ・オロ・カロ・キロ・クロ・ケロ・コロ

漫然と観光地に足を踏み入れることが旅ではないという。歴史を知り、地理を知り、そこに住んでいた人々の存在に思いを馳せて訪れる。「すべて我が学浅ければ我が趣き乏しきまゝ我が興も薄く、千里の路を行きて疲勢(つかれ)のみおぼえたらんは悲しからずや」。事前のインプットが大事で、興趣を味わうために旅をするのであって、ただ疲労困憊だけをあとに残すのは心地悪し。夜の暗闇を歩いて何も見ないことに等しい。

分かり切ったこととは言え、無学の旅はしない方がまし。だと露伴翁は聊かご立腹ぎみ。自分に腹を立てているのかはたまた当時の人々の旅行ぶりがあまりにもひどかったのか。折角、時間を割いて異境に赴くのだから、最新の情報を摧身して細心の心配りがなくてはいけないのでしょう。準備こそが旅。旅に出るまでが旅なのです。旅に出てしまえばその旅はもう終わるしかないのですから。。。。

続きを読む

profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。