スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢検に新しい級も?=新「常用漢字表」が内閣告示

本日11月30日は我が国の漢字使用の目安である「常用漢字表」が新しくなって内閣告示された日であります。柳橋新誌シリーズをお休みして常用漢字に絡んだ雑感を認めることをお許しください。新しい「常用漢字表」は文化庁のホームページ(HP)から見ることができます。一度ご覧になることをお勧めします。

現行の1945字から5字(匁、錘、銑、勺、脹)を削除し、新たに196字を追加し、合計2136字で構成されています。その「前書き」には、①この表は、法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安を示すもの②この表は、科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない。ただし、専門分野の語であっても、一般の社会生活と密接に関連する語の表記については、この表を参考とすることが望ましい③この表は、都道府県名に用いる漢字及びそれに準じる漢字を除き、固有名詞を対象とするものではない④この表は、過去の著作や文書における漢字使用を否定するものではない⑤この表の運用に当たっては、個々の事情に応じて適切な考慮を加える余地のあるものである――と謳われています。要するに目安ですよ、だからあくまで全部読める必要はないですよ、書ける必要もないですよ、もちろんこれ以外の漢字も使ってもいいですよ、ということです。

常用漢字表を改定しようという議論の出発点となったのは、国民が漢字に触れる場面が急速に増えたことです。すなわち、パソコンや携帯電話などの普及に伴い、キーボードでひらがなさえ打って変換できれば簡単に漢字にすることができる。これが大きい。したがって、漢字の数を増やす必要性が生じていた。とはいえ、無尽蔵に増やしても国民が混乱するだけ。漢字使用頻度の調査をしたりして、ぎりぎり抑制的に増やした結果がこの2136字だったわけです。三鷹の「鷹」を代表として、「なぜ○が入って●が入らないのか」といった不満は百出。その線引きには文化審議会漢字小委員会も苦労しました。

今回は細かな字種のあれこれを論じることは控えます。ただ、「鬱」や「彙」など増えた196字に議論が集中しがちですが、「関わる」(かかわる)や「育む」(はぐくむ)など既存の常用漢字で新たな読み・訓みが加わっていることも忘れてはなりません。

ここで注目されるのは、不祥事を受けて一頃のブームが完全に去ったとはいえ未だ根強いファンも多い「漢検」を主宰する日本漢字能力検定協会の動向です。同協会は本日、「常用漢字表の改定に伴う日本漢字能力検定の対応について」をHP(ここ)上で公表しました。以下はその全文の写しです。

平成22(2010)年11 月30 日に常用漢字表が内閣より告示されましたことに伴い、日本漢字能力検定における対応方針について発表いたします。

日本漢字能力検定においては、新しい常用漢字表に合わせて審査基準を変更し、新しい審査基準に基づく検定を平成24(2012)年度第1 回検定より行います。

なお、平成22(2010)年度第3 回検定や、平成23(2011)年度の各回検定は、現行の審査基準に基づいて行います。

平成24(2012)年度第1 回検定からの新しい審査基準の詳細については、平成24年度の検定日程とともに平成23(2011)年8 月頃発表いたします。

一年あまりの猶予期間を経て2012年度から新しい基準で検定をするという。詳細は不明ですが、最多の受検者のいる「2級」が最も影響を受けるでしょう。現在は常用漢字1945字すべてを対象としています。教育の世界では新しい「常用漢字表」を2012年度から適用しますが、「中学校で常用漢字の大体が読める、高校で常用漢字の主なものが書ける」という枠組みは変わらないため、漢検「2級」の枠組みも2136字といきたいところですが、その負担感の重さは相当なものです。増える196字の多くは現在の「準1級」配当漢字の20%弱です。

ところが、単純な字種数だけでは済まないのです。それに付随した熟語、慣用句・故事成語、四字熟語、熟字訓まで含めるとその奥行きと幅は一気に広がります。簡単なことではない。「2級」といえば学校の内申書や就職の資格になる優良物件ですから、取得しようという受検者の熱意は半端なものではありませんが、これに水を差すことは必定でしょう。受検者が減るような真似は漢検協会とて得策ではないでしょう。「新しい審査基準」という言い方をしていることから邪推すると、新たな級を設けるのではないか、という仮説も立てられます。あるいは、配当漢字を割り振るか。

現在の「準2級」「準1級」も含めて配当漢字をどう割り当てどんな枠組みにするのかが焦点となりそうです。ま、「1級」は無関係だと思いますが。。。漢検協会や関連の業界にとっても、新たな教本の販売という“特需”が期待できるわけですから、慎重に、かつ、受検者の興味・関心を擽るような方途を企画してくるものと思われます。来年の8月を待ちましょう。

最後に話変わって、本日11月30日は「濹上漁史」こと成島柳北の126回目の祥月命日でもあります。明治17年(1884年)、肺に病を獲て死去しました。享年48歳。当時は、朝野新聞社長を務める傍ら、我が国文芸雑誌の走りである「花月新誌」を主宰し、自らも数々の作品を発表していたほか、当時、小新聞と呼ばれていた「読売新聞」の社説「読売雑譚(よみうりぞうたん)」欄のコラムに寄稿していました。彼が「読売雑譚」に寄せた記事は百二十二編あり、最晩年の唯一まとまった論稿集として貴重な資料を提供しています。「読売雑譚集」(ぺりかん社)と銘打って乾照夫氏の編により刊行されており、その詳細な内容を知ることができます。軽妙洒脱な文体と諧謔性に富んだ文章は相変わらずですが、現代社会にも通じる啓蒙の書としても大変興味深い内容となっています。現在連載中の「柳橋新誌」二編シリーズが終了後、幾つかの記事を取り上げて紹介してみようと考えています。
スポンサーサイト

「語彙」や「毀損」は苦手っす…?=番外編2

髭鬚髯散人は本日も風邪で体調不良。案の定です。したがって、新常用漢字表でお茶を濁します。しかも短めとなることをご容赦ください。次回の構想は暖まっています。読者諸氏の御期待は裏切りませんのでもう少し辛抱してくださいませ。文化庁は「国語に関する世論調査」というのを毎年実施していますが、今年度は「常用漢字に関する意識調査」として実施しており、その速報値を公表しました。2010年2~3月、全国16歳以上の男女4108人を対象に調査員による面接聴取方式で行いました。質問項目はいろいろありますが、この中で「追加候補字種」である196字から都道府県名に使う11字を除いた185字の印象を尋ねています。3グループ(a1411人、b1350人、c1347人)に分けて、各58字を聞いています。

① 「読みにくいので、仮名書きが望ましい」

② 「読みにくいので、振り仮名を付けるのが望ましい」

③ 「漢字を使うことで、意味の把握が容易になる」

以上、三つの観点ですべての漢字のランキングを示しています。①は、常用漢字にするのにネガティブな見方、②は、常用漢字にするにややネガティブな見方、③は、常用漢字に対して肯定的な見方と言えるでしょう。185字すべてを示すのはしんどいので主な上位、下位の漢字を示すこととします。

まず、①のベストテンから。『 』内が追加字種。(  )内の数字はそう思った人の割合(%)です。

1位  彼は驚くほど語『彙』が豊富だ (14.3)

2位  名誉を『毀』損する      (10.8)

3位  それは極めて『恣』意的な判断だ(10.6)

4位  事実を隠『蔽』する      (10.4)

5位  組織が『瓦』解する      (8.6)

6位  『顎』が外れるほど大笑いする (7.7)

6位  憂『鬱』な気分が続く     (7.7)

8位  試合は『僅』差で勝った    (7.2)

9位  右『舷』前方に見える客船   (7.1)

9位  西欧文明への『憧憬』     (7.1)

「彙」「毀」「恣」「蔽」「瓦」「顎」「鬱」「僅」「舷」「憧憬」は読みにくいと判断する人が多かった。しかしながら、「ネガティヴ」と申しましたが、せいぜい14%台ですから10人に1人いるかいないかの割合です。国民の多くは意外にそれほど漢字に対して抵抗がないということでしょうか? 漢字を使った方がいいという意見が全般的に強かったと言えるのではないでしょうか。

②も「ややネガティヴ」ですから、ほぼ同様な漢字が上位に来ることが想定されますね。見てみましょう。

1位  それは極めて『恣』意的な判断だ(62.7)

2位  彼は驚くほど語『彙』が豊富だ (61.7)

3位  名誉を『毀』損する      (60.4)

4位  組織が『瓦』解する      (58.3)

5位  『畏』敬の念を抱く      (57.0)

6位  事実を隠『蔽』する      (55.1)

7位  西欧文明への『憧憬』     (51.9)

8位  サケが急流を『遡』上する   (51.8)

9位  辛『辣』な言葉を浴びせる   (51.4)

10位  人格を陶『冶』する      (49.2)

「畏」「遡」「辣」「冶」が新しいですが、ほかは「ネガティブ」と重なっています。①と②を合計して「読みにくい」という漢字のトップファイブは「彙」(76.0)、「恣」(73.2)、「毀」(71.2)、「蔽」(66.9)、「瓦」(65.5)となっています。

これに対し、③の意味の把握が容易だという「肯定」の漢字を見ましょう。

1位  おいしい『鍋』料理        (95.0) 

2位  一年の計は元『旦』にあり     (94.8)

3位  甘い『柿』を食べる        (94.4)

3位  長く伸びた『爪』を切る      (94.4)

3位  『韓』国の伝統的な料理      (94.4)

6位  美しい『虹』が出る        (94.1)

7位  新しい『枕』で寝る        (94.1)

7位  『嵐』のような拍手が沸き起こる  (94.1)

9位  千羽『鶴』を作って贈る      (93.9)

9位  それは『俺』のカメラだ      (93.9)

9位  日『頃』からお世話になっている先輩(93.9)

さすがにお馴染みの漢字が多いですね。むしろ今まで常用漢字で無かったのが不思議なくらいの印象のものが多い。日常的に目にして使うものばかりでこれらは覚えるのには苦にならないでしょう。翻って下位に来る漢字は、「彙」「恣」「毀」「瓦」「蔽」「畏」「憧憬」「辣」など「ネガティブ」で上位に来たものばかりであるのは当然でしょうね。パラレルな関係にあります。「憧憬」が苦手だというのは少し意外な感じがします。屹度、「ショウケイ」と音として耳にしたことはあるでしょうが、これを漢字として見た場合、「憧憬」であるので「ドウケイ」としか読めないからでしょうかね。この音と文字のギャップが最も難しいのですよね。「瓦」は「かわら」なら読めるでしょうが、音読みの「ガ」は難しい。「恣」も「シ」と読むのは難しい、どうしても「ジ」となってしまう。「彙」に至っては「イ」とはどうしても読めない。せいぜい「カ」でしょうかね。

文化審議会の答申案によると、「常用漢字表」とは特別な場合を除いて、一般的に言って、仮名の交ぜ書きや振り仮名を付けるといった配慮をすることなく使用する「漢字の一覧表」という性格を持つものである、と定義づけられています。「ネガティブ」な声の多い漢字はなかなか読んだり書いたりするのは抵抗があるでしょう。しかし、音として聞いたことは多いはずです。よしや書けなくとも読むことはできるようになり、情報機器の辞書機能で確実に変換できるようにならなければなりません。いずれにせよ、漢字に対する興味関心を持ち、どんどん話し言葉、書き言葉、あらゆる場面で用いるように励行することが大事です。なにもわざわざ優しい言い方ばかりを志向する必要はない。いたずらに小難しい表現もいかがとは思うが、古来受け継がれてきた言葉なのです。使用するのに何の委縮があるでしょう。奢らず、弛まず精進ですよ~。

blog更新の「ショウガイ」となる体調不良に切歯扼腕=番外編

爪の長い麻姑に背中を掻いてもらったら嘸かし気持ちいいだろうなぁ、なんて思っていたら、喉が痛み出し、咳が止まらない。鼻水もじゅるじゅる。。。どうやら風邪の症状が一挙に押し寄せてきたようです。先週末に実は京都に遊びに入っており、下戸乍らも祇園・先斗町の「川床」(かわゆか、かわどこ)で友人(愛人じゃないっすよ)と一献傾けたのですが、やはり夜の外はまだ寒かった。夜風に当ってしまったようです。やばい。。。。

毎日更新を宗としている髭鬚髯散人。仕事が忙しいとか、どこかに旅に出ているとか、単なる飲み会いうだけなら、何とか書き溜めて予約配信などで工面もできます(実際にこれまでも何度も凌いできました)が、さすがに体調不良には勝てません。「擬古」シリーズが終了したので、引き続き陶淵明かあるいは別の名文の新シリーズを思案中だったのですが、体調回復まで無理ですね。かといって、このままスルーするのも折角、毎日お越しいただいている読者諸氏にも申し訳ないです。いや、お為ごかしではない、髭鬚髯散人の名が廃る!!ということで、本日はちょっと気分転換。さらりと読める漢字ネタでご容赦願いましょうか。


文化庁の文化審議会国語分科会が「新しい常用漢字表」の作成作業を進めているのはニュースなどでご存知の方も多いと思います。現在の1945字種から、5字を削り、新たに196字を追加して差し引き2136字種の表となります。「鬱」とか「彙」とか普通は書くのが困難なものも含まれていますが、あくまで漢字使用の目安ですから、必ずしも書けなくてもよくてパソコンや携帯電話などのIT機器の辞書機能を利用して選択することができればいいのです。もちろん、漢字検定1級(もうブームは疾うに廃れましたが)を志向する方ならばいずれも読めて書けて、文章などでも自由自在に用いることができなければなりません。

文化審議会が6月にも開かれそこで決定されれば、年内の内閣告示・訓令として正式に位置付けられます。1981年に当用漢字から常用漢字になって以来29年ぶりの大改訂となるわけですが、削るのは初めてのことなのはもちろんのこと、196字のプラスも過去に例のない大幅な内容です。どうして削るのか、なぜこの字を入れてあの字が入るのか不公平だ、「鷹」を入れろ BY 三鷹市長、などなど喧喧囂囂の意見が関係者から持ちあがったのもご存じでしょう。どうしても利害関係が生じるのは致し方ない。さきほども申しましたが、あくまで目安なので絶対ではないし、どこかで線を引くだけのことですからそれほど目くじらを立てるほどのことはないのですが…。全員が一致するものなどできるはずがない。1級配当の6000字をすべて常用漢字にしない限りは収まりがつかないでしょう。「常用」なんですけどねぇ……。

この中で本日は一つだけ話題に載せましょう。「障がい」。普通は「障害」と書きますが、「害」とは何事、「障碍」と書くように改めるよう、健常者も障害者も同じ土俵である「インクルージョン社会」の実現を主張する障害者団体から要望がありました。「碍」はもちろん常用漢字からは外れました。以前、文化庁が凸版印刷などの協力を得て実施した漢字の出現頻度調査によると、3461位です。語例では「融通無碍」「碍子」などがありますが、かなり特殊な場面でしか使いません。

文化庁がいろいろ調べたところ、明治期から「障害」と「障碍(障礙)」はかなり混在して使われていることが分かりました。江戸末期の文久二年(1862)に発刊された「英和対訳袖珍辞書」(A POCKET DICTIONARY of the ENGLISH AND JAPANESE LANGUAGE)でも「Annoy,Annoyance」の訳語として「退屈ナル物、煩労、障害、妨ゲ、損害」と見えると同時に、「Rub」に関しては「摩軋、障碍、困難、衝キ」となっており、「障害」と「障碍」が両用されています。

さらに、「太陽コーパス」(雑誌「太陽」日本語データベース 国立国語研究所編 CD-ROM版 博文館新社)によりますと、「障害」「障碍」「障礙」の出現頻度数の推移が見え、興味深い。出版年ごとに順に見ていくと、

1895(明治28年)=「障害」22、「障碍」17、「障礙」10→総計49、
1901(明治34年)=各48、21、19→88、
1909(明治42年)=各13、8、5→26、
1917(大正6年)=各20、14、6→40、
1925(大正14年)=25、8、1→34

となっており、「障害」の合計が128と圧倒的に多く、次いで「障碍」の68、「障礙」の41の順番となっています。混在はしているものの拮抗しているという状況ではありません。つまり、古来、「障害」という用例は数多くあるということです。最近になって「障害」が、昔からある「障碍」に取って代わったというわけではないのです。

結論的に言えば、国語分科会漢字小委員会は「碍(礙)」を常用漢字に追加することは一応見送った形になっています。ただし、一方で政府の「障がい者制度改革推進本部」(2009年12月8日閣議決定)というのがあって、その中で、「法令等における『障害』の表記の在り方に関する検討等を行う」として、当面5年の間に結論を出す方針を決めています。この議論でもし万が一「障害」を「障碍」に書き換える旨決定された場合は、「碍」を常用漢字に加えるかもしれないことが明記されています。政治家の中には「障がい(害)者」にいいところを見せたいと考えるものもいて、判断は先送りにされた格好です。社民党などが特に唱えています。真に差別しているのはこの政党ではないかと思うくらい無理筋のような気がしますが、おぼっちゃま鳩山では普天間しかりで決断ができないでしょう。小党に掻き乱されている。不幸だ。。。

で、このネタに特に落ちはないのですが、さらに文化庁の出した資料によりますと、明治時代の読売新聞で「障害」「障碍」「障礙」の使用例が目にとまりました。幸田露伴の「日ぐらし物語」の「ねぢくり博士」では「障害物」と用いている一方で、別の場面では「障碍」(ショウゲや「無障碍」(ムショウゲ)となっている。このほか、新聞の記事中には「障礙物」(ショウガイモもの)、「障碍」(さはり)、「障碍競争」(ショウゲキョウソウ)、「不通障碍」(フツウショウガイ)などなどあらゆる言い回しで混在されている実態を浮き彫りにしています。例えば露伴ですら明確に区別していないのですから意味上の違いはなく、明治期の人々は庶民も含めて、いずれも読めたし、書けたし、使っていたと言えましょう。

ちなみに「障碍」「障礙」で「ゲ」と読む場合は「呉音」です。要するに仏教用語ですね。日本国語大辞典(小学館)によると、「ショウゲ」と読んだ場合の意味としては「ものごとの発生、持続などにあたってさまたげになること。転じて、悪魔、怨霊などが邪魔をすること。さわり。障害」の意味も包含されています。「悪魔、怨霊」といったおどろおどろしいニュアンスも出るので、障害者団体の方々は一概に「障碍」がいいと言わない方がいいのかもしれませんよ。無論、「害」といってもいい響きではありません。障害者の方々自身が「害」というわけではないのでやや被害者意識が強いのかもしれませんが、「それは健常者の戯言のロジックだ」と罵倒されても正面切って反論することはできませんが……。

なかなか終わりもないのですが白居易の「春日題乾元寺上方最高峰亭」にも「障礙」が登場しています。これを味わいながら急場を凌ぎます。これは呉音ではなく「ショウガイ」と読むんでしょうかね?

危亭絶頂四無鄰,見盡三千世界春。

但覺虛空無障礙,不知高下幾由旬。

迴看官路三條線,卻望都城一片塵。

賓客暫遊無半日,王侯不到便終身。

始知天造空境,不為忙人富貴人。


新たに「常用漢字表」のカテゴリーを設けました。今後もコラム的にこの話題を取り上げる機会があるかと思いましたので…。体調不良がこのblog更新の「障碍」となっている…。忸怩たる思い、慙愧に耐えません。。。
profile

char

Author:char
不惑以上知命未満のリーマンbloggerです。
言葉には過敏でありたい。
漢検受検履歴
2006.3  漢字学習スタート
2006.6  2級合格
2006.10 準1級合格
2007.10 1級合格①
2009.2 1級合格②

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recent entry
recent comment
category
monthly archive
search form
RSS links
links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。